横溝正史エンサイクロペディア・YS NEWS and TOPICS
横溝正史関連ニュース&トピックス  - YS News and Topics -

横溝正史やその作品に関連する、ニュースやトピックスをお寄せください。
ご協力を、よろしくお願いします。

  以前のニュース&トピックスは、横溝正史アーカイブスへ  


■ 「読書日和」(2017/7, 丸善津田沼店)で、『本陣殺人事件』『獄門島』が紹介!
  チョッとローカルネタで申し訳ありませんが(^4)、丸善書店津田沼店の有志スタッフが、毎月発行している「読書日和」というフリーペーパー(2017/2)に、「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」のコーナーがあり、「10位『本陣殺人事件』横溝正史 角川文庫」と「1位『獄門島』横溝正史 角川文庫」が紹介されている。このコーナーは、2016年10月号から始まっており、2017/4号で「39位『犬神家の一族』」、2017/2号で「57位『八つ墓村』」、2016/12号で「75位『悪魔の手毬唄』」が紹介されたことは記憶に新しい(^^;)。
 
2012年版角川文庫
   1位 : 獄門島獄門島(緑304-3)
  10位 : 本陣殺人事件 
  39位 : 犬神家の一族
  57位 : 八つ墓村 
  75位 : 悪魔の手毬唄 
  その「読書日和」で、「10位 横溝正史『本陣殺人事件』角川文庫」と題して、『本陣殺人事件』が次のように紹介されています。
 密室殺人というのは魅力的な謎であるにもかかわらず、実際的な面から考えるとこれほど不経済な殺し方はない。トリックを考えるのには時間と労力が必要だし、「針と糸をあやつって閂を……」などと只今絶賛トリック実行中に誰かに目撃されてしまう可能性だってあるし、何よりもわざわざ密室を演出する理由が「自殺に見せかけるため」以外にそうそう思いつかない。つまり、ミステリー作家がわざわざ密室殺人を描くとしたら、以上の不経済をふまえて読者を納得させるトリックを考えなければならないのだ。
 その点において『本陣殺人事件』ほど見事に、密室殺人事件の不経済性を解決しているトリックはなかなか無い。結婚式の後、初夜を迎える夫婦が日本刀で切り刻まれ、現場となった離れの周囲には足跡ひとつない新雪が積もっているといった所謂「雪の密室」のトリックは、その周囲にちりばめられた伏線と見事に連携した傑作である。真っ向から勝負した密室トリックとあっと言わせる捻りの効いた犯人、そして何よりもある怪現象が物語の雰囲気を盛り上げるだけでなくトリックの重要な部分に関わっているという、全てが一つの絵のピースでありながら人工的なわざとらしさを感じさせない構成はもはや神業である。江戸川乱歩の「D坂の殺人」以降、日本でも様々な密室トリックが考案されてきたが、かくも物語と融合したトリックは本作くらいではないか。密室トリックを扱ったミステリーとして初期の作品でありながら一つの完成型ともいえる傑作である。
 余談だが、本作はかの有名な名探偵・金田一耕助の初登場作品である。その歴史的価値も感慨深いものがある。

「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」コーナーの冒頭で、『獄門島』は再読に値する作品である旨、記されている。
今回でこのチャレンジも最後である。ここまでくると全て名作ぞろい。ほとんど読んだことがある作品ばかりである。必然的に再読という形になったが、どれも新しい発見があって面白い。その中でも一番はやはり『獄門島』である。再読すればするほどおもしろくなっている気がするというのは、やはり一位を獲得するゆえんなのだろう。

いよいよ最後、「1位 横溝正史『獄門島』角川文庫」と題して、『獄門島』が次のように紹介されています。
 ケレン味を利かせると事件が浮世離れしたものになり、登場人物の行動もどこか機械めいてきてしまう。かといって現実に寄せすぎると地味な小説になってしまう……。今までのレビューの中で何度か触れてきたミステリーの抱える葛藤である。その葛藤を物語の中で絶妙に解消してみせる作家が横溝正史であり、その最高傑作が『獄門島』なのだろう。
 事件はケレン味たっぷりに展開される。瀬戸内海の孤島で美しくも狂った美少女が次々と殺される。死体は木に逆さに括り付けられたり吊り鐘で覆い隠されたり、事件現場には島にいる狂人の犯行を匂わせるモノがあったりと盛りだくさんだ。とはいえ、それらは物語をただ面白くする装飾物なのではない。事件の真相が明らかになれば、あらゆる要素が獄門島で起きた連続殺人事件にとって不可欠であったことが分かるのだ。ただ、それもムリにひとつにまとめたような人工臭さはまるで無い。ある出来事に対する人々の反応がまた新たな出来事を発生させるという、事件が生き物のように生成されていくような真相なのだ。メイントリックも素晴らしい。個々の殺人に用いられたトリックも面白い。しかし、真にこのミステリーの素晴らしいところは、人々の思惑の集合体としての殺人事件をかくも自然に描き出した構成にあるのではないか。
 以上、長々と分析めいたことをしてみたが、初読時は何も考えずにただ楽しめばいい。雰囲気たっぷりの舞台に没入し、大胆なトリックに驚き、そして悲劇的な結末にやるせない気持ちになる。その後に、是非とも再読することを薦めたい。登場人物一人ひとりの言動が事件にどう関与しているのか見えてくる。そして今度は恐ろしく完成された物語に慄くべきなのである。

「読書日和」今号の「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」コーナーは、FINALと銘打ち、横溝正史の「1位 : 獄門島」を紹介し、その国内編作品の紹介は無事終わった。ちなみに、「東西ミステリーベスト100」には海外編もあるので、近いうちに海外編がスタートすることを期待し楽しみに待ちたいと思う(^^;)。

関連ページ:
 ・「読書日和」(2017/4, 丸善津田沼店的フリペ)で、『犬神家の一族』が紹介!
 ・「読書日和」(2017/2, 丸善津田沼店的フリペ)で、『八つ墓村』が紹介!
 ・「読書日和」(2016/12, 丸善津田沼店的フリペ)で、『悪魔の手毬唄』が紹介!
 ・「読書日和」(2014/6, 丸善津田沼店的フリペ)で、『夜歩く』が紹介!
 ・文春文庫版『東西ミステリーベスト100』(2012年版)刊行!
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!

■ 望月麻衣『京都寺町三条のホームズ』を読んでいると…!
  こういうものまで取り上げていたら、際限がなくなりそれはそれでいいのですが(^^;)、望月麻衣『京都寺町三条のホームズ(4) ミステリアスなお茶会』(双葉文庫, 2016/4)を読んでいて、つい嬉しくなってしまいましたので、紹介させていただきます。

望月麻衣『京都寺町三条のホームズ(4) ミステリアスなお茶会』収録の第二章「バレンタインの夜会」は、寺町三条の骨董品店『蔵』オーナーの孫・家頭清貴とそこのアルバイト・真城葵が、人気ミステリ作家・相笠くりすの『朗読会』に招待され…(略)という作品。その中に、次の記述があります(p.97)。

「そうですね。昭和七年に建てられたこの山荘は、すべて桧造りだそうです。上品な中にも、温かみがありますね」
「はい、上品で温かくて、なんだか懐かしい雰囲気がありますね。それに本当に、明治大正の建築物というよりも、まさに『昭和初期』という感じがあります。なんていうか、横溝正史の小説で出てきそう……」
 山荘を見詰めたまま呟くと、ホームズさんは「たしかに」と笑った。
「金田一耕助が呼ばれる、旧家という雰囲気はありますね」
「はい、今にも金田一耕助が頭を掻きながらでてきそうです。あっ、あと、とても美しい女将さんも」
「あとは、ぶつぶつと不気味なことを嘯くおばあさんとかですね」
「そうそう、少し怖いおばあさん、出てきますよね!」
「ええ、時にツインズで」
二人で顔を見合わせてクスクスと笑った。

現在の大学院1年と高校2年生の会話です。 家頭清貴と真城葵の二人が、『八つ墓村』(?)を想起させるような内容の話をしています。 「横溝正史の小説で出てきそう」と言っていますが、 この二人、本当に横溝作品(小説, コミック, 映画, TVドラマ)をチェックしているのかなあと、ちょっとだけ疑問に思いました(^^;)。

ちなみに、同シリーズ『京都寺町三条のホームズ(5) シャーロキアンの宴と春の嵐』(双葉文庫, 2016/8)の第一章『桜色の恋文』(p.77)にも、横溝正史の名前が出てきます。
「そうしたら彼は、自分が手にしている本を二冊、私に差し出してくれました。『もう読み終わったのでどうぞ。とても面白いですよ』って。それが横溝正史先生と高木昭光先生の作品で、私ったら、名前しか知らないのに『わあ、横溝先生に高木先生、大好きなんです。全部読んでいます』なんて言ってしまいまして(略)」

私の読書量は高が知れているので、この類のものを全て紹介することはできないと思います。今までにも、読書中に何度か出会った気がしますが、すでに忘却の彼方に行ってしまったものも多いです。今後の読書の中で、横溝正史関連ではない本に横溝正史関連の記述を見つけたら、折を見て取り上げてみようと考えています。まあ、あまり期待はしないでほしいのですけど…。

■ 二松学舎大学創立140周年記念『横溝正史の世界』(2017/4/17-5/13)
  二松学舎大学では、創立140周年記念特別展の第1弾として、大学資料展示室にて『横溝正史の世界』と題し、横溝正史自筆草稿や旧蔵書を中心としたコレクションを展示。また、展示に伴い大学資料展示室主催で、5月6日(土)13:30より、横溝正史次女・野本瑠美氏「父 横溝正史が愛した懐かしき成城」と題した、講演会(九段1号館2F 201教室)が予定されていると聞く。先日、特別展を見学してきました。

 場所 二松學舎大学資料展示室(九段1号館地下3F)
 期間 平成29年4月17日(月)〜5月13日(月)
 開館 月曜〜土曜 10時〜16時 休館日:日曜・祝日 入場無料

『本陣殺人事件』草稿展示の説明に、横溝正史研究進捗に一端が窺え、嬉しく思いました。
本作執筆の際に横溝が、少年時代から買い集めた洋雑誌から着想を得ていたことが明らかになった。イギリスの大衆娯楽雑誌『The Premier Magazine』(1914〜1931)に掲載されたハリス・バーランド『緑の傘を持つ男』(原題「The Man with the Green Umbrella」)、『青銅の門』(原題「The Bronze Gates」)、イーデン・フィルポッツ『リボルバー』(原題「The Revolver」)の三作を踏まえ、「生涯の仇敵」のプロットを創り出した。名作誕生の背後に、イギリスの無名の小説があったことは興味深い。

展示品を紹介した冊子によれば、この特別展は、三つの展示に分かれていたことが分かります。
 1. 横溝正史が生んだ探偵たち (草稿)
   (1)金田一耕助 (2)由利麟太郎 (3)人形佐七
 2. 横溝正史の素顔 (大阪薬学専門学校卒業証書/薬剤師免状/洋書・洋雑誌)
 3. 映像化された作品 (映画ポスター/シナリオ)

■ 戎光祥出版『横溝正史研究』6 (正史生誕115周年記念) 刊行!
  '17/3/29付けで、戎光祥出版より『横溝正史研究』6 (江藤茂博・山口直孝・浜田知明編)が、正史生誕115周年記念と銘打って刊行されました。待ちに待って、実に4年ぶりに刊行されました(^^;)。本号の特集は、「横溝正史旧蔵資料が語るものII―世田谷文学館からの眺め」です。そして目玉は、なんといっても横溝正史の『香水心中』改訂増補版の刊本初収録でしょう。嬉しい限りです。じっくり読もうと思う。

戎光祥出版のサイトでは、次の通り紹介されています。
日本を代表する作家・横溝正史の作品群とその人生を徹底研究・復刻・解説。巻頭では、横溝正史氏の次女・野本瑠美氏が父・横溝正史の作家として、家庭人としての姿を回想。さらに、旧蔵資料群や各種の未公開資料を用いて、幅広く研究いたしました。『香水心中』増補版は全編掲載。未公開作品、エッセイも収録いたしました。昭和20年代に各種媒体に掲載された、横溝正史を囲む座談会なども掲載。横溝ファンのみならず、全てのミステリーファン、全ての文学ファンに強くお勧めできる1冊です。

 
■戎光祥出版 『横溝正史研究 6』 目次
巻頭カラー口絵 世田谷文学館・二松學舎大学所蔵横溝正史旧蔵資料
 [海野十三との友情] [スクラップブックは情報の宝庫]
 [洋書・洋雑誌から戦後の創作は始まった][『香水心中』改訂増補版の成立過程]
 [草稿が語る新たな事実] [蔵書こぼれ話][謎解きで結ばれた高木彬光との絆]

〔巻頭エッセイ〕 『横溝正史研究6』の刊行に寄せて
 懐かしの―, 西村賢太, p.2
〔特別手記〕
 ネコの目 イヌの目 スエッ子の目, 野本瑠美 (横溝正史 次女), p.7
〔ロングインタビュー〕
 横溝正史と横溝孝子―次女から見た父と母
 野本瑠美さん (横溝正史 次女) ロングインタビュー, p.20

特集「横溝正史旧蔵資料が語るものU――世田谷文学館からの眺め」
 特集にあたって――世田谷文学館の横溝正史旧蔵資料, p.64

横溝正史単行本未収録エッセイ・座談会集, p.66
 ■エッセイ
   戦慄せぬ警視庁, p.69
   ラジオ週評, p.73
   ルネ・クレールと"And Then There Were None", p.77
   推理小説漫筆, p.79
   段取り, p.82
 ■インタビュー
   〈疎開名士を訪ねて 5〉, p.82
   怖いのは乗り物/"この春には東京へ帰りたい!/炬燵が好きな横溝正史氏"
 ■座談会
   横溝正史を囲んで, p.86
   春と犯罪, p.99
 ■談話
   超悪魔的な犯罪/横溝正史氏は語る, p.106
   "慎重な大掛りな犯罪"/下山事件・探偵作家はこう見る, p.107

論考
 二つの『夜光蟲』のこと, 浜田知明, p.108
 翻訳『霧の夜の出来事』の成り立ち
  ―敗戦直後の横溝正史の心情, 山口直孝, p.114
 〈コラム〉正史流英文読解法―手製単語帳の活用, p.122
 〔翻刻〕高木彬光宛横溝正史書簡二通, p.124
 横溝正史は高木彬光作品をどう読んだか, 浜田知明, p.129
 海野十三との友情―『少年探偵長』・『獄門島』から見える絆, 山口直孝, p.134
 〈コラム〉谷崎潤一郎「『武州公秘話』続篇について」原稿の重み, p.141
 『八つ墓村』の着想から完成まで―執筆姿勢の変容, 山口直孝, p.143
 『犬神家の一族』から消えた記述―草稿に見る執筆の苦闘, 奥野祐子, p.151
 『八つ墓村』論―複層化された謎解き構造とその物語性, 江藤茂博, p.158
 『仮面舞踏会』、マッチの排列の謎, 浜田知明, p.173
 〈コラム〉正史が音を上げた物語, p.178

資料紹介 二松學舍大学所蔵 横溝正史旧蔵資料紹介 第六回
 『香水心中』改訂増補版 紹介・解説 山口直孝, p.180
 『香水心中』改訂増補版, 横溝正史, p.186

『宝石』・『別冊宝石』 横溝正史関連記事目録 第五回
 1961年〜1964年, 栗田卓・山口直孝, p.250
連載 横溝正史年譜事典 第五回(1939年〜1948年), p.274
横溝正史ネットワーク〈第六回〉
 ―世田谷文学館「横溝正史旧蔵史料」, 中垣理子 (世田谷文学館 学芸員), p.296

  執筆者一覧, p.299
  編集後記, p.301

  読み応え満載である。今年のゴールデンウィーク連休は、じっくりと腰を据えて、横溝正史三昧となりそうである。というほどでもないか…(^^;)。

■ 横溝正史『犬神家の一族』を読む/『すばる2017年5月号』
  2017年4月6日に発売された集英社『すばる2017年5月号』に、 文芸漫談 シーズン4 in 須磨 「横溝正史『犬神家の一族』を読む」 奥泉光+いとうせいこう が、掲載されています(p.164-181, 2016.12.4 須磨区民センター)。

神戸市須磨と言えば、個人的には『悪魔が来りて笛を吹く』の主要舞台の一つだったなあと思い浮かべるのですが、横溝正史が神戸出身ということで、信州那須市が舞台の『犬神家の一族』を語っておられます(^^;)。

本稿を読んで、『犬神家の一族』が、十月のなかば過ぎぐらいから十二月のなかばまでの話ということに、改めて気づかされました(p.165より一部抜粋)。

いとう ホテルにずっと泊まって、「もう二ヵ月たった」とか言ってるけど、誰のお金で滞在できてるの、あれ。
奥泉 それ、ある。二ヵ月はけっこう長いよ。もちろん殺人事件が起きて、事件の捜査をすることもある。でも、実働した日を数えてみると、せいぜい五日間ぐらい。あとの日数は、なにをしてたんだろうっていうのが、僕には最大の謎でした。
いとう 残りの五十五日ぐらいの金田一の様子を、ホテルの女中の立場から書いた小説が読みたいところだ。

筋を追うことに囚われて、読み飛ばしていました。ホテルの女中が語る金田一耕助のお話を是非とも読んでみたい。このお二人には、もっともっと横溝作品を語っていいただきたいと思いました。

■ 汐文社『はじめてのミステリー 名探偵登場!金田一耕助』刊行!
  2017年3月、汐文社より『はじめてのミステリー 名探偵登場!』全4巻の1冊として、 『はじめてのミステリー 名探偵登場!金田一耕助』(横溝正史著)が刊行されました。 他は、コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』, アガサ・クリスティー『ミス・マープル』, 江戸川乱歩『明智小五郎』の3冊になります。

汐文社のサイトでは、本書は次のように紹介されています。
トレードマークのモジャモジャ頭を引っかき回すと名推理が!? 名探偵、金田一耕助の世界を読んでみよう。短編小説とキャラクター紹介、作品解説、読書ガイド、ミステリー通になれるたのしい「名探偵クイズ」つき。

さらに、表紙カバーでは、金田一耕助を次の通り紹介されています。
 しわだらけの着物によれよれのハカマ、すりへった下駄。
 いつもパッとしないかっこうで、
 ボサボサ頭をかきまわしている
金田一耕助
 でも、人なつこくて憎めない性格をいかして事件を調査し、
 日本全国のふしぎな事件を次々に解決してしまいます。
 映画やドラマ化でもおなじみの、日本を代表する名探偵なのです!
  刊本の内容は、次の通りです。
著者紹介:横溝正史 p.2
目 次 p.3
キャラクター紹介:金田一耕助 p.4
蝙蝠と蛞蝓 p.5
夢の中の女 p.63
作品解説と読書ガイド 野村宏平 p.150
挑戦しよう!金田一耕助クイズ p.157

  本書で「蝙蝠と蛞蝓」「夢の中の女」を読み、金田一耕助登場作品や横溝正史のその他の作品に興味を抱いたならば、本サイトをぜひ参考にしていただき、さらなる横溝正史の文学遺産に触れていただければと思います。

重箱の隅をつついてしまって恐縮なのですが、巻末の初出欄は「夢の中の女」→「夢見る夢子さん」になっていたりしますし、ちょっと違うように思います(^^;)。

■ 「読書日和」(2017/4, 丸善津田沼店的フリペ)で、『犬神家の一族』が紹介!
  チョッとローカルネタで申し訳ありませんが(^3)、丸善書店津田沼店の有志スタッフが、毎月発行している「読書日和」というフリーペーパー(2017/2)に、「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」のコーナーがあり、「39位『犬神家の一族』横溝正史 角川文庫」が紹介されている。このコーナーは、2016年10月号から始まっており、2017/2号で「57位『八つ墓村』横溝正史 角川文庫」、2016/12号で「75位『悪魔の手毬唄』」が紹介されたことは記憶に新しい(^^;)。
 
2012年版角川文庫
   1位 : 獄門島犬神家の一族
  10位 : 本陣殺人事件2006年12月公開
東宝映画 『犬神家の一族』
佐清マスクバージョン
  39位 : 犬神家の一族
  57位 : 八つ墓村
  75位 : 悪魔の手毬唄 
  その「読書日和」で、「39位 横溝正史『犬神家の一族』角川文庫」と題して、『犬神家の一族』が次のように紹介されています。
 おそらく、この全作レビュー企画の中で作品の中身と関係ないところで有名な小説No.1かも知れない。湖に突き出した男の二歩足という光景は芸人の一発芸になったこともある名シーンである。角川映画の初期作品にしてその地位を磐石にしたとも言われている市川昆監督「犬神家の一族」の原作である。
 映画は映画として評価するとして、さて小説としてはどうだろうと考えた時に、初読時の興奮を思い出す。それはあまりに自然かつ必然的に描かれるメイントリックの素晴らしさへの興奮だった。ミステリーのトリックは大掛かりなものであればあるほど、当然の如くわざとらしさが目立つようになる。「わざわざこんな殺し方する?」という疑問である。大概は「小説だからいいか」と自己完結して終わるのだが、『犬神家の一族』では複雑で大掛かりなトリックが使われているのにも関わらず、とってつけた感がない。犯人の行動原理はトリックと直結するし、トリックが生むひずみが事件の不可解な現象として現れる。つまり、物語とトリックが見事に融合しているのだ。何と鮮やかなトリックだろう!
 ちなみに、佐清のマスクは映画の白い目出しゴムマスクという印象が強いが、作中ではデスマスクのように目や鼻が描かれた、特殊メイクのようなマスクだ。白いマスクでも不気味だけど、表情が全く変わらないデスマスクはもっと不気味だったろう……。

『犬神家の一族』では、「スキーは下駄よりなれてまさあ」という、金田一耕助の衝撃的な発言(^^;)があります。レビューで触れられている、湖に突き出した男の二歩(本?)足という光景は、作中重要な意味があったと記憶しているのですが…。

「読書日和」の「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」コーナーで、次に横溝正史作品が紹介されるのは、「10位 : 本陣殺人事件」になる。待ち遠しい。ちなみに、「東西ミステリーベスト100」には海外編もあるので、「1位 : 獄門島」まで紹介した暁には、海外編がスタートするのだろうか。こちらも楽しみである(^^;)。

関連ページ:
 ・「読書日和」(2017/2, 丸善津田沼店的フリペ)で、『八つ墓村』が紹介!
 ・「読書日和」(2016/12, 丸善津田沼店的フリペ)で、『悪魔の手毬唄』が紹介!
 ・「読書日和」(2014/6, 丸善津田沼店的フリペ)で、『夜歩く』が紹介!
 ・文春文庫版『東西ミステリーベスト100』(2012年版)刊行!
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!

■ 「読書日和」(2017/2, 丸善津田沼店的フリペ)で、『八つ墓村』が紹介!
  チョッとローカルネタで申し訳ありませんが(^2)、丸善書店津田沼店の有志スタッフが、毎月発行している「読書日和」というフリーペーパー(2017/2)に、「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」のコーナーがあり、「57位『八つ墓村』横溝正史 角川文庫」が紹介されている。このコーナーは、2016年10月号から始まっており、2016/12号で「75位『悪魔の手毬唄』」が紹介されたことは記憶に新しい(^^;)。
 
2012年版角川文庫
   1位 : 獄門島八つ墓村
  10位 : 本陣殺人事件金田一耕助ファイル1
  39位 : 犬神家の一族 
  57位 : 八つ墓村 
  75位 : 悪魔の手毬唄 
  その「読書日和」で、「57位『八ツ墓村』横溝正史 角川文庫」と題して(^^;)、『八つ墓村』が次のように紹介されています。
「祟りじゃーっ!」という老婆の叫びとか、ライトを鬼の角のように立てた殺人鬼の画が有名すぎて内容があまり知られていない印象を受ける本書。全て映画の影響が大きすぎるせいなのだが、これは原作がしっかりしているからに他ならない。本書はミステリーの枠を超えてエンターテイメントとして超一流の作品である。
 物語のメインは八つ墓村といういかにもな村で起こる連続殺人をめぐる謎である。無差別に殺されていく被害者たちの共通点は何か、なぜ殺されるのか、という所謂ミッシングリンクものとして展開される。一方で落ち武者の隠し財宝をめぐる宝探し小説としての一面も併せ持つ。本格ミステリーと冒険小説の見事な融合、幸福なマリアージュである。
 ところで、ものすごく話題がそれるが、年に一度ツイッターで行われる横溝ヒロイン総選挙なるイベントがあるのだが、そこで圧倒的人気を誇るのが本書のヒロイン里村典子だ。典子の他にも魅力的な女性が登場する本書は男性読者の好みがわかる試金石のような役割も果たす。個人的には主人公の姉、田治見春代のいじらしさがたまらない。

『八つ墓村』は、本格ミステリと冒険小説(宝探しや洞窟探検)、さらには幾重にも折り重ねられたラブストーリの一面も併せ持つ、ミステリの枠を超えたエンタテイメント作品です。映画の印象に惑わされずに読むと、新たな発見があること間違いなし!

「読書日和」の「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」コーナーで、次に横溝正史作品が紹介されるのは、「39位 : 犬神家の一族」になる。待ち遠しい。ちなみに、「東西ミステリーベスト100」には海外編もあるので、「1位 : 獄門島」まで紹介した暁には、海外編がスタートするのだろうか。こちらも楽しみである(^^;)。

関連ページ:
 ・「読書日和」(2016/12, 丸善津田沼店的フリペ)で、『悪魔の手毬唄』が紹介!
 ・「読書日和」(2014/6, 丸善津田沼店的フリペ)で、『夜歩く』が紹介!
 ・文春文庫版『東西ミステリーベスト100』(2012年版)刊行!
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!

■ BSジャパン『人形佐七捕物帳』 第1夜〜第6夜+新作第7夜一挙放送(2017/1/1)
  2017年1月1日、BSジャパン・火曜スペシャル『人形佐七捕物帳』(横溝正史原作, 要潤・人形佐七)の第1夜〜第6夜まで一挙放送(13:00〜19:55)。その後20:00からは、最新作「第7夜 恩愛の凧」を放送。2017年は元日から、『人形佐七捕物帳』三昧に浸ることができます(^^;)。

番組サイトでは、次のように紹介されていました。
★お年玉キャンペーン中★舞台は江戸。人形のように男振りの良い岡っ引き“佐七”が、様々な事件の謎を解き明かす!◆夜8時からは最新作「第七夜 恩愛の凧」放送!

第1夜 羽子板娘 2016/10/4 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七全集1』
第2夜 双葉将棋 2016/10/11 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七全集1』
第3夜 角兵衛獅子 2016/11/8 ※春陽文庫『好色いもり酒 人形佐七全集4』
第4夜 恋の通し矢 2016/11/15 ※春陽文庫『好色いもり酒 人形佐七全集4』
第5夜 嘆きの遊女 2016/12/6 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七全集1』
第6夜 雷の宿 2016/12/13 ※春陽文庫『くらやみ婿 人形佐七全集7』
第7夜 恩愛の凧 2017/1/1 ※春陽文庫『地獄の花嫁 人形佐七全集3』
第8夜 開かずの間 2017/1/10 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七全集1』
第9夜 蛍屋敷 2017/2/7 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七全集1』
第10夜 百物語の夜 2017/2/14 ※春陽文庫『梅若水揚帳 人形佐七全集12』
第11夜 捕物三つ巴 2017/3/7 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七全集1』
第12夜 音羽の猫 2017/3/14 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七全集1』
  (※『人形佐七全集』:『人形佐七捕物帳全集』の略)

春陽文庫『人形佐七捕物帳全集』ですと、ドラマ原作は上記の通り複数巻に分散されて収録されています。ドラマ原作のほとんど(「百物語の夜」「捕物三つ巴」を除く)を1冊に収録した刊本で読みたい方には、コスミック・時代文庫『人形佐七捕物帳 恋の通し矢』(コスミック出版, 2010/8)がおススメです。ドラマ原作を含む全14作品が収録されています(620ページ超の文庫!)。

「羽子板娘」「開かずの間」「嘆きの遊女」「音羽の猫」
「蛍屋敷」
「雷の宿」「恋の通し矢」「双葉将棋」「夜毎来る男」
「角兵衛獅子」 「恩愛の凧」「吉様まいる」「武者人形の首」「ほおずき大尽」

関連ページ:
 ・BSジャパン『人形佐七捕物帳』 要潤・人形佐七でドラマ化
 ・横溝正史アーカイブス
  (230) コスミック・時代文庫『人形佐七捕物帳 恋の通し矢』刊行!

■ 「読書日和」(2016/12, 丸善津田沼店的フリペ)で、『悪魔の手毬唄』が紹介!
  チョッとローカルネタで申し訳ありませんが、丸善書店津田沼店の有志スタッフが、毎月発行している「読書日和」というフリーペーパー(2016/12)に、「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」のコーナーがあり、「75位『悪魔の手毬唄』横溝正史 角川文庫」が紹介されている。このコーナーは、2016年10月号から始まっており、個人的に横溝正史作品の登場を心待ちにしていた(^^;)。実は私は、編集スタッフのお一人である沢田史郎氏が、丸善ラゾーナ川崎店に勤務されていた頃に発行されていたフリペ時代からファンの一人で、津田沼店に異動されてからも、ラゾーナ川崎店には津田沼店のフリペ「読書日和」も置いてあり、新号が出るたびにゲットしている次第です。
 
2012年版1986年版
   1位 : 獄門島   1位 : 獄門島
  10位 : 本陣殺人事件   7位 : 本陣殺人事件
  39位 : 犬神家の一族  42位 : 悪魔の手毬唄
  57位 : 八つ墓村  44位 : 八つ墓村
  75位 : 悪魔の手毬唄  69位 : 蝶々殺人事件
  「読書日和」2016/10月号より、「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」のコーナーは始まっており、次のように記されている。
きっかけは単純な悩みからだった。「電車の中で読む文庫本がない」単行本で積んである本はいくらでもある。しかし、通勤電車の中で読みたい文庫が思いつかない。それならいっそのこと何かのリストに従って読む本を決めよう。と軽い気持ちで選んだのが2012年に刊行された「東西ミステリーベスト100」の国内ランキング。所謂名作ミステリーをそこまで読んでいないこともあり、これをいい機会にしようと思ったのだ。

その「読書日和」で、『悪魔の手毬唄』は次のように紹介されています。
手毬唄どおりに殺される娘たち、事件の背後に見え隠れする怪しげな老婆、田舎の名家の対立、よくもまあここまで日本的なミステリーを書いたものだと感心してしまう。先に土屋降夫の作品を古きよきミステリーと評した。あれが都会の事件を描いたシティ派だとすれば横溝は田舎の土着的なミステリーだ。その分、手毬唄だの妖しい老婆だのがほどよい恐怖感をかもして雰囲気作りをしてくれる。また、田舎の濃密な人間関係が引きおこしたともいえるこの連続殺人は、まさに古きよき日本のミステリーといえよう。
さて、この手毬唄殺人には過去のある事件に隠された秘密が密接に関わっている。この事件の二重構造化は横溝作品の中でもかなり巧妙な部類に入る。そのため、明かされる真相瞬間は隠されたもう一つドラマが明らかにされる驚きが待っているのだ。

「読書日和」の「2012年版東西ミステリーベスト100 全作レビュー」コーナーで、次に横溝正史作品が紹介されるのは、「57位 : 八つ墓村」になる。待ち遠しい。ちなみに、「東西ミステリーベスト100」には海外編もあるので、「1位 : 獄門島」まで紹介した暁には、海外編がスタートするのだろうか。こちらも楽しみである(^^;)。

関連ページ:
 ・「読書日和」(2014/6, 丸善津田沼店的フリペ)で、『夜歩く』が紹介!
 ・文春文庫版『東西ミステリーベスト100』(2012年版)刊行!
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!

■ CD『Cinema Songs』に、薬師丸ひろ子歌唱の「愛のバラード」が!
  2016年11月23日付で、薬師丸ひろ子歌手デビュー35周年を記念した、初の映画音楽カバーセレクションCD『Cinema Songs』(ビクターエンタテインメント)がリリースされました。そのCDで、映画『犬神家の一族』テーマ曲の「愛のバラード」(作詞:山口洋子, 作曲:大野雄二)を歌っていることに驚かされました。

CD付属のライナーノートには、次のように記されています。
●愛のバラード
1976年、映画『犬神家の一族』のテーマ曲として、大野雄二が作曲した。サントラでは歌詞がないが、山口洋子の詞がついたものをここでは歌っている。「サントラだと、映画のイメージもあって、ちょっとミステリアスで怖い感じになるんですが、悲しみも美しい戦慄に乗せた、美しい歌にしたいと、アレンジの吉俣良さんにお願いしました。」

(「戦慄」は文意から「旋律」の誤植かと…)

「愛のバラード」に詞がつけられ、それを金子由香利が歌唱したことは当時から知られていました。CD『横溝正史MM<ミュージック・ミステリー>の世界 金田一耕助の冒険【特別版】』(キングレコード, 2000/1)に、その金子由香利歌唱の「愛のバラード」がボーナストラックとして収録されています。サントラ版, 金子由香利版, 薬師丸ひろ子版を、聴き比べてみてはいかがでしょうか。こちらのライナーノートには、次のように記されています。
『犬神家の一族』の「愛のバラード」と「仮面」のヴォーカル版。山口洋子による詩を金子由香利が優雅に歌っていく。ファンの間でCD化が待ち望まれていた楽曲である。

この「愛のバラード」、前述の通り、映画公開当時シングルレコード化されて発売されており、そのジャケット裏に、横溝正史の短文(「犬神家の一族」について)が掲載されています。この短文は、『犬神家の一族』の映画パンフレットに収録されており、横溝正史自選集(4)『犬神家の一族』(出版芸術社, 2006/12)にも再録されている。実は、この映画パンフ版にはちょっとだけ続きの文章があったことが、シングルレコードのジャケット裏版で確認できます。その文章は下記の通り。
いずれにしてもこの作品が映画化されるのは、こんどで二度目だが、それだけ作品の生命が長いということなのだろうと私も満足しているし、さらにその映画のためのテーマ・ミュージックまでレコード化されるということは、作者としてこのうえもなく嬉しいことである。

薬師丸ひろ子歌唱「愛のバラード」収録CDから、シングルレコード『「犬神家の一族」よりサウンド・トラック 愛のバラード・憎しみのバラード』のジャケット裏にまでと、時を一気に飛び越えた感じです。ちなみにこのCDでは、映画デビュー作『野性の証明』(1978, 高倉健主演)の主題歌「戦士の休息」を、薬師丸ひろ子の歌唱で聴くことができます(^^;)。

■ シリーズ横溝正史短編集 金田一耕助登場!(NHK BSプレミアム)放送
  2016年11月19日(土)、NHK BSプレミアムにて、スーパープレミアム「獄門島」で、長谷川博己・金田一耕助を観たのもつかの間、今度は池松壮亮・金田一耕助を目撃することになる。しかも、11/24「黒蘭姫」, 11/25「殺人鬼」, 11/26「百日紅の下にて」と、三夜連続放送である。NHK BSプレミアム、侮りがたし。

 NHK BSプレミアム
 シリーズ横溝正史短編集 金田一耕助登場!
  2016年11月24日(木), 25日(金), 26日(土) 23:15〜23:45
  【出演】池松壮亮, コムアイ, 永野, 福島リラ, 嶋田久作 ほか

番組サイトには、次のように記されている。
横溝正史の短編小説を気鋭のクリエーターたちが映像化するシリーズ。

第1回「黒蘭姫」11月24日(木)
百貨店で万引きを繰り返す黒いヴェールをした女(山田真歩)。“黒蘭姫”とよばれるその女を、なぜか店員は見て見ぬふりをしていた。新米の売り場主任が万引きの現場を捕らえたが腹を刺され、女は逃走。さらに第二の殺人が…戦前は化け物屋敷といわれていたビルにある、金田一耕助(池松壮亮)の汚く怪しげな“探偵事務所”が登場する唯一の作品。

第2回「殺人鬼」11月25日(金)
私(松居大悟)は、義足の男(村松卓矢)につけ回されている加奈子(福島リラ)と出会う。真珠のような肌のなまめかしい女だ。一週間後、加奈子の同居人・賀川(永野)が殺される。実は、義足の男は召集されていた加奈子の夫で、加奈子は夫の復員前に賀川と駆け落ちしていたのだ。戦後の混乱時、愛憎渦巻く謎に、金田一耕助(池松壮亮)が挑む。

第3回「百日紅の下にて」11月26日(土)
若い女が苦手な佐伯一郎(嶋田久作)は、幼い由美(コムアイ)を将来の妻にと理想の女に育て上げた。佐伯は出征。負傷し帰還して一週間後に由美は自殺する。一周忌に集まった由美の取り巻きだった四人の男と佐伯。その席で一人が青酸カリ入りのジンで殺される…犯人は誰なのか?百日紅の木の下で謎を解いた金田一耕助(池松壮亮)は、あの“獄門島”へと向かう。

「シリーズ 江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎」(NHK BSプレミアム, 満島ひかり・明智小五郎, 2016年1月放送, 「D坂の殺人事件」1/11, 「心理試験」1/23, 「屋根裏の散歩者」1/24)の、横溝正史版が満を持して登場といったところでしょうか。

11/24「黒蘭姫」, 11/25「殺人鬼」, 11/26「百日紅の下にて」とも、今回の原作3作品は、角川文庫『殺人鬼』(緑304-42:1976/11, よ5-36:2006/11改版)に収録されています。 角川文庫『殺人鬼』が2006年11月25日付で復刊(改版初版)されたとき、もしやと考えたのですが、当時は特に何ごともなかったように記憶しています(映画『犬神家の一族』の石坂浩二・金田一再登板によるリメイクの文庫帯です)。

何故この時期に、この文庫の復刊なのか、私には理解できませんでした。まさかと思いますが、この番組の伏線ではないでしょう(10年前のことですし…)。そのおかげで、短編佳作「百日紅の下にて」を、再び角川文庫で読むことができるようになったことを嬉しく思っていました。ちなみにこの文庫、緑304-42当時の解説(中島河太郎)付でさらに、山前譲「名探偵金田一耕助、いまだ健在!」の新解説もついていたりします(角川文庫「金田一耕助ファイル」では、以前の解説が削除されましたが…)。

関連ページ:
 ・横溝正史アーカイブス (171) 角川文庫『殺人鬼』(2006/11)刊行
 ・見てから読むか、読んでから見るか(9) 「百日紅の下にて」-瀬戸内へ行くまえに-

■ スーパープレミアム「獄門島」(長谷川博己・金田一)放送
  2016年11月19日(土)、NHK-BSプレミアムにて、スーパープレミアム「獄門島」(長谷川博己・金田一)と、翌11/20には映画『獄門島』(石坂浩二・金田一, 1977)放送され、新旧比較ができたりします。ちなみに、前日11/18にはリーズ 深読み読書会「横溝正史の大ベストセラー!“犬神家の一族”」が放送されました。横溝作品のファンとしては嬉しい限りです(^^;)。

 NHK-BSプレミアム
 スーパープレミアム「獄門島」
  2016年11月19日(土) 20:00〜22:00
  【出演】長谷川博己, 奥田瑛二, 仲里依紗, 小市慢太郎, 菅原大吉, 綾田俊樹,
       山中崇, 堀田真由, 秋月成美, 吉田まどか, 古田新太, 山田真歩,
       柳俊太郎, 瑳川哲郎, 山崎銀之丞, 石田法嗣, 萩原宏樹, ほか

番組サイトには、次のように記されている。
横溝正史の最高傑作ミステリー小説「獄門島」。数々のミステリーランキングで1位に輝く名作をドラマ化! 長谷川博己演じるこれまでにない新しい金田一耕助が、事件を解明してゆく!
戦争直後の瀬戸内海の孤島を舞台にした、おどろおどろしい雰囲気、殺人の巧みなトリック。今も人気の衰えないこの傑作ミステリーを、映画並のクオリティーで映像化。殺人トリックに不可欠な島の地形や、島を覆う不気味な雰囲気を、最新の映像技術を使いながら再現する。
そして、主人公・金田一耕助。過去の映像作品では、風変わりだがどこかヒーロー然と描かれていたこの探偵を、今回は、戦争でトラウマを抱え、取り憑かれたように事件を解明しようとするという、従来とは一線を画す新しい人物像として描き出す。閉鎖的な孤島で繰り広げられる連続殺人事件の謎が今、明らかに!


NHKウィークリーステラ 2016/11/25号の番組紹介ページによれば、撮影は佐渡島で行われたとのこと。エンドロールでは、佐渡市, 柏崎市とクレジットされていました。画面に映る海が瀬戸内海に見えなかったのは、このためか…。

関連ページ:
 ・見てから読むか、読んでから見るか(30) 『獄門島』 - 雨に咽ぶ瀬戸内の島 -
 ・横溝作品、翻訳の試み - 『獄門島』の例のフレーズはどう訳すのか -
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史 (104)  『岡山人じゃが2009』
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史 (46)  『続・「差別用語」』

■ 深読み読書会「横溝正史の大ベストセラー!“犬神家の一族”」放送
  2016年11月18日(金)、NHK-BSプレミアムにて、「シリーズ 深読み読書会 横溝正史の大ベストセラー!『犬神家の一族』」なる番組と、翌11/19には、映画『犬神家の一族』(1976)を放送。ちなみに、前日11/17には「シリーズ・Jミステリーはここから始まった! 第2回 横溝正史“八つ墓村”」の再放送と合わせ、映画『八つ墓村』(1977)も放送されました。横溝作品のファンとしては嬉しい限りです。

 NHK-BSプレミアム
 シリーズ 深読み読書会「横溝正史の大ベストセラー!“犬神家の一族”」
  2016年11月18日(金) 22:00〜23:00(60分)
  【出演】安藤裕子, 綾辻行人, 道尾秀介, 関川夏央, 橋本麻里
  【語り】角田誠二

番組サイトには、次のように記されている。
番組内容|日本ならではの“本格探偵小説”を開拓した横溝正史。その最大のベストセラー「犬神家の一族」は何がスゴイのか?さまざまなジャンルの“文学探偵”たちが徹底的に読み解く
詳細|必読の作家・作品の魅力に迫る文学エンターテインメント。今回は、日本ならではの本格探偵小説を開拓した横溝正史の代表作「犬神家の一族」。信州の新興財閥の遺産継承問題に、複雑な姻戚関係、戦争による出征・復員が絡み合い、前代未聞のトリックが展開する!安藤裕子(歌手・女優)や綾辻行人(ミステリー作家)など“文学探偵”たちが“秘密の読書会”を開催して徹底分析。横溝ミステリーを“戦後文学の傑作”として読み込む。


角川文庫の書影も映されていましたが、出席者の手元にあった刊本は、出版芸術社より刊行された、横溝正史自選集(4)『犬神家の一族』(2006/12)のようでした。

それにしても、ちらっと見えた出席者の手持ち資料が気になりました。番組内でも紹介された、横溝正史自筆の犬神家の家系図のコピーのようだったのですが、何らかの形でぜひとも刊行捨ていただきたいですね。


■ BSジャパン『人形佐七捕物帳』 要潤・人形佐七でドラマ化
  2016年10月4日から、BSジャパン・火曜スペシャルにて、横溝正史原作『人形佐七捕物帳』が要潤・人形佐七でドラマ化されます(初回は2時間スペシャル)。
番組サイトによれば、放送ラインナップは次の通りとなっています。

第1夜 羽子板娘 2016/10/4 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集1』
第2夜 双葉将棋 2016/10/11 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集1』
第3夜 角兵衛獅子 2016/11/8 ※春陽文庫『好色いもり酒 人形佐七捕物帳全集4』
第4夜 恋の通し矢 2016/11/15 ※春陽文庫『好色いもり酒 人形佐七捕物帳全集4』
第5夜 嘆きの遊女 2016/12/6 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集1』
第6夜 雷の宿 2016/12/13 ※春陽文庫『くらやみ婿 人形佐七捕物帳全集7』

番組サイトで紹介されている原作書影は、角川文庫『人形佐七捕物帳傑作選』(縄田一男編,2015/12)です。情緒と謎に彩られた江戸の町を舞台に、佐七の推理が冴え渡る。 横溝正史の傑作捕物帳全作品から選りすぐりの七編を収録。と銘打たれていて、それはそれでいいと思うのですが、収録7作品中ドラマ原作は「羽子板娘」「嘆きの遊女」の2作品のみになっているのが残念です。春陽文庫『人形佐七捕物帳全集』ですと、ドラマ原作は上記※の通り3巻に分散されて収録されています。

ドラマ原作のほとんど(「百物語の夜」を除く)を1冊に収録した刊本で読みたいという方に朗報です。'10/8/25付けで刊行された、コスミック・時代文庫『人形佐七捕物帳 恋の通し矢』(コスミック出版)に、ドラマ原作を含む全14作品が収録されています(620ページ超の文庫!)。収録作品は、次の14作品です。

「羽子板娘」「開かずの間」「嘆きの遊女」「音羽の猫」「蛍屋敷」 「雷の宿」「恋の通し矢」「双葉将棋」「夜毎来る男」「角兵衛獅子」 「恩愛の凧」「吉様まいる」「武者人形の首」「ほおずき大尽」

春陽文庫版も現行本がないので、BSジャパン『人形佐七捕物帳』ドラマ化を機に、横溝正史捕物帳作品にスポットが当てられ、真の『人形佐七捕物帳』全集が刊行されることを期待したい。

関連ページ:
 ・横溝正史アーカイブス
  (230) コスミック・時代文庫『人形佐七捕物帳 恋の通し矢』刊行!

■ 『週刊文春』8/4号「究極の徹夜本」に、『迷路荘の惨劇』が!
  『週刊文春』2016/8/4号の「文春図書館」に、「木曜から夜ふかし 究極の徹夜本」というコラムがあり、横溝正史『迷路荘の惨劇』が紹介されている旨、情報提供いただきました。普段『週刊文春』を読んでいないので、慌てて近くのコンビニで入手した次第(^^;)。ありがとうございます。

読み始めたらノンストップ!ひたすら面白い本だけを日々渉猟する書評家集団「徹夜本研究会」のコラムです(月2-3回の不定期連載とのこと)。その11冊めとして、横溝正史『迷路荘の惨劇』が取り上げられています(p.111)。週刊文春のサイトでバックナンバーを読むことができる。興味を引くセレクトに、寝不足の夏が来そうだ。ちなみに、2016/7/21号に9冊めとして、江戸川乱歩『魔術師』が取り上げられていた。

横溝正史の金田一耕助シリーズの代表作といえば『八つ墓村』『犬神家の一族』『獄門島』あたりが定番だが、ディープな横溝ファンが飲みながら話すと、誰もが「じつはあれが好き」と告白する一作がある。『迷路荘の惨劇』だ。 確かに(^^;)。

関連ページ:
 ・見てから読むか、読んでから見るか  - 横溝作品へのアプローチ -
   (20) 『迷路荘の惨劇』 ホテル名琅荘の間取中編版「迷路荘の怪人」

■ 論創社『横溝正史探偵小説選V』【論創ミステリ叢書100】刊行!
  '16/7/30付けで、論創社より『横溝正史探偵小説選V』【論創ミステリ叢書100】が刊行されました。前回の『IV』から約1か月での第5弾刊行となります。

本書の帯には、次のように記されています。
  幻の絵物語「探偵小僧」を
  松野一夫の絵と共に完全復刻!

   雑誌連載版「不死蝶」から
   異色のナイチンゲール伝まで
   ファン垂涎、巨匠の拾遺集・第5弾!!

 
[収録作品]
   探偵小僧 (画・松野一夫)p.1
   「仮面の怪賊」p.218
   「王冠のゆくえ」p.230
   「十二時前後」p.239
   * 
   「博愛の天使 ナイチンゲール」p.243
   「不死蝶 (雑誌連載版)」p.257
    
  〈未完作品集〉 
   「女怪」p.322
   「猫目石の秘密」p.385
   「神の矢」p.392
   「失はれた影」p.427
    
  【解題】 横井 司p.466
 
収録作品もさることながら、【解題】が資料性の高いものとなっており、個人的にはありがたい。この【解題】でも参照されているが、今日の横溝正史拾遺集刊行の原点は、角川文庫『死仮面』巻末解説(中島河太郎)にあるように思う。



この【論創ミステリ叢書】第100巻刊行記念として、横井司×日下三蔵によるトークショーが、下記のとおり開催された(当方も参加させていただきました)。
  日時:2016年7月23日(土) 15時〜
  場所:東京堂書店神田神保町店 6階東京堂ホール

東京堂書店のウェブサイトの「講演会・トークショー情報」では、次のようにイベント内容が告知されていた。
日本のミステリはどんな作家達に担われてきたのか。また、その背景とは。表現的苦闘の末、現在の隆盛に続く礎を築いてきた先人達。
2003年創刊の「論創ミステリ叢書」第100巻到達を記念し、国内ミステリに精通する二人のミステリ評論家が歴史ある〈探偵小説〉の魅力を語る。

「論創ミステリ叢書」の刊行予定として、保篠龍緒I/II, 甲賀三郎II/III, 鮎川哲也, 乾信一郎, 高木彬光II, 森下雨村II, 渡辺啓助がラインナップされている。今後も、「論創ミステリ叢書」から目が離せそうもない。

瓢庵先生捕物帖シリーズの人形佐七登場全作品を収録したにも関わらず、『水谷準探偵小説選』は売り上げが芳しくなかった旨、トークショー語られていた。BSジャパンで今秋(2016年)、「人形佐七捕物帳」(人形佐七:要潤, その年上女房お粂:矢田亜希子ほか)が放送予定とアナウンスされていることもあり、別作家による作品を含め、人形佐七捕物帳が再評価されることを、一読者として期待したい。

関連ページ:
 ・ターヘルアナトミア  - 人形佐七を解体新書する -
   (2) 瓢庵先生捕物帖にゲスト出演する人形佐七

■ 隠れた探偵小説 光あて100巻「論創ミステリ叢書」
  2016年7月刊行予定の、論創社『横溝正史探偵小説選V』をもって、【論創ミステリ叢書】が100巻目の節目を迎える旨、2016年7月4日付『朝日新聞(関西版)夕刊』の「文芸テラス」欄で紹介されている。コラムの最後は、次のように締めくくられており、力の入った収録作品名に驚愕した(^^;)。

月内にも刊行予定の第100巻はシリーズ5冊目となる横溝正史。目玉は新聞連載の絵物語「探偵小僧」で、挿画家・松野一夫の絵とともに掲載する。

論創社のサイトでは、『横溝正史探偵小説選V』を次のように紹介している。
内容
「論創ミステリ叢書」の記念すべき100巻目は、日本探偵小説文壇の巨匠・横溝正史の単行本未収録作品だけで編まれた拾遺集第5弾です! 新たに見つかった幼年向け探偵小説「王冠のゆくえ」や金田一耕助探偵譚「不死蝶」の雑誌連載版、推理クイズ「十二時前後」、初期の児童向け怪盗物「仮面の怪賊」の他、復員直後の三津木俊助が登場する「神の矢」(『ロック』版)、未完に終わったノン・シリーズ長編「失はれた影」などの未完作品も収録。
編集者コメント
『横溝正史探偵小説選』第5弾の刊行! いずれも単行本初収録作品ですが、特に『少年少女譚海』別冊付録に掲載された横溝正史唯一の偉人伝記「博愛の天使 ナイチンゲール」は珍しい作品です。

なかなか読むことが難しかった作品群が、日の目を見る日がついにやってくる。横溝正史文学の一ファンとして、刊行が心待ちである(^^;)。

■ 論創社『横溝正史探偵小説選V』【論創ミステリ叢書100】収録予定作品とは…
  『IV』が刊行されたばかりではあるが、次回配本予定の『V』収録予定作品について、当方が知り得た情報を開示させていただく(編集担当了承済み)。

  【収録予定作品】 (一部)
   王冠のゆくえ
   不死蝶 (原型版)
   十二時前後 (推理クイズ版)
   仮面の怪賊
   失われた影 (中絶作)

中絶作「失はれた影」が刊本になる日が来ようとは、当サイトの前身『横溝正史クロニクル』を始めたころは夢にも思っていなかったわけで、まさに隔世の思いである。これを機に、温故知新、横溝正史再評価の機運が高まることを祈念したい。

この他にも、今までなかなか読むことが叶わなかった、いわゆるレア作品の収録も予定されているらしい。刊行までの間、収録作品を予想するのもまた一興。横溝正史文学の一ファンとして、否が応でも期待が高まるばかりである(^^;)。

■ 論創社『横溝正史探偵小説選IV』【論創ミステリ叢書99】刊行!
  '16/6/30付けで、論創社より『横溝正史探偵小説選IV』【論創ミステリ叢書99】が刊行されました。前回の『III』から約8年を経ての第4弾となります。しかも次回配本として、論創ミステリ叢書100『横溝正史探偵小説選V』(刊行予定)がカバー/帯に記されているではないか! 早くも、収録内容が気になってしようがない(^^;)。

本書の帯には、次のように記されています。
  幻のジュニア時代小説を
  雑誌未発表分を追補して初復刻!

   横溝版・黒門町伝七捕物帳に加え
   お役者文七シリーズ原型版を併録した
   ファン必携、巨匠の拾遺集・第4弾!!

 
[収録作品]
  『黒門町伝七捕物帳』 
   「江戸名所図絵」p.2
   「雷の宿」p.11
   「通り魔」p.34
   「船幽霊」p.56
   「宝船殺人事件」p.77
   「幽霊の見世物」p.98
    
  『お役者文七捕物暦』 
   「比丘尼御殿」p.120
   「花の通り魔」p.192
   「謎の紅蝙蝠」p.263
    
  『しらぬ火秘帖』(未発表分含む)p.311
    
  【解題】 野村恒彦p.464
 
横溝正史の捕物帳・時代小説作品として、『人形佐七捕物帳』をご存知の方は多いと思う。しかしながら、人形佐七以外の捕物帳・時代小説作品については、多くは刊行されておらず、知る人ぞ知る作品群になっているのも現実である。これを機に、横溝正史の捕物帳・時代小説全般にも、スポットライトが当たることを期待したい。

人形佐七ものではあるが、BSジャパンで今秋(2016年)放送予定として、火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」(人形佐七:要潤, その年上女房お粂:矢田亜希子ほか)がアナウンスされている。このTVドラマがきっかけとなって、いわゆる金田一耕助ものではない横溝作品(人形佐七)に触れた読者が、さらに違った横溝作品群・シリーズものへと読み進めていけるよう、横溝正史作品の刊本を整備しておく必要があろうと思う次第。そういった意味で、『横溝正史探偵小説選IV,V』【論創ミステリ叢書99,100】の刊行は意義深い。横溝正史文学の一ファンとして、嬉しい限りである。

■ 石上三登志『ヨミスギ氏の奇怪な冒険 フィクションエッセイ0012』刊行
  2016/4/27付で、書肆盛林堂より盛林堂ミステリアス文庫の一冊として、石上三登志『ヨミスギ氏の奇怪な冒険 フィクションエッセイ0012』が刊行されました。1978-79年に雑誌『奇想天外』に連載されたエッセイの初刊本かつ文庫化です。雑誌掲載から約38年を経て、文庫化されるとは。未だに、夢を見ているかのような気持ちです。このエッセイを読みたいがために、雑誌『奇想天外』を古本屋で探した頃を、懐かしく思いだいます。出版に尽力された方々に、改めまして敬意を表したいと思います。

なぜこのサイトで紹介させていただくかというと、(8)「金田一耕助本当に最後の事件」(雑誌『奇想天外』1978/11掲載)なるエッセイが、p.157-176にわたって収録されているからなのです。詳細は読んでいただきたいのですが、金田一耕助最後の事件は『病院坂の首縊りの家』ではなく、『獄門島ふたたび』という作品で、由利麟太郎最後の事件にもなっているというもの。評価は分かれるかもしれませんが、私はこれはこれでアリだなと考えています。石上三登志が語る『獄門島ふたたび』を、本気で探した頃を思い出します(^^;)。

  関連ページ:
 ・ターヘルアナトミア  - 金田一耕助を解体新書する -
   ( 3) 金田一耕助が由利麟太郎を駆逐した - 主役交代の伏線 -
   (13) Episode X 大いなる伏線 - 伏線の美学と称される探偵小説の醍醐味 -

■ ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』に、『犬神家の一族』の場面が…
  ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』が、シアタークリエにて2016/4/4-25の期間、上演されている。その1幕劇中で、『犬神家の一族』の遺言状公開場面(犬神家の財産は野々宮珠世に〜青沼静馬だ)が、寸劇として演じられているのをご存じだろうか(3/27のプレビュー公演@シアター1010では、この場面は「踊る大捜査線」のパロディだったのだが…)。

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』の原作は、『クリスマス・キャロル』『二都物語』などでもおなじみのチャールズ・ディケンズ作の同題小説。ただし、この作品は作者・ディケンズの死去により中絶となったため、結末が執筆されていない。このミュージカルでは、2幕途中で、犯人はだれかについて、当日の観客による投票がされ、その開票結果で得票数の多かったキャストが犯人役を演じるという、前代未聞の趣向で、なんと288通りの結末が用意されているとのこと。

翻訳本として、小池滋訳版『エドウィン・ドルードの謎』が創元推理文庫(1988/5)などから刊行されている。その文庫解説や江戸川乱歩のエッセイなどを読むと、本作の結末について、当時いろいろと憶測が飛び交ったことを窺い知ることができる。

文庫巻末解説/小池滋 p.440
しかしこの物語は単なる悪の心理分析に終るわけではない。正常な感覚を持つ市民の側からの悪の追求、謎の解明のテーマもあるのだから、正統的推理小説と考えることもできる。この捜査活動の中心となるのは、途中から登場する謎の人物ダチェリーであるが、彼の正体が誰であるにせよ(詳しくは次章の第2節を見よ)、もしこの作品が完成していれば、彼は私立探偵としてホームズや金田一耕助にも劣らぬ活躍と、人間的魅力を充分に発揮してくれたであろうにと、惜しまれるのである。

この文庫解説を読み、横溝正史だったらどのようにして金田一耕助を登場させ、どのように続編解決するだろうと、思いを巡らせた。というのも、横溝正史のエッセイ「思いつくまゝ」(探偵作家クラブ会報No.48,1951/5, 講談社『探偵小説五十年』1972/9収録)で、坂口安吾『不連続殺人事件』について、次のように触れているからである。 「不連続」第四回の掲載誌は、ついに手に入らなかったが、(これが入手出来てゐたら、私は金田一耕助に命じて作者の挑戦に応じさせてゐたのだが)

江戸川乱歩は、横溝正史宛書簡で、ディケンズ作品を読んでいる旨記していたり、 江戸川乱歩全集第30巻『わが夢と真実』(光文社文庫, 2005/6/20)収録の、「海外探偵小説作家と作品」(p.637-639)に、「ディケンズ」の項を設けて、『エドウィン・ドルードの謎』について記していたりしている。これらの状況から、おそらく横溝正史も、ディケンズの中絶未完作品『エドウィン・ドルードの謎』を知っていたと思われる。坂口安吾に対してそうだったように、ディケンズの中絶作について、それをぜひ実現して欲しかったところです。このような「もし」があったなら、私のようなファンは嬉しい限りなのですが、どうもそういった文献に巡り合っておらず、残念でならない。

海野十三遺作『少年探偵長』は、横溝正史が書き継ぎ完結させた作品として知られています。また、坂口安吾の『復員殺人事件』を、高木彬光が書き継ぎ完結させた例もあります。もしも横溝正史が『エドウィン・ドルードの謎』を書き継いでいたらどうなっていたか、想像するのも一興かと思う次第。はたして、このミュージカルで用意されている288通りの結末の中に、ディケンズが用意していた結末はあるのだろうか。気になるとことである。

■ 石坂浩二が金田一耕助生誕の町、倉敷・真備を歩く。
  BS日テレ「厳選! 2時間さんぽ道」(2016年04月12日19: 00〜19:54)にて、 市川崑監督映画『犬神家の一族』『悪魔の手毬唄』などで、金田一耕助を演じた石坂浩二が岡山県倉敷市を散歩する番組が放送されました。都合でリアルタイムでは見ることが叶わず、このところでようやく予約録画しておいたビデオを視聴できました。

・BS日テレ「厳選! 2時間さんぽ道」
  2016年04月12日19: 00〜19:54
   石坂浩二が金田一耕助生誕の町、倉敷・真備を歩く。

番組サイトには、次のように記されている。
岡山県倉敷市。江戸時代に造られた古い町並みで知られた町だ。だが倉敷の魅力はそれだけでは無い。ここはあの名探偵金田一耕助生誕の地なのだ。倉敷市真備、町のそこかしこに金田一ゆかりの寺やほこら、小説のモデルとなった場所が残っている。そこを数々の金田一を演じてきた俳優の石坂浩二さんが映画の衣装そのままでさんぽする。ゴールは作家横溝正史の暮らした家。金田一耕助を辿る、温かいおもてなしに満ちたさんぽ道です。

ちなみに、番組サイトから「金田一耕助生誕の町 倉敷市真備おさんぽマップ」をダウンロードできるようです。

■ 辻真先「銀座某重大事件」 in 講談社文庫『名探偵登場!』(2016/4/15)
  2016/4/15付で、講談社文庫より『名探偵登場!』が刊行されました。2014/4刊行の単行本の文庫化です。

単行本と同様に巻末にある、中条省平「解説 名探偵の登場が推理小説を生んだ」(p.388)には、辻真先「銀座某重大事件」について、こう記されています。
アニメ・特撮脚本の大御所にして推理小説界のベテランである辻真先の「銀座某重大事件」は、横溝正史の作りだした金田一耕助を登場させますが、同時に、辻真先自身が金田一耕助を客演させるかたちで書いた少年探偵・那珂一兵もの『怪盗天空に消ゆ』の後日談ともいえる作品です。太平洋戦争開戦前の東京・銀座を舞台に、小林多喜二虐殺などの現実の事件を交えて時代の空気を活写し、アメリカから帰国して『本陣殺人事件』に手を染める直前の金田一耕助外伝とするあたり、まことに堂々たる名人芸です。

『怪盗天空に消ゆ』の設定年代は、金田一耕助が郷里より上京し私大に通っていた頃の昭和7年でした。「銀座某重大事件」の方はというと、その5年後で、金田一耕助がアメリカ放浪から帰国後の昭和12年となっています。残念ながら、『怪盗天空に消ゆ』は絶版状態なので、興味のある方は古本にあたっていただくことになります(^^;)。

「銀座某重大事件」に、 実はぼくも久保さんという人の援助を受けて、探偵事務所を開いたところなんだ とあります。また『怪盗天空に消ゆ』については、 渡米直前の耕助が巻き込まれ、当時カフェの使い走りだった一兵少年とともに解決にあたった"銀座男爵"事件 と、紹介されています。「銀座某重大事件」は、『本陣殺人事件』で語られる「某重大事件」のことのようです。横溝正史の金田一耕助と、辻真先の那珂一兵の、夢の共演第二章。ファンには嬉しい設定ゆえ、『怪盗天空に消ゆ』を文庫化・復刊願いたいと思うのは、私だけではないでしょう。ちなみに、『本陣殺人事件』には次のように記されています。

『本陣殺人事件』(角川文庫, p.83)
 東京における金田一耕助の探偵事務所は、はじめのうちはむろん、商売にもならないらしかった。銀造のもとへおりおりよこす近況報告にしても、門前雀羅、事務所には閑古鳥啼き、主人公はあくびを噛み殺して、探偵小説ばかり読んでいる。というような、真面目なのか、ふざけているのかわからないようなのが多かったそうである。  ところが半年ほど経つうちに、手紙の調子がしだいに変わって来たかと思うと、ある朝、思いがけなく耕助の写真が大きく新聞に出ているのを発見して銀造は驚いた。何をやらかしたのかと思って読んでみると、その頃全国を騒がせていた某重大事件を見事解決した殊勲者として、新聞が大々的に提灯を持っているのであった。

  関連ページ:
 ・『名探偵登場!』(講談社,2014/4/22)に、辻真先「銀座某重大事件」収録
 ・雑誌『群像』2013年12月号に、辻真先「銀座某重大事件」掲載

■ 芦辺拓『金田一耕助、パノラマ島へ行く』(角川文庫よ5-203)刊行
  紹介が少し遅れて、誠に申し訳ございませんが、 2016年2月25日付けで、芦辺拓『金田一耕助、パノラマ島へ行く』(角川文庫よ5-203)が刊行されました。カバーイラストは杉本一文氏の画です。また「よ5」という文庫No.は、前作同様横溝正史文庫のナンバーを踏襲しており「203」となっています。前にも記しましたが、「200」まで横溝文庫がラインナップされる日が来ることを祈念したいところです(^^;)。

ちなみに帯には、次のように記されています。
 殺されたのは、明智小五郎 !?
 金田一耕助が、事件に挑む !

表紙カバー後側には、次にように作品が紹介されている。
志摩半島の近くに浮かぶ小島・パノラマ島。菰田家の当主である源三郎が造り上げた巨大な楽園は今や廃墟となっていた。建設会社社長の風間は、この地を一大ワンダーランドとする計画のもとに、旧友の金田一耕助を連れて島に渡った。翌朝、身元不明の殺人死体が発見される。唯一の手がかりは、帽子に刺繍された「……I KOGORO」の金文字。果たして殺されたのは、明智小五郎なのか――!?
二大名探偵による、夢の競演!

収録内容は、次の通り。
 「金田一耕助、パノラマ島へ行く」 (『小説 野性時代』2015/3-4月号掲載)
 「明智小五郎、獄門島へ行く」 (『小説 野性時代』2015/9-10月号掲載)

「あとがき―あるいは好事家のためのノート」に、次のように記されており(^^;)、サイト的には嬉しい限りである(p.234)。
ミステリ関連では老舗のウェブサイト「横溝正史エンサイクロペディア」で、金田一・明智競演ものに限って作中での推定年代順に並べた一覧を作ってくださったのをベースに、その他の乱歩・正史両巨匠(マエストロ)関連作品も加えると、次のようになります(「――」は年代不詳もしくは未設定のもの)。

そのリストは、下記のとおりになるそうです(p.235)。
 ――「少年は怪人を夢見る」(2000年発表) (1)
 大正10年「天幕と銀幕の見える場所」(2000年) (1)
 大正15年「屋根裏の乱歩者」(1994年) (1)
 昭和8年「《ホテル・ミカド》の殺人」(1995年) (2)
 昭和10年「金田一耕助 meets ミスター・モト」(2013年) (2)
 昭和12年「明智小五郎対金田一耕助」(2002年) (1)
 昭和16年「探偵、魔都に集う―明智小五郎対金田一耕助」(2014年) (2)
 昭和22年「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(2013年) (2)
 昭和3X年「黄昏の怪人たち」(1999年) (1)
 昭和3X年「金田一耕助、パノラマ島へ行く」(2015年) *本書収録
 昭和3X年「明智小五郎、獄門島へ行く」(2015年) *本書収録
 昭和39年「金田一耕助対明智小五郎」(2013年) (1)
 ――「瞳の中の女異聞―森江春策からのオマージュ」(2014年) (2)
 ――「物語を継ぐもの」(2014年改稿版) (2)
  (1)=角川文庫『金田一耕助VS明智小五郎』収録
  (2)=同『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』収録

さらに、末尾には気になることが記されている。
実は金田一・明智共演ものとしては先に掲げた作品リストの右端に位置しそうな設定のアイデアがあり、今回ボーナストラックとして加えようという話もあったのですが、諸般の事情で見送ることにしました。願わくは、この物語を書く機会が訪れますように……。

上述の作品リストの右端に位置しそうな設定のアイデアというのは、エピソード0(?):『本陣殺人事件』記載のサンフランシスコ放浪以前(?)ということでしょうか。楽しみは尽きません。楽しみにして待ちたいと思います。

『小説 野性時代』に2015/3-4, 9-10掲載の「金田一耕助、パノラマ島へ行く」と「明智小五郎、獄門島へ行く」が早くも文庫収録となりました。『ミステリーズ!』 vol.69, 70(2015/2, 4)掲載で、横溝正史関連では、等々力大志, 御子柴進, 宇津木慎介, 三津木俊助らが登場する「帝都探偵対戦」も収録されるのかなと期待したのですが、こちらは掲載誌の出版社が異なるためか、未収録となったのは残念です。

良質の横溝・金田一もののパスティシュで、喉の渇きを潤すことができるようになったことは、嬉しい限りです。横溝正史による新作(未収録作品や未発表作品)の刊行が、途切れて久しい今日この頃。今後、この横溝枯れに一矢を報いるものは登場するのでしょうか。金田一耕助以前に、横溝正史が創造した探偵に由利麟太郎がいる。金田一耕助に取って代わられるまで、横溝正史は由利先生ものを少なからず執筆している。こちらの方へもパスティシュの筆を振るってもらいたいところです。

関連ページ:
 ・芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201)刊行
 ・芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび』(角川文庫よ5-202)刊行
 ・「金田一耕助、パノラマ島へ行く」が『小説 野性時代』2015/3-4月号に集中掲載
 ・「明智小五郎、獄門島へ行く」が『小説 野性時代』2015/9-10月号に掲載
 ・「帝都探偵対戦」が『ミステリーズ!』vol.69-70に連続掲載

■ Jミステリーはここから始まった! 第2回「横溝正史“八つ墓村”」放映
  2016年1月28日、NHK-BSプレミアムにて、「シリーズ・Jミステリーはここから始まった!」の第2回「横溝正史“八つ墓村”」なる番組が放映されました。ちなみに、前週1/21にはその第1回として「松本清張“ゼロの焦点”」が放映されています。都合でリアルタイムでは見ることが叶わず、このところでようやく予約録画しておいたビデオを視聴できました。

 NHK-BSプレミアム
 シリーズ・Jミステリーはここから始まった!
  1月21日・28日(木) 22時00分〜23時00分
  ・第1回「松本清張“ゼロの焦点”」(1/21)
    【ゲスト】笠井潔, 小森陽一, 中村文則, 橋本麻里, 華恵
  ・第2回「横溝正史“八つ墓村”」(1/28)
    【ゲスト】綾辻行人, 高橋源一郎, 中野信子, 道尾秀介, 華恵

番組サイトには、次のように記されている。
日本独自の発展を遂げてきたJミステリー。その源流を作った2人の巨人、松本清張と横溝正史の代表作を、テキストにこだわって読み解く読書会シリーズ。

第2回「横溝正史“八つ墓村”」については、次のように記されている。
文学作品をテキストにこだわって語り合う「読書会」シリーズ。今回は横溝正史の「八つ墓村」。“たたりじゃー”で有名なこの物語には、村人32人が殺された「津山事件」や落ち武者伝説が息づき、まがまがしい雰囲気に満ちている。でも読み込んでみると、宝探しや洞窟探検、純愛物語などにあふれている!「八つ墓村」は実は、冒険小説でもあるのだ。金田一耕助も村人たちの活躍にたじたじ、ちょっと不思議な推理小説を読み解く。

Jミステリーの源流を作った2人の巨人として、松本清張vs横溝正史を読書会という形で取り上げていて、面白い試みである。「シリーズ」と謳いながら、計2回しかないのはあまりにモッタイナイと思ったのは私だけではないでしょう。「横溝正史を読む」と題して、このような読書会をシリーズ化していただきたいものです。
実は探偵小説でありながら、鍾乳洞探検・財宝探しといったエンタテインメント&実は何組もの織りなすラヴストーリーの娯楽大作でもある『八つ墓村』。番組では、次のようにも紹介されていました。
 ・ホラーミステリの金字塔 ベストホラーミステリ
 ・辰弥の両親のあり方と横溝の両親のあり方が被る 自伝的な小説
 ・インディ・ジョーンズのような大冒険
 ・『八つ墓村』はてんこ盛り 怪奇大ロマン
 ・たくさんのカップルが登場する恋愛小説 など

また、探偵小説を「お化屋敷」の掛小屋からリアリズムの外に出したかったと、松本清張が書き記したこともあり、横溝正史は実質約10年間筆を折っていた時期があったが、その後空前の横溝リバイバルが到来したことまで、紹介されていました。

番組最後で紹介された、横溝正史辞世の句「どん栗の落ちて虚しきアスファルト」を含む文章は、『横溝正史追憶集』(私家版,1982/12)巻頭に掲載されている、横溝正史自身の「辞世」というエッセイからの抜粋である。番組では、私はまだまだ死なないつもりである。まだまだ探偵小説なるものを書いていくつもりである。で紹介が終わっていたが、実はその続きが少しだけある。それは…。そのときはまたちがった辞世ができるかもしれない。でした。

関連ページ:
 ・横溝考古学・事始め
   (77) 松本清張による横溝正史批評(?) -「お化け屋敷」-
   (72) 竜のあぎとにて授かりし - 『八つ墓村』 鶴子の愛 -
 ・見てから読むか、読んでから見るか
   『八つ墓村』カレンダー  - 辰弥はいつ神戸へ発ったか - ほか

■ 角川文庫『人形佐七捕物帳傑作選』刊行!
  2015年12月25日付で、角川文庫『人形佐七捕物帳傑作選』(縄田一男編)が刊行されました。角川文庫としては、すでに絶版となっている、1977年刊行の『自選人形佐七捕物帳』全三巻以来、実に38年ぶりの新刊ではないでしょうか。
文庫の帯には、次のように紹介されている。
 佐七親分、待ってました!
 綿密なトリックに冴え渡る推理。
 横溝正史の傑作捕物帳!

1977年に刊行された、角川文庫『自選人形佐七捕物帳』全三巻は、下記の通り。
 緑304-48『羽子板娘 自選人形佐七捕物帳一』(1977/4/30)
 緑304-49『神隠しにあった女 自選人形佐七捕物帳二』(1977/5/30)
 緑304-50『舟幽霊 自選人形佐七捕物帳三』(1977/5/30)
     
  巻末解説によれば、人形佐七シリーズ全180篇より下記7篇が収録されています。
そのうち、旧角川文庫収録作品との被りは2篇のみとなっています。

  羽子板娘 1/180 ※角川文庫『羽子板娘 自選人形佐七捕物帳一』
  開かずの間 130/180 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集1』
  歎きの遊女 2/180 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集1』
  螢屋敷 18/180 ※春陽文庫『ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集1』
  お玉が池 68/180 ※春陽文庫『小倉百人一首 人形佐七捕物帳全集10』
  舟幽霊 154/180 ※角川文庫『舟幽霊 自選人形佐七捕物帳三』
  梅若水揚帳 180/180 ※春陽文庫『梅若水揚帳 人形佐七捕物帳全集12』

巻末解説に、人形佐七のネーミング由来が記されている。
人形佐七の人形は、『半七捕物帳』の一篇、「津ノ国屋」に登場する若い岡っ引き人形常から採り、佐七の佐は作者が傾倒していたマキノ映画「佐平次捕物控」の佐と、半七の七を組み合わせたものだという。
また、佐七の女房お粂は、そのまま半七の妹の名を借りたものであり、こうした背景には、半七には及びもつかぬが、せめてその乾分か弟分にでもなれば、という気持ちがあったからだと聞いている。

春陽文庫版も現行本がなく、これを機に『人形佐七捕物帳』の続刊を期待したい。

■ 北村薫『中野のお父さん』を読んでいると…!
  こういうものまで取り上げていたら、際限がなくなりそれはそれでいいのですが(^^;)、北村薫『中野のお父さん』(文藝春秋, 2015/9/15)を読んでいて、つい嬉しくなってしまいましたので、紹介させていただきます。

北村薫『中野のお父さん』は、出版会に秘められた《日常の謎》をテーマにした8作品が収録された短編集です。その中の「闇の吉原」という作品に、次の記述があります(p.118)。

「榎本其角。芭蕉の高弟だ。――宝井其角ともいう」
「《鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春》《越後屋にきぬさく音や衣更》なんかが有名だな。華やかで奇抜な作風。そういう意味では、芭蕉の弟子らしくない。――ミステリ好きは、《鶯の身を逆にはつねかな》でおなじみだ」
「《鶯》……ですか?」
「巨匠横溝正史の代表作に出て来る」
「ほおほお……」

ミステリ好き、とりわけ横溝正史作品が好きな方は、其角という名前を聞いただけで、《鶯の身を逆にはつねかな》という句を、諳んじることが出来るのではないでしょうか(^^;)。この句が登場する作品は、「巨匠横溝正史の代表作」であり、文春文庫『東西ミステリーベスト100』1986年版/2013年版で、ともに国内編総合ランキング第1位に輝いた、『獄門島』です(ご存知でない方のために…)。未読の方は、ぜひとも『獄門島』を読まれることをおススメします。
   
  私の読書量は高が知れているので、この類のものを全て紹介することはできないと思います。今までにも、読書中に何度か出会った気がしますが、すでに忘却の彼方に行ってしまったものも多いです。今後の読書の中で、横溝正史関連ではない本に横溝正史関連の記述を見つけたら、折を見て取り上げてみようと考えています。まあ、あまり期待はしないでほしいのですけど…。

■ 「明智小五郎、獄門島へ行く」が『小説 野性時代』2015/9-10月号に掲載
  『小説 野性時代』2015年9-10月号に、オマージュ短編/シリーズミステリ競作として、芦辺拓「金田一耕助VS明智小五郎」シリーズの新作、「明智小五郎、獄門島へ行く」(前後篇)が掲載されている。前篇掲載号は、「保存版 いま甦る江戸川乱歩」という特集が編まれており、「明智小五郎、獄門島へ行く」というタイトルも、頷けます。ちなみに前作は、「金田一耕助、パノラマ島へ行く」でした(^^;)。

前篇タイトルページ(2015/9, p.68)には、次のように記されている。
 かつて金田一耕助が名を上げた島――
 そこでは三姉妹が痛ましい事件の犠牲となった。
 いま、名探偵・明智小五郎が〈獄門島〉に上陸する。

また、後篇タイトルページ(2015/10, p.338)には、次のように記されている。
 バカンスで島を訪れた明智小五郎を迎えたのは、
 島民たちの不可解な行動と、判じ物のような掛け軸だった。
 直後、危機に見舞われた小林少年の命運は?

作中語られる、志摩の『パノラマ島』の事件が片付いたと思ったら、いきなり『シキユウオイデコウ』――至急おいで乞う、の記述より、年代設定順から、前作の「金田一耕助、パノラマ島へ行く」の直後のエピソードになるのでしょうか。
 ・昭和12年「明智小五郎対金田一耕助」(2002/12)
 ・昭和16年「探偵、魔都に集う 明智小五郎対金田一耕助」(2014/7)
 ・昭和22年「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(2013/10)
 ・昭和3X年「金田一耕助、パノラマ島へ行く」(2015/3)
 ・昭和3X年「明智小五郎、獄門島へ行く」(2015/9-10, 本作)
 ・昭和39年「金田一耕助対明智小五郎」(2013/3)

かの女性も含め、『獄門島』作中人物総登場となっています。『獄門島』(できれば『夜光怪人』も)を、併読するのも一興かと思います(^^;)。

■ 横溝正史が愛用した文房堂製原稿用紙
  「横溝正史が愛用した文房堂製原稿用紙」という商品が、復刻・販売されている(原稿用紙20枚綴り, 税込価格:2,592円, 2014/11)。情報としては少し古いですが…。

商品の帯には、次のように記されている。
品質にこだわりぬいた当時の文房堂製原稿用紙は、明治、大正、昭和初期にかけて多くの人々に愛されました。
横溝正史「鬼火」、中原中也「朝の歌」「羊の歌」、有島武郎「或る女」「旅する心」、小林多喜二「蟹工船」などの名作が書かれた他、北原白秋、萩原朔太郎、斎藤茂吉、石井柏亭、梶井基次郎、山本有三、直木三十五、堺 利彦、高畠素之、東郷青児、水原秋桜子、網野菊、尾崎一雄、久保田万太郎など多くの作家・芸術家に使われました。


原稿用紙20枚綴りの表紙は、横溝正史の『鬼火』直筆原稿(1枚め)を写真製版により復刻したものとなっています。この『鬼火』直筆原稿については、『小説 野性時代』第128号(2014/7)の特集「保存版 永遠の横溝正史」で紹介されています。『鬼火』直筆原稿は、全部で400字詰め原稿用紙156枚分あり、完全な状態で保管されているそうです。その1枚目の写真が特集で掲載・紹介されていましたが、こちらの方は現物に最も近い形になっています。

この原稿用紙の特徴は、以下の通りです。
・原稿用紙の大きさは当時のものを忠実に再現しました。
 当時の横溝正史の気分をそのままに味わっていただけます。
・中の原稿用紙に印刷されている「東京 文房堂製」という文字は、現代では
 使われていない活版文字を当時のまま再現しました。
・用紙には保存性にも優れた中性抄き用紙を使用しました。
 風合いのある淡クリーム地で目にやさしく、なめらかな紙面は筆運びもスムーズ
 です。また、インクのにじみや裏抜けもしにくい、上級の原稿用紙です。

特典として、角川文庫旧版緑304-21(1975/8)の表紙カバー画(杉本一文イラストレーション「鬼火」)の複製原画(約B4サイズ)が、もれなく付いてきます。

『小説 野性時代』第128号(2014/7)や藍峯舎版(2015/6)で、「結核のため、創作から離れていた正史が再起を期し、1日半時間、400字詰原稿用紙2枚のペースで書き進め、約3ケ月をかけて完成させた戦前の代表作」である、『鬼火 オリジナル完全版』を活字で読むことが可能となりました。
夏目漱石「坊っちゃん」, 太宰治「人間失格」などは、集英社新書ヴィジュアル版「直筆で読む」シリーズが刊行されています。宮沢賢治「銀河鉄道の夜」もまた、『図録 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の原稿のすべて』(宮沢賢治記念館, 1997/3)にて、直筆原稿を読むことが可能です。横溝正史『鬼火』直筆原稿も、1枚目だけでなく156枚全てを、読むことが可能となる日を来ることを、切に願う次第である。

■ BS11「横溝正史 名探偵・金田一耕助の謎を追え 神戸 倉敷」('15/8/10放送)
  2015年8月10日(月) 19時からの、BS11『とことん歴史紀行』2時間スペシャル番組で、「横溝正史 名探偵・金田一耕助の謎を追え 神戸 倉敷」が、放送されました。
  放送日時:2015年8月10日(月) 19:00〜20:54
  チャンネル:BS11
  ナレーション:石丸謙二郎

神戸編で紹介された「古書 うみねこ堂書林」は、元海文堂書店の近くにあることがわかりました。学生時代を神戸で過ごしたので、とても懐かしく感じました。今のところ、なかなか神戸に行く機会がないのですが、ぜひ訪れてみたいものです。

横溝正史が疎開生活を送った岡山県真備町(当時は吉備郡岡田村字桜)は、2005年8月1日付で倉敷市に編入合併されてから、今年(2015年)で10年経ったのですね。私は、横溝正史疎開宅が倉敷市といわれても、いまだにピンときません(^^;)。

番組後半で、加藤一(ひとし)さんが語る横溝正史にまつわるエピソード(テープ音源)が紹介されました。画面の字幕よりも岡山弁の肉声のほうが、私にはすんなりと頭に入ってきたのが嬉しかったです(^^;)。

少年・横溝正史が魅せられた『古城の秘密』(ルブラン原作, 三津木春影翻案)は、現在は以外にも容易に読むことが可能です。ネット検索するとすぐ辿り着けますが、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで、前篇を読むことが可能です。Kindle版も最近出たようです。また、雑誌『新青年』(1938(昭和13)年7月特別増刊号)に省略版が掲載されたことがあるので、図書館などで本の友社復刻版(『新青年』第19巻(昭和13年) 合本6)に当たれば、省略版ではありますが、読むことが可能です。

■ 光文社時代小説文庫『黒門町伝七捕物帳』奇跡的復刊!
  2015年8月20日付で、光文社時代小説文庫『黒門町伝七捕物帳』(時代小説競作選, 縄田一男編)が刊行されました。『競作黒門町伝七捕物帳』改題とあり、1992/2刊行の同文庫の復刊となっています。

文庫の帯には、次のように紹介されている。
 銭形平次に 桃太郎侍 金田一耕助や 神津恭介も
 みんなが愛した伝七親分
 豪華執筆陣が筆を競った時代アンソロジー 奇跡的復刊

伝七捕物帳の執筆には、数多くの方が名を連ねており、この文庫には、山手樹一郎, 村上元三, 高木彬光, 横溝正史, 角田喜久雄, 城昌幸, 野村胡堂, 戸川貞雄, 邦枝完二といった方々の「伝七親分」作品が収録されています。横溝正史も「通り魔」という作品が収録されています。

当サイトでは、1992/2版の光文社文庫『競作黒門町伝七捕物帳』について、以前下記関連ページにて紹介させていただいていますので、そちらのほうもご覧ください。

それにしても、『黒門町伝七捕物帳』が復刊されるとは夢にも思いませんでした。嬉しい限りです。横溝正史は「通り魔」と合わせ、「雷の宿」「江戸名所図絵」の計3作品の伝七作品を著しており、これらは、その後「人形佐七」へ改稿されています。

関連ページ:
 ・横溝考古学・事始め (5) 黒門町伝七捕物帳

■ TBSラジオ「小森谷徹 Mr.COMPASS」コメント出演('15/8/3放送)
  2015年8月3日(月)、TBSラジオ(AM:954kHz)「小森谷徹 Mr.COMPASS」(毎週月曜日18時〜19時半, 生放送)という番組の「大人の趣味」を特集する「Today’s Compass」というコーナーで、コメントの形で出演いたしました。当日の放送では、「角川文庫」を特集していて、その中で横溝正史文庫関連のコメントをさせていただきました。私のコメントは事前収録だったのですが、たどたどしく話していたものを、うまく編集して放送していただきました(^^;)。次の3点について、私のコメントが放送されました。
 ・角川横溝文庫:杉本一文画の表紙カバー
 ・角川春樹のCM展開のうまさ:「私はこの作品だけは映画にしたくなかった」
 ・おススメ横溝作品『八つ墓村』:実は、エンタテインメント&ラヴストーリー

■ 『鬼火 オリジナル完全版』(藍峯舎, 2015/6/25)刊行!
  株式会社 藍峯舎より、2015年6月25日付で『鬼火 オリジナル完全版』(挿画 竹中英太郎)が250部限定版として刊行された。15,000円(税込)という価格に当初は尻込みしていたのですが、夏のボーナスが支給されたこともあり、思い切って購入した甲斐がありました(^^;)。

数奇な運命に翻弄された『鬼火』が、横溝正史の雑誌『新青年』発表に際し、意図し世に問うた形に限りなく近い形で刊行されたことは、ファンとしては嬉しい限りである。竹中英太郎の挿画も発表時の全点が収録されており、この場を得たりという感じである。歴史にIFはないが、検閲禍がなければ、発表雑誌がそのままの形で残っていたわけで、この刊行の意義の大きさを感じている次第。オリジナル原稿も残されているとのことなので、ファンとしてはそちらも読むことが可能になればと祈念する次第。

『鬼火』オリジナル版は、下記図書に当たれば読むことが可能ではある。40年前の刊本の方は、古本屋でも見かける機会は少ない。雑誌の方は、まだ最近の刊行なので入手が可能かもしれないが…。
 ・『新版横溝正史全集2 白蝋変化』(講談社, 1975/6)
 ・『小説 野性時代 第128号』(角川書店, 2014/6)

藍峯舎サイトでは、『鬼火 オリジナル完全版』は次のように紹介されている。
藍峯舎第四弾! 2015年7月8日発売
『鬼火 オリジナル完全版』横溝正史 挿画 竹中英太郎
発表時の検閲禍により長らく封印されていた
横溝正史の戦前期を代表する名作「鬼火」のオリジナル版を初めて単行本化。
妖艶の限りを尽くした竹中英太郎の挿画全点を原画から完全復刻した豪華決定版。

<内容目次>
 鬼火 オリジナル完全版  挿画 竹中英太郎
 探偵随筆 槿槿先生夢物語
 解説 「鬼火」因縁話 中相作
 250部限定(記番入り), 定価15,000円(税込), 藍峯舎通信vol.4(2015年6月, 付録)

創元推理文庫『日本探偵小説全集9 横溝正史集』(1986/1初版) にも、「鬼火」改稿版ならびに竹中栄太郎挿画が収録されているので、本書とこの文庫(現役!)とで、読み比べてみるのも一興かと思う。また、藍峯舎の今後の刊行予定にも注目したい。

  関連ページ:
 ・横溝考古学・事始め (83) 悲運の「鬼火」 - 淋しさの極みに立ちて -
 ・見てから読むか、読んでから見るか・横溝作品へのアプローチ
   『鬼火』深讎綿々たる  - 「寒そうな縮緬皺を刻んだ湖水」の滸 -

■ 横溝正史&金田一耕助DVDコレクション
  多くの方から、『横溝正史&金田一耕助DVDコレクション』が出ていますよと、ご連絡をいただきました。この場を借りて、御礼申し上げます。

古谷一行・金田一のTVドラマ版が、DVD分冊百科の形でとして刊行されている。ブーム当時放映された「横溝正史シリーズI,II」のみならず、2時間ドラマ版なども全てDVD版が刊行されるようだ。「横溝正史シリーズI,II」のほうは、放映当時すべて観ており、DVD化されたものをレンタルして観たりした。2時間ドラマ版の方は、放映されたものを観ていないものも多く、またDVD化されたものが極めて少なく残念に思っていた。

噂を聞いて、朝日新聞出版のサイトでラインナップをチェックした。今のところ、触手があまり動いておらず、今回は購入見送りの予定。どうも私は、映像化作品より、横溝正史の文学作品(小説・エッセイなど)の方が好きなようである。映像化作品が嫌いという意味ではない。また今回のDVDコレクション刊行を喜ばしい傾向と思っている。

惜しむらくは、今回のDVDコレクションは古谷・金田一版だけに終わっているようであることだろうか。私などは、片岡鶴太郎・金田一版が好きで本放送時にビデオ録画してみた記憶がある。残念なのは、そのビデオテープがないこと。観終わったら、別の番組を録画したりしていたので、その痕跡も全くなく、今思えばとても残念なことをしたと思っている。こちらはCSで時折放映されるようだが、DVD化はされていないようで、残念である。これを機に、片岡・金田一版のDVD化を切に願う次第である。合わせて、稲垣・金田一版も是非にと思う次第。

■ 『日本古書通信』2014年9月号に、加納一朗「少年の日の夢・横溝正史」
  『日本古書通信』2014年9月号 『日本古書通信』2014年9月号に、加納一朗「めぐりあった探偵作家の巨星たち3 少年の日の夢・横溝正史」が掲載されていました。少年マガジンに劇画『八つ墓村』が連載されていた当時のこのの、横溝正史との思い出が語られている。

少年マガジンの編集長内田さんから、マガジンに連載する劇画の原作者に心当たりはないかと訊ねられた。私は即座に横溝正史さんの「髑髏検校」や「神変稲妻車」そして現代ものとして「三つ首塔」などを挙げた。 と記されている。

実際には『八つ墓村』が劇画化され、横溝ブームの火付け役となったわけで、「髑髏検校」「神変稲妻車」「三つ首塔」が選ばれていたらどうなっていたかという、IFを考えるのも一考かと思う。

■ 文庫『大阪ラビリンス』に、「面影双紙」が!
  有栖川有栖編『大阪ラビリンス』(新潮文庫, 2014/8) 2014/8/28付刊行の、有栖川有栖編『大阪ラビリンス』(新潮文庫)に、横溝正史戦前の短編作品「面影双紙」が収録されていることに、最近(2015/5)になって気付きました。まったくのノーマークでした(^^;)。カバー後ろには次のように記されている。

大阪―ここは数多の物語を生む出してきた迷宮都市である。ミステリ、SF、純文学。ジャンルを越えた傑作小説11編を人気作家がセレクト。

発表年代順に収録されており、「橋の上」(1920)から「火花1/火花2」(2009)まで約90年に及ぶ、<大阪に所縁のある作家による大阪を舞台とした小説のアンソロジー>

  橋の上 宇野浩二 1920
  面影双紙 横溝正史 1933
  大阪の女 織田作之助 1946
  大阪の穴 小松左京 1964
  梅田地下オデッセイ 堀晃 1978
  コンニャク八兵衛 田辺聖子 1979
  川に消えた賊 有明夏夫 1984-1985
  おたふく 岩阪恵子 1992
  天幕と銀幕の見える場所 芦辺拓 2000
  火花1/火花2 柴崎友香 2009

巻末の「あとがきに代えて」の「面影双紙」には、次のように記されている。
横溝正史は神戸の薬屋の生まれで、家業を継ぐべく大阪薬学専門学校(大阪大学薬学部の前身)に電車で通っていました。

なるほど。

■ 「帝都探偵対戦」が『ミステリーズ!』vol.69-70に連続掲載
  『ミステリーズ!』 vol.69, 70 (2015年2, 4月)に、芦辺拓「帝都探偵対戦」(前後篇)が掲載されている。
前篇タイトルページ(vol.69, 2015/2, p.62)には、次のように記されている。
 戦後、帝都東京に蠢く謎の陰謀と不可解な事件に、
 かの「名探偵たち」が挑む!
 著者渾身の中編、連続掲載

また、後篇タイトルページ(2015/4, p.16)には、次のように記されている。
 あべこべ死体、陸上の溺死体、
 新聞社に現れた怪人……オールキャストで贈る、
 探偵小説の醍醐味を凝縮した傑作

『鯉沼家の悲劇』(鮎川哲也編, 光文社文庫, 1993/8) さまざまな作家が創造した、探偵, 警察関係者, 報道関係者, 少年少女のキャラクタ達が、次から次へこれでもかというくらい大勢登場してきます。横溝正史関連では、等々力大志, 御子柴進, 宇津木慎介, 三津木俊助, 「佐清の仮面」を作った名工(蓑浦って名前だっけか?)といった方々が登場します。さすがに小林芳雄少年は知っていましたが、私は横溝正史以外の探偵小説作家については疎いのですが、どこがで見聞きした名前が多数登場してきました。この中で、私が「あれっ!」と思ったのは、「熊座警部」です。『鯉沼家の悲劇』(鮎川哲也編, 光文社文庫, 1993/8)に収録されている、「病院横町の首縊りの家」の岡村雄輔による解決編に登場します。

■ 「金田一耕助、パノラマ島へ行く」が『小説 野性時代』2015/3-4月号に集中掲載
  『小説 野性時代』2015年3-4月号に、集中掲載として、芦辺拓「金田一耕助、パノラマ島へ行く」(前後篇)が掲載されている。
前篇タイトルページ(2015/3, p.286)には、次のように記されている。
 洋上に浮かぶ、朽ち果てた夢の跡―。
 廃墟と化した"あの島"で事件は起こった。
 「金田一耕助VS明智小五郎」シリーズ最新作。

また、後篇タイトルページ(2015/4, p.218)には、次のように記されている。
 ミニチュア都市に倒れた顔のない死体。
 背広にはもうひとりの名探偵の名が……。
 「金田一耕助VS明智小五郎」シリーズ最新作。

作中語られる、東宝ミュージカル「パノラマ島奇譚」は1957(昭和32)年の演目なのと、「戦後十何年たっても」の記述より、年代設定順から言うと、明智VS金田一作品5作中の4作目のエピソードになるのでしょうか。

 ・昭和12年「明智小五郎対金田一耕助」(2002/12)
 ・昭和16年「探偵、魔都に集う 明智小五郎対金田一耕助」(2014/7)
 ・昭和22年「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(2013/10)
 ・昭和3X年「金田一耕助、パノラマ島へ行く」(2015/3, 本作)
 ・昭和39年「金田一耕助対明智小五郎」(2013/3)

江戸川乱歩『パノラマ島奇綺譚』を併読するのも一興かと思います(^^;)。

■ TVドラマ『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』(2014/9/29放映)を見る
  芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび』(角川文庫よ5-202), 2014/9/25, 本体560円) 山下智久・伊藤英明ダブル主演のTVドラマ『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』(芦辺拓作「金田一耕助VS明智小五郎ふたたび」, フジテレビ系)が、2014年9月29日に放映されました。DVD発売(2015/4/24)を機に、見忘れていたことを思い出し、ようやく観ることができました(^^;)。
 ・放送日時 : 2014年9月29日(月) 21:00〜23:09

◆主要キャスト
  金田一耕助  山下智久
  明智小五郎  伊藤英明
  柳條 星子   剛力彩芽  他

フジテレビと言えば、稲垣吾郎・金田一ドラマの続編やDVD化はないのでしょうか?

■ 芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび』(角川文庫よ5-202)刊行
  芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび』(角川文庫よ5-202), 2014/9/25, 本体560円) 2014年9月25日付けで、芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび』(角川文庫よ5-202)が刊行されました。カバーイラストは杉本一文氏の画です。また「よ5」という文庫No.は、前作同様横溝正史文庫のナンバーを踏襲しており「202」となっていますが、「200」まで横溝文庫がラインナップされる日が来ることを祈念したいところです(^^;)。

ちなみに帯には、次のように記されています。
 ドラマ化原作!今秋フジテレビ系にて放送決定!
 出演 山下智久(金田一耕助)、伊藤英明(明智小五郎)、剛力彩芽ほか

文庫巻頭には、前作と同様に次のように記されています。
本書に、わが国を代表する二大名探偵を起用するに際しましては、横溝亮一先生、平井隆太郎先生よりご快諾を頂戴いたしました。ここに記して、心より御礼申し上げる次第です。

収録内容は、次の通り。
 「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」
 「金田一耕助 meets ミスター・モト」
 「探偵、魔都に集う――明智小五郎対金田一耕助」
 「物語を継ぐもの」
 「瞳の中の女異聞――森江春策からのオマージュ」
  あとがき――あるいは好事家のためのノート

カバー裏には、次のように作品が紹介されている。
ニューギニアから復員してきた金田一耕助の探偵事務所に、没落の一途を辿る名門・柳條家の息子月光が相談にやってきた。金田一は柳條家の没落を願う者が集うと言われ銀座のレストランに招待されたが、何事も起こらない。だが、月光は何者かに殺害され、金田一は等々力警部により現場に連行されてしまう。巧妙に仕組まれた罠と幾重にもはりめぐらされた謎。金田一耕助と明智小五郎、日本を代表する二大名探偵が、難事件に迫る。

『小説 野性時代』に2014/7-8と連載された、「探偵、魔都に集う――明智小五郎対金田一耕助」が早くも文庫収録となりました。良質のパスティシュで、喉の渇きを潤すことができるようになったことは、嬉しい限りである。横溝正史による新作(未収録作品や未発表作品)の刊行が、途切れて久しい今日この頃。この横溝枯れに、一矢を報いるものは登場するのだろうか。

関連ページ:
 ・芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201)刊行

■ E.D.ビガーズ『鍵のない家』(チャーリー・チャンもの)完訳版(論創社)刊行
  『鍵のない家』(E.D.ビガーズ, 林たみお訳, 論創社, 2014/8) 2014/8/25付で、E.D.ビガーズ作「チャーリー・チャン」ものの『鍵のない家』(論創社)の新訳本が刊行されている。 "The House Without a Key"の完訳版である。

『チャーリー・チャン最後の事件』 (Keeper of the Keys, 2008)と、『黒い駱駝』 (The Black Camel, 2013)という、全6作ある「チャーリー・チャン」シリーズのうち2作品が、近年新訳で刊行されたのは、横溝正史絡みだったこともあり、記憶に新しい。その第3弾となる本訳は、その「チャーリー・チャン」初登場の第1作にあたる。

チャーリー・チャンは、その探偵法を初登場の本作で次の通り語っている。
「本の中では指紋やその他の科学的方法は役に立ちますが、現実の捜査ではそうでもありません。私の経験は、人々を人間として深い考察の対象にすべしと命じます。人間の激しい心の動きを。殺人の背後にあるもの、それは何か? 憎悪、復讐、ロ封じ、あるいは金銭。人々を人間としてつねに研究するのです」 (第10章, p.158)

これは、金田一耕助の一連の探偵法に近しいものと感じるのは、私だけだろうか。 金田一耕助も初登場作品『本陣殺人事件』なかで、自身の探偵法をこう語っている。
「足跡の捜索や、指紋の検出は、警察の方にやって貰います。私はそれから得た結果を、論理的に分類総合していって、最後に推断を下すのです。これが私の探偵方法であります」 (角川文庫改版『本陣殺人事件』 p.83)

リップサービスかもしれないが、横溝正史は小林信彦との対談の中で、 サンフランシスコで、チャーリー・チャンと金田一耕助との共演をほのめかしている。 ビガーズの「チャーリー・チャン」作品について、どうやら横溝正史はよく知っていたようである。
小林 二十代前半で、サンフランシスコで、麻薬中毒の身でありながら事件を解決した過去がある。サンフランシスコのその殺人事件というの、こんどお書きになったらどうですか……。(笑) これはいいですよ、チャイナ・タウンもありますしね。
横溝 チャーリー・チャンと協力するか。(笑)
横溝正史の秘密「自作を語る」の「金田一耕助の創造」
(野性時代, 1975/12, 角川文庫『横溝正史読本』収録)

『横溝正史旧蔵資料 世田谷文学館資料目録1』(2004/3)を紐解くと、E.D.ビガーズ作品として、『観光船殺人事件/観光団殺人事件』ならびに『消ゆる女/カーテンの彼方』が、横溝正史の蔵書としてリストアップされている。残念ながら、『鍵のない家』の記載は見当たらないようだが、おそらく横溝正史が本作も読んだであろうことは上記対談内容からも想像に難くない(と信じる)。以前紹介した『黒い駱駝』の、抄訳が掲載された『別冊宝石』45号(世界探偵小説全集11 E.D.ビガーズ篇, 昭和30年2月)には、この『鍵のない家』の翻訳も収録されており、もしやと想像を掻き立てる。

「チャーリー・チャン」シリーズ残り3作品についても、新訳で刊行してほしいと願うのは私だけではあるまい。既刊本は、品切れ・絶版状態になって久しい。復刊もいいが、新訳で読みたいところ。ちなみに『鍵のない家』は、電子書籍版(Kindle,2013)も新訳で刊行されている。『鍵のない家』の新訳読み比べも、一興かと思う。このように、近年E.D.ビガーズの新訳作品が読むことが可能となってきており、個人的にはうれしい限りである。ちなみに、「チャーリー・チャン」シリーズには、以下の6作品がある。
 1)The House without a Key 鍵のない家 (新訳あり)
 2)The Chinese Parrot シナの鸚鵡
 3)Behind the Curtain 消ゆる女/カーテンの彼方 (チャーリー・チャンの追跡)
 4)The Black Camel 黒い駱駝 (新訳あり)
 5)Charlie Chan Carries on 観光船殺人事件/観光団殺人事件
   (チャーリー・チャンの活躍)
 6)Keeper of the Keys チャーリー・チャン最後の事件 (新訳あり)

今後、横溝正史にゆかりのある作家・作品について、鋭意取り上げていきたいと思う。

E.D.ビガーズ『鍵のない家』について、横溝正史が語っている文献をご存知の方、
是非ともご教示ください(^^;)。
関連ページ:
 ・横溝正史絶賛の探偵小説『黒い駱駝』完訳版(E.D.ビガーズ, 論創社)刊行

■ あの頃映画サントラシリーズ『八つ墓村』(1977年公開作品) CD発売!
  2014/7/23付で、あの頃映画サントラシリーズ『八つ墓村』CD(音楽 作曲・指揮:芥川也寸志)が、発売されました。帯には、次のように記されている。
 初商品化音源!完全収録盤!
 映画用マスターテープから映画での使用順に収録するアルバムが初登場!

 『砂の器』のスタッフが再結集して1975年から制作が始まり、1977年に公開された映画『八つ墓村』。
 映画に実際に使われた音楽を収録したマスターテープから史上初のアルバム化です!ボーナストラックとして、予告篇で使われたシングル・レコード音源、過去に発売されていたサウンドトラック・アルバムの収録曲からもメイン曲、明らかに映画用と異なる曲を選んで比較観賞用収録するなど、決定盤がついに登場!あなたの金田一耕助映画のライブラリーに加えてください!


 
松竹映画『八つ墓村』オリジナル・サウンドトラック, サウンドトラック・リスナーズ・コミュニケーションズ, 1996/1/24) 松竹映画『八つ墓村』オリジナル・サウンドトラック, カルチュア・パブリッシャーズ, 2001/9/27) あの頃映画サントラシリーズ『八つ墓村』, SHOCHIKU RECORDS, 2014/7/23)
1996年版2001年版2014年版
 
ライナーノートの「このCDについて」には、次のように記されている。
 過去に発売されたアルバムのCDが2014年現在は入手困難ですので、今回の企画当初はそれを解消しようと、アルバムの収録曲に、過去未収録だった楽曲を追加する方法を考えました。しかし、映画本編と音楽を聴き比べながらの制作作業を進めるうちに方向転換しました。映画用のマスターテープには、映像の中で使われた全曲がありますので、こちらを余すことなく収録することにしました。

また「収録楽曲とその使用場面紹介」では、DVDでの映画本編開始から何分ぐらいのところにその音楽が出てくるかが記されていて、分かりやすい。この解説を読んで、既発売のサントラ盤と映画で実際に使用された楽曲が、かなり異なっていることに驚きました。サイト更新作業時に、今までは既発売サントラCDや組曲「八つ墓村」(甲田潤編)CDを聞いていたのですが、今後はこのCDを聞くことになりそうです。今もこのCDを聞きながら作業をしています(^^;)。ちなみにこのCDジャケットの裏は、安心して見ることができます(1996年版の方は、チョッと怖いです)。

  関連ページ:
 ・横溝考古学・事始め(38) メディアミックス横溝ブーム 映画編
 ・横溝考古学・事始め(38) メディアミックス横溝ブーム サウンドトラック編

■ 「探偵、魔都に集う」が『小説 野性時代』2014/7-8月号に集中掲載
  『小説 野性時代』2014年7-8月号に、集中掲載として、芦辺拓「探偵、魔都に集う 明智小五郎対金田一耕助」(前後篇)が掲載されている。
前篇タイトルページ(2014/7, p.94)には、次のように記されている。
 前線で負傷し、上海に送られた金田一耕助。
 一冊の探偵小説が彼を租界の迷宮に誘い込む。
 大好評シリーズ最新作!

また、後篇タイトルページ(2014/8, p.214)には、次のように記されている。
 めくるめく一夜の代償は、無惨な首なし死体。
 捕らわれた金田一耕助を救ったのはあの男だった。
 いよいよ名探偵二人による推理対決が始まる!

年代設定順から言うと、明智VS金田一作品4作中の2作目となった本作。『獄門島』に記された「最初の二年間かれは大陸にいた」頃の、エピソードになるのでしょうか。
 ・昭和12年「明智小五郎対金田一耕助」(2002/12)
 ・昭和16年「探偵、魔都に集う 明智小五郎対金田一耕助」(2014/7, 本作)
 ・昭和22年「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(2013/10, 本作)
 ・昭和39年「金田一耕助対明智小五郎」(2013/3)

魔都・上海には、今から20数年前の1993-94年にかけて、数度出張で訪れたことがある。 外灘(Wai Tan, The Bund)や和平飯店を訪れた頃に、思いを馳せた次第(^^;)。

■ カドフェス2014(発見! 角川文庫の夏)に、『八つ墓村』
  カドフェス2014(発見! 角川文庫の夏)に、『八つ墓村』 カドフェス2014(発見! 角川文庫の夏)の冊子、p.48「ミステリー&サスペンス」の項に、 『八つ墓村』が掲載されています。ちなみに2013年は、『獄門島』でした。
名探偵・金田一耕助が怪事件に挑む。現代ミステリ小説の礎!と、銘打たれています。

冊子に記されている内容は、以下の通り。
よ5-1 八つ墓村
横溝正史 よこみぞせいし
 鳥取と岡山の県境に位置する八つ墓村。大正時代、旧家の当主が32人を殺す事件が起きたこの村で、またもや連続殺人事件が発生。これはその昔村人の裏切りで惨殺された武者たちの祟りなのか―。複雑にからみあう血縁にまつわる連続殺人事件の真相に、名探偵・金田一耕助の推理が迫る。

角川文庫『八つ墓村』カドフェス2014 「カドフェス2014」限定なのか不明ですが、角川文庫『八つ墓村』の表紙カバーが、カバーイラスト/Foopai, カバーデザイン/西村弘美 に衣替えとなっています。つられて購入しまいました(^^;)。これを機に、扶桑社文庫『横溝正史翻訳コレクション 鐘乳洞殺人事件/二輪馬車の秘密』(2006)と合わせ、『八つ墓村』を再読してみようと思います。今まで見落としていた、新たなる発見があるかもしれません。



■ 「読書日和」(2014/6, 丸善津田沼店的フリペ)で、『夜歩く』が紹介!
  チョッとローカルネタで申し訳ありませんが、丸善書店津田沼店の有志スタッフが、毎月発行している「読書日和」というフリーペーパー(2014/6)で、横溝正史『夜歩く』が紹介されている。実は私は、編集スタッフのお一人である沢田史郎氏が、丸善ラゾーナ川崎店に勤務されていた頃に発行されていたフリペ時代からファンの一人です(^^;)。津田沼店に移られてからも、ラゾーナ川崎店には津田沼店のフリペ「読書日和」も置いてありまして、新号が出るたびにゲットしている次第です。

その「読書日和」で、『夜歩く』は次のように紹介されています。
もちろんわたしがご紹介するまでもなく、超有名な横溝正史金田一シリーズの一作なのですが、この作品は『八つ墓村』や『犬神家の一族』と比べると、ややマイナーな作品なのではないでしょうか、、、。
たしかに! より変態度が増しております。これはどうしたって最後に注意書きが必要なやつでしょう。作中不適切と思われる描写がありますがうんぬんかんぬん…ていう。
(略)
最後まで読んで、いやぁ〜圧巻ですよ。トリックそのものはもしかしたら見破れるかもしれないけど、(わたしは無理でした!)ディテールが濃すぎて夜の深い闇がすぐ鼻先までおりてくるよう。
本当の意味で鳥肌が立つってこういうことか、、、。

丸善書店津田沼店「読書日和」とラゾーナ川崎店「本屋のすすめ」で、横溝正史著作や関連書籍を数多く紹介していただきたいものです。

  関連ページ:
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史
   (133) 『読み出したら止まらない! 国内ミステリー マストリード100』

■ 小説 野性時代 第128号(2014/7)に、特集「保存版 永遠の横溝正史」
  2014/6/12付で、KADOKAWA(角川書店)より、小説 野性時代 第128号(2014/7) が刊行されました。特集「保存版 永遠の横溝正史」が編まれています。特集巻頭見開きには、次のように記されています。
  日本探偵小説界を切り開き、その後の創作者たちに
  大きな影響を与えた作家・横溝正史。
  惜しまれつつ亡くなってから三十余年が過ぎた今でも、
  氏の生み出した「名探偵・金田一耕助」は生き続けています。
  土俗的因習に潜む恐怖、驚愕のロジック、鮮烈なキャラクター……。
  日本中の人々を夢中にさせた、その魅力の源泉に迫ります。


この特集に掲載された"生原稿「鬼火」解説"(日下三蔵)に、「鬼火」が複数バージョンに至った経緯が解説されされています。今回の「鬼火」オリジナル版は、長男の横溝亮一氏の手元に残っていた生原稿版「鬼火」で、400字詰め原稿用紙156枚分とのこと。「鬼火」掲載の扉ページは、杉本一文氏によるイラストとなっています。そのページに次の通り記されています。
 正史が肺結核の療養中に、復帰作として日に数枚ずつ書きあげた傑作を、
 検閲や後の加筆修正が入る以前の、生原稿版でお送りします。



特集目次は、下記の通り。

特集「保存版 永遠の横溝正史」, p.12
  日本的な因習の深い世界に本格ミステリの技法を持ち込み、一大潮流を
  つくった作家・横溝正史。その歴史を繙きながら知られざる魅力を検証します。
横溝正史年譜, p.14
対談 綾辻行人 vs. 道尾秀介, p.16
  横溝派と金田一派、読んでから派と見てから派
随筆 「恩人 横溝正史」 西村賢太, p.24
横溝正史主要作品ガイド 日下三蔵, p.26
ゆかりの地を歩く, p.34
 山梨(1)横溝正史館, 山梨(2)根津記念館, 岡山・倉敷市 横溝正史疎開宅
映画の中の金田一耕助, p.36
生原稿「鬼火」解説 日下三蔵, p.40
横溝正史 鬼火 オリジナル版, p.44
  イラスト:杉本一文, 原稿提供:横溝亮一

集中掲載
  芦辺拓 探偵、魔都に集う―明智小五郎対金田一耕助(前篇), p.94
特別読切 横溝正史ミステリ大賞受賞作家競作
  柴田よしき ランチタイムの憂鬱, p.116
  山田宗樹 代体, p.134
  川崎草志 ナイトウォッチ, p.152
  初野晴 チェリーニの祝宴, p.172
  長沢樹 Helpless, p.198

「鬼火」の生原稿が残っていたことに、まず驚かされました。掲載された「鬼火」は、まさに「鬼火」オリジナル版です。欲を言えば、この「鬼火」生原稿の写版をそのまま刊行してほしいと願うのは、私だけだろうか。

  関連ページ:
 ・横溝考古学・事始め (83) 悲運の「鬼火」 - 淋しさの極みに立ちて -
 ・見てから読むか、読んでから見るか・横溝作品へのアプローチ
   『鬼火』深讎綿々たる  - 「寒そうな縮緬皺を刻んだ湖水」の滸 -

■ イラストレーター杉本一文が描く 横溝正史の世界@山梨市 根津記念館
  『イラストレーター杉本一文が描く 横溝正史の世界 図録』 山梨市 根津記念館にて、根津記念館横溝正史館合同企画展「イラストレーター杉本一文が描く横溝正史の世界」が開催されている。'12年に東京堂ホールで開催された、「往年の名作カバーが蘇る!≪杉本一文原画展≫」は観覧できたのですが、この企画展の方は都合により、観覧できそうになく残念(^^;)。

ただし、この企画展の図録を入手できましたので、ほぼ週刊・本棚から横溝正史で、紹介させていただきました。企画展の図録という形で、横溝文庫の杉本一文表紙カバー画集が刊行されることになるとは、夢にも思いませんでした。企画展の開催データは、次の通り。

 [開催日時] 2014年4月26日〜6月29日
 [開催場所] 山梨市 根津記念館 展示棟「八蔵」内
 [特別トークイベント] 6/1(日) 13:30〜 ゲスト:杉本一文他

  関連ページ:
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史
   (145) イラストレーター杉本一文が描く 横溝正史の世界 図録

■ 小説 野性時代 第128号(2014/6/12)に、「鬼火」オリジナル版収録!
  『小説 野性時代 第128号』予告(2014/5/15追記) 角川書店のサイトに、2014/6/12発売予定の、小説 野性時代 第128号 の予告が掲載されています(as of 2014/4/30)。「保存版 永遠の横溝正史」という特集が組まれるようです(2014/5/15追記)。

日本的な因習の深い世界に本格ミステリの技法を持ち込み、一大潮流を築いた作家・横溝正史。その歴史を紐解きながら知られざる魅力を検証します。貴重な「鬼火」オリジナル版も収録。

「鬼火」には、流布版、桃源社版、全集版、創元推理文庫版と、複数のテキストが存在します(出版芸術社『ふしぎ文学館 鬼火』(1993/10)の編集部あとがき)。つまり、角川文庫旧版(緑304)『鬼火』or『蔵の中・鬼火』(1975/8)や、現行文庫の創元推理文庫版『日本探偵小説全集9 横溝正史集』(1986/1)収録の「鬼火」は、改訂版でなのです。今回収録予定の「鬼火」オリジナル版は、掲載号の雑誌『新青年』無削除版のテキストと思われる。実は、無削除版「鬼火」は講談社『新版横溝正史全集2 白蝋変化』(1975/6)に収録されているが、今は絶版本である。いずれにせよ、「小説 野性時代 第128号」の発売を期待したい。

  関連ページ:
 ・見てから読むか、読んでから見るか・横溝作品へのアプローチ
   『鬼火』深讎綿々たる  - 「寒そうな縮緬皺を刻んだ湖水」の滸 -

■ 『名探偵登場!』(講談社,2014/4/22)に、辻真先「銀座某重大事件」収録
  『名探偵登場!』(講談社, 2014/4/22, 本体:1,800円) 2014/4/22付で、講談社より『名探偵登場!』が刊行されました。この本は、先日当サイトで紹介させていただきました、雑誌『群像』2013年12月号の、アンソロジー「名探偵登場」という特集の単行本化になります。

本書巻末にある、中条省平「解説 名探偵の登場が推理小説を生んだ」(p.321-322)には、辻真先「銀座某重大事件」について、こう記されています。
アニメ・特撮脚本の大御所にして推理小説界のベテランである辻真先の「銀座某重大事件」は、横溝正史の作りだした金田一耕助を登場させますが、同時に、辻真先自身が金田一耕助を客演させるかたちで書いた少年探偵・那珂一兵もの『怪盗天空に消ゆ』の後日談ともいえる作品です。太平洋戦争開戦前の東京・銀座を舞台に、小林多喜二虐殺などの現実の事件を交えて時代の空気を活写し、アメリカから帰国して『本陣殺人事件』に手を染める直前の金田一耕助外伝とするあたり、まことに堂々たる名人芸です。

『怪盗天空に消ゆ』の設定年代は、金田一耕助が郷里より上京し私大に通っていた頃の昭和7年でした。「銀座某重大事件」の方はというと、その5年後で、金田一耕助がアメリカ放浪から帰国後の昭和12年となっています。残念ながら、『怪盗天空に消ゆ』は絶版状態なので、興味のある方は古本にあたっていただくことになります(^^;)。

辻真先『犬墓島−迷犬ルパン・スペシャル』(光文社文庫, 1984/10) 横溝正史関連でいえば、辻真先には、『獄門島』『本陣殺人事件』『蝶々殺人事件』といった横溝作品のパロディ満載の作品『犬墓島−迷犬ルパン・スペシャル』(光文社文庫, 1984/10)がある。各章のタイトルまで、『獄門島』の章タイトルをもじっています。『怪盗天空に消ゆ〜幻説銀座八丁〜』と同様に『犬墓島』も絶版状態なのですが、こちらは電子書籍版があるようです。

  関連ページ:
 ・雑誌『群像』2013年12月号に、辻真先「銀座某重大事件」掲載

■ 雑誌『群像』2013年12月号に、辻真先「銀座某重大事件」掲載
  雑誌『群像』2013年12月号 本サイトでの紹介が遅れましたが、 2013/12/1付刊行、雑誌『群像』2013年12月号の、アンソロジー「名探偵登場」という特集に、辻真先「銀座某重大事件」という短編が掲載されています。実は辻真先には、『怪盗天空に消ゆ〜幻説銀座八丁〜』(徳間オーノベルス,1994/3)という長編があり、「銀座某重大事件」はその5年後という設定となっています。

なぜ辻真先作品を本サイトで紹介しているのかというと、どちらの作品にも「金田一耕助」が登場する、いわゆる金田一パスティシュ作品だからなのです。

『怪盗天空に消ゆ〜幻説銀座八丁〜』(徳間オーノベルス, 1994/3) 『怪盗天空に消ゆ』の設定年代は、金田一耕助が郷里より上京し私大に通っていた頃の昭和7年でした。「銀座某重大事件」の方はというと、金田一耕助がアメリカ放浪から帰国後の昭和12年となっています。

「銀座某重大事件」に、 実はぼくも久保さんという人の援助を受けて、探偵事務所を開いたところなんだ とあります。また『怪盗天空に消ゆ』については、 渡米直前の耕助が巻き込まれ、当時カフェの使い走りだった一兵少年とともに解決にあたった"銀座男爵"事件 と、紹介されています。「銀座某重大事件」は、『本陣殺人事件』で語られる「某重大事件」のことのようです。横溝正史の金田一耕助と、辻真先の那珂一兵の、夢の共演第二章。ファンには嬉しい設定です。

『本陣殺人事件』(角川文庫, p.83)
 東京における金田一耕助の探偵事務所は、はじめのうちはむろん、商売にもならないらしかった。銀造のもとへおりおりよこす近況報告にしても、門前雀羅、事務所には閑古鳥啼き、主人公はあくびを噛み殺して、探偵小説ばかり読んでいる。というような、真面目なのか、ふざけているのかわからないようなのが多かったそうである。  ところが半年ほど経つうちに、手紙の調子がしだいに変わって来たかと思うと、ある朝、思いがけなく耕助の写真が大きく新聞に出ているのを発見して銀造は驚いた。何をやらかしたのかと思って読んでみると、その頃全国を騒がせていた某重大事件を見事解決した殊勲者として、新聞が大々的に提灯を持っているのであった。

  関連ページ:
 ・寡黙なるエピソードたちEpisode 1 (3) 金田一耕助、若き日の冒険
 ・横溝考古学・事始め(7) 別作家による金田一耕助

■ センチメンタル・シティ・ロマンス『金田一耕助の冒険』Blu-spec CD
  2014/3/5付で、センチメンタル・シティ・ロマンス『金田一耕助の冒険』 Blu-spec CDが、18年の時を経て、再発売されました。帯には、次のように記されている。
映画のサウンドトラックの形態をとりながら、より自由に実験的に作られ、その後のバンドの表現の幅を広げるきっかけとなった重要作。ロック・ファンからも、サントラ・ファンからも評価が高く、和田誠のイラストを使ったジャケットも秀逸な人気盤。アルバムにもシングルにも未収録だった「金田一耕助の冒険・青春編」のインスト・ヴァージョンをボーナス・トラックとして蔵出し収録。
 
1996年版2014年版
角川映画オリジナル・サウンドトラック『金田一耕助の冒険』, センチメンタル・シティ・ロマンス, 日本コロムビア, 1996/4/20, 本体:2,427円)センチメンタル・シティ・ロマンス『金田一耕助の冒険』Blu-spec CD, 日本コロムビア, 2014/3/5, 本体:2,200円)
 
旧盤(1996年)の早川優による解説には、次のように記されている。
そしてラストは、メインテーマ「金田一耕助のテーマ:青春編」。エンディングのローリングタイトルのほか、金田一とマリアの富士急ハイランドのデートシーンに使用。予告編に使われたのもこの曲だった。このアルバムには未収録だが、映画中では本曲の様々な変奏曲が使われている。中でも、老人ホームで歌われる女性コーラス・ヴァージョンと、金田一の推理シーンのロック・バラード(「人間の証明のテーマ」の流用を挟み、「11時のシンデレラ」とメドレーで奏される構成は絶品!未収録は惜しすぎる!)、そして、ラスト前のオーケストラ・ヴァージョンは極めて印象的であり、今後機会があればCD化したいものである。

これを知っていたので、今回のBlu-spec CDのボーナストラックに期待したのですが、いわゆる"カラオケ"ヴァージョンの収録のみに留まってしまったのは、とても残念です。チョッとだけ、期待したのは私だけだったのでしょうか。まあ、『金田一耕助の冒険』DVDを見ればいいわけではありますが…。

  関連ページ:
 ・横溝考古学・事始め(38) メディアミックス横溝ブーム 映画編
 ・横溝考古学・事始め(38) メディアミックス横溝ブーム サウンドトラック編

■ 横溝正史先生 生誕地碑建立9周年記念イベント('13/11/16)へ
  アップがかなり遅れました(^^;)。実はこのイベント参加後の、昨年11月下旬より実質歩けなくなり、サイト更新どころではなくなっていました。それはさておき、

横溝正史先生 生誕地碑建立9周年記念イベントのお知らせ(はがき) 2013/11/16に催された、「横溝正史先生 生誕地碑建立9周年記念イベント」に、実は参加していました。神戸探偵小説愛好會の野村恒彦氏より、毎年イベント開催のはがきを頂いていながら、今まで一度も足を運んだことがありませんでした。しかしながら、昨年2013年のイベントには、開催日が日曜だったことが幸いし、出張先(岡山県内)から遠征することが叶いました。

イベント内容は、推理小説作家・綾辻行人氏の「横溝正史と私」という講演でした。「骨格として、謎と論理に浪漫があるのが、横溝正史の強み」という話が、特に印象に残っています。

横溝正史 生誕地碑, 2013/11/16撮影, 神戸市中央区東川崎町 東川崎公園 イベントの前に、東川崎公園にある、「横溝正史 生誕地碑」にも行くことが叶いました。 生誕地碑の解説プレートに、そのデザイン意図が記されていました。
「2つのメビウスの輪がつながった形は、複雑に絡み合った難事件が、名探偵により、見事に解決されていく"横溝文学"にイメージを得た。この輪は動的であるが、それを載せた立方体は重く、安定して静寂である。この安定は記念碑が変わることなく、永久にこの地に存在し続ける意志の表現であり、同時に、神戸市の市章が、ふたつの輪が重なってできていることも考慮に入れた」

なお、この解説プレート「横溝正史 生誕の地碑について」は、ほぼ週刊・本棚から横溝正史で紹介した、『探偵小説の街・神戸』(野村恒彦, エレガントライフ, 2013/10)第六章 神戸探偵小説愛好會(p.128)に、その全文が掲載されています。

サイト更新停滞の言い訳の下の方に、ドキュメント:「腰椎後方除圧椎体間固定」手術で入院 2014を、公開しました。横溝正史とは全く無関係です(^^;)。サイト更新が停滞していたころ、私の身に何が起きていたか、興味ある方はどうぞ。

関連ページ:
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史(134)『探偵小説の街・神戸』
 ・横溝考古学・事始め(61) メビウスの輪 in 神戸
 ・横溝正史アーカイブス(144)横溝正史生誕の地記念碑 除幕

■ 「横溝」文庫の整理学 横溝作品収録文庫補遺
  本来なら、『「横溝」文庫の整理学』の項目に分類すべきところですが、 そちらの更新を全く行っていないので、News&Topicsで、まず紹介しておきたいと思う。

「退院後はリハビリとして、とにかく歩くように」と、医師から言われたこともあり、 近隣の古本屋を、散歩がてら歩いて巡った。今日はこの古本屋まで、明日はちょっと 遠くのあの古本屋までと、日々歩く距離を伸ばしながら、古本屋巡りを兼ねた リハビリとなりました。その際、横溝作品収録文庫をいくつか見つけたので、 紹介します。ご存じの情報かもしれませんが、当サイトでは初めての紹介となる文庫たちです(^^;)。


■『江戸川乱歩と13人の新青年<文学派>編』, 光文社文庫
 ミステリー文学資料館編, 光文社, 2008/5/20, 本体686円
  収録内容・作品
   B 怪奇派
   「面影双紙」 横溝正史, p.261-285
    横溝正史 江戸川乱歩「日本の探偵小説」, p.262
    (「日本の探偵小説」での乱歩による作家と作品紹介該当箇所
  → 角川文庫旧版 緑304-21 『鬼火』『蔵の中・鬼火』収録

■『探偵小説の風景 - トラフィック・コレクション(上)』, 光文社文庫
 ミステリー文学資料館編, 光文社, 2009/5/20, 本体648円
  収録内容・作品
   「首吊舟」 横溝正史, p.279-358
  → 角川文庫旧版 緑304-51 『憑かれた女』収録(由利・三津木もの)

■『悪魔黙示録「新青年」一九三八 - 探偵小説暗黒の時代へ』, 光文社文庫
 ミステリー文学資料館編, 光文社, 2011/8/20, 本体686円
  収録内容・作品
   「一週間」 横溝正史, p.241-276
   (月刊誌『新青年』1938年掲載作からセレクトされたアンソロジー)
  → 角川文庫旧版 緑304-57 『悪魔の家』収録
  帯:戦争と探偵小説 その危うい関係
    時代の闇に埋もれた傑作を掘り起こす画期的アンソロジー

■『リテラリーゴシック・イン・ジャパン - 文学的ゴシック作品選』, ちくま文庫
 高原英理編, 筑摩書房, 2014/1/10, 本体1600円
  収録内容・作品
   2. 戦前ミステリの達成
    「かいやぐら物語」 横溝正史, p.49-67
  → 角川文庫旧版 緑304-21 『鬼火』『蔵の中・鬼火』収録
  帯:残酷で、崇高。野蛮で、哀切。−今見出される不穏の文学。

一冊丸ごと横溝作品の文庫が、新刊として刊行されることがほとんどないのは、 残念なことです。今回紹介したものは、アンソロジーの一編として、横溝正史短編作品が収録された文庫ばかりです。この他にも、下記文庫も見つけたのですが、帰宅後チェックしてみると、当サイトですでに紹介済みでした(^^;)。

□『乱歩の選んだベスト・ホラー』(ちくま文庫,森・野村編,2000/3)
  横溝訳, W.L.アルデン「専売特許大統領」
□『マイ・ベスト・ミステリー V』(文春文庫, 日本推理作家協会編, 2007/11)
  (親本:『推理作家になりたくて 第5巻 鍵 マイベストミステリー』, 2004/2)
  泡坂妻夫の「最も好きな他人の短編」として、横溝正史「探偵小説」を収録。
□『マイ・ベスト・ミステリー VI』(文春文庫, 日本推理作家協会編, 2007/12)
 (親本:『推理作家になりたくて 第6巻 謎 マイベストミステリー』, 2004/4)
  横溝正史「神楽太夫」
  「谷崎先生と日本探偵小説」(『谷崎潤一郎全集 第十巻』月報付録, 1959/5)
  「最も好きな他人の短編」として、谷崎潤一郎「秘密」を収録

まだまだ、調査漏れ・私の知らない横溝作品収録文庫はあると思われます。焦らず地道に、探求していきたいと思います。

  関連ページ:
 ・横溝正史アーカイブス文藝春秋『推理作家になりたくて』文庫化
 ・WANTED 横溝正史:(21)『喘ぎ泣く死美人』に続け!- 翻訳家・横溝正史 - ほか

■ 文春文庫版『東西ミステリーベスト100』(2012年版)刊行!
  2013/11/10付で、文春文庫版『東西ミステリーベスト100』が刊行されました。
2012/11発売の『東西ミステリーベスト100』(週刊文春臨時増刊2013/1/4号)の文庫版ですが、北村薫×折原一対談<わが青春の「東西ミステリー」完全版>が、同電子版より収追加録されています。前『東西ミステリーベスト100』(1986/12, 文春文庫)と同一タイトルからわかる通り、本邦随一のオールタイムベスト・四半世紀ぶりの大改訂版!になっています。

以前も記しましたが、総合ランキング 国内編に2013年版/1986年版ともに、横溝正史作品は下記の5作品がランクインしています。個人的には『蝶々殺人事件』が、新版ではランク外となったのが残念です(^^;)。
 
2013年版1986年版
『東西ミステリーベスト100』, 文藝春秋編, 文春文庫, 2013/11, 本体:660円)『東西ミステリーベスト100』, 文藝春秋編, 文春文庫, 1986/12)
   1位 : 獄門島   1位 : 獄門島
  10位 : 本陣殺人事件   7位 : 本陣殺人事件
  39位 : 犬神家の一族  42位 : 悪魔の手毬唄
  57位 : 八つ墓村  44位 : 八つ墓村
  75位 : 悪魔の手毬唄  69位 : 蝶々殺人事件

  関連ページ・サイト:
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!
 ・『獄門島』 本作を超えるミステリはない(^^;)。
 ・横溝正史作品ベスト10
 ・鬼想佛心 -横溝文庫たちへの熱き想い-オススメの横溝文庫はこれだ!
 ・原・「横溝」文庫の整理学 - 『ニッポン文庫大全』用原稿より -

■ 「恋するシルクハット」(八木正幸)を読む(『新青年』趣味 No.14)
  『新青年』趣味 第14号, 2013/10/31 2013/10/31付で発行された、『新青年』研究会会誌 『新青年』趣味 第14号に、「恋するシルクハット」(八木正幸)なる創作短編が収録されているのをご存じでしょうか。

本作では、横溝正史の博文館時代の盟友・渡辺温に、スポットが当てられています。渡辺温の実兄・渡辺啓助や、横溝正史のエッセイなどで語られたエピソードが、随所に散りばめられた内容となっています。このようにまとまった形で、今まで渡辺温について語られていないことが不思議でなりません。この物語を読み終えたとき、私は目頭が熱くなってしましました(^^;)。今後の更なる、渡辺温研究が待たれる。

関連ページ:
 ・横溝正史アーカイブス『アンドロギュノスの裔 渡辺温全集』(東京創元社)発売
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史渡辺啓助『鴉白書』(東京創元社)
  横溝考古学・事始め(18) (渡辺温+横溝正史)÷2=霧島クララ

■ 「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(後篇)が『小説 野性時代』11月号に
  2013/10/12付刊行『小説 野性時代』2013年11月号に、集中掲載(p.154-181)として、芦辺拓「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(後篇)が掲載されている。
タイトルページ(p.256)には、次のように記されている。
 ひとつの事件にふたりの探偵、そして第二の事件が……。
 今年ドラマ化された人気原作のシリーズ最新作!

年代設定から言うと、明智VS金田一作品3作中の2作目となった本作。少年探偵団の小林芳雄のみならず、御子柴進も登場します。
 ・昭和12年「明智小五郎対金田一耕助」(2002/12)
 ・昭和22年「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(2013/10, 本作)
 ・昭和39年「金田一耕助対明智小五郎」(2013/3)

「機会があれば、彼とはまた競い合ってみたいものだ−三たび、もっともっと謎めいて複雑怪奇で、そしてもう少しまともな事件で!」と。

これが、昭和39年「金田一耕助対明智小五郎」を指すのかどうかわかりませんが、さらなる続編を希望したいところです。個人的には、明智小五郎のみならず、金田一耕助と由利麟太郎・三津木俊助の直接対決も、読んでみたいと祈念する次第(^^;)。

■ 二松学舎大学企画展『近現代作家の筆跡』(2013/9/20-10/18)
  二松學舎大学企画展『近現代作家の筆跡』ポスター 二松學舎大学資料展示室にて、企画展『近現代作家の筆跡』を開催。 横溝正史をはじめ、近現代作家の直筆原稿, 書簡, 作品などが展示されています。 また、展示に伴い9/28(土)には、文学部山口直孝教授による「直筆原稿を読む愉しみ−横溝正史を中心に」の講演会が開催されました。残念ながら、講演会当日は別件があり聴講できませんでしたが、先日企画展を見学してきました。

 場所 二松學舎大学資料展示室(九段キャンパス2号館1F)
 期間 平成25年9月20日(金)〜10月18日(金)
 開館 月曜〜土曜 10時〜16時 日曜, 10/10休館 入場無料

二松學舎大学企画展『近現代作家の筆跡』冊子 展示No.1[石原慎太郎 草稿「プレイボーイ」]は衝撃的な筆跡。悲しいかな、私には判読不能の原稿でした(^^;)。
展示品を紹介した冊子によれば、この企画展は、いくつかの展示に分かれていたことが分かります。ミステリーの世界(1)〜(5)が、横溝正史関連の展示になっていました。

 1. 昭和生まれの作家・大正生まれの作家
 2. 大正生まれの作家・明治生まれの作家
 3. 明治生まれの作家
 4. 明治生まれの作家
 5. 明治生まれの作家・幕末生まれの作家
 6. ミステリーの世界(1) −横溝正史と江戸川乱歩
 7. ミステリーの世界(2) −戦前から戦後へ
 8. ミステリーの世界(3) −名作の生成過程
 9. ミステリーの世界(4) −地図が生む想像力
 10. ミステリーの世界(5) −完成原稿に残る痕跡

『横溝正史研究5』(戎光祥出版, 2013/3)で紹介された、幻の長編『雪割草』の草稿も展示されていました。この作品全篇が発見され、刊行されることを切望する次第。
 幻の長編
 44. 横溝正史 草稿「雪割草」
  本学のほか、世田谷文学館に所蔵あり。
(p.11)

関連ページ・サイト:
 ・学校法人二松學舍 大学資料展示室企画展9月・10月の企画展
  「近現代作家の筆跡」


■ TVドラマ『金田一耕助VS明智小五郎』(2013/9/23放映)を見る
  山下智久・伊藤英明ダブル主演のTVドラマ『金田一耕助VS明智小五郎』(芦辺拓作「明智小五郎対金田一耕助」, フジテレビ系)が、2013年9月23日に放映されました。
 ・放送日時 : 2013年9月23日(月) 21:00〜23:08

◆主要キャスト
  金田一耕助  山下智久
  明智小五郎  伊藤英明
  善池 初恵   武井咲  他

ドラマ中、下宿先で金田一の世話係(?)をしている女の子に見覚えがあると思っていたら、2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』で、新島八重の子供時代を演じた子役(鈴木梨央)さんだったんですね。

芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201), 2013/3/25, 本体667円) 芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201, 2013/3/25)巻末にある、「あとがき−あるいは好事家のためのノートRemix」には、次のように記されている。
「明智小五郎対金田一耕助」
 かくして、いつもにも増して趣味全開の作品となったわけなのですが、なんとこの中編は2013年に池上純哉氏の脚本、澤田鎌作氏の演出によりフジテレビ制作の「金田一耕助VS明智小五郎」としてテレビドラマ化されました。  金田一耕助に山下智久さん、明智小五郎に伊藤英明さんという豪華キャストで、原作をきわめて尊重したシナリオとあわせて、「えっ、いいの!?」と思いたくなるような内容でした。みなさんもごらんになれば、きっと楽しんでいただけると確信しています。

また、朝日新聞2013年9月23日朝刊テレビ欄のコラム「試写室」で、「駆け出し探偵の名推理?」の見出しとともに、このドラマが紹介されている。
多くの俳優が演じてきた名探偵・金田一といえば、フケをまき散らしながら頭をかきむしる姿が有名。だがこの金田一はシャンプーの香りが漂ってきそう。

本作の時代設定は昭和12年であり、金田一耕助満25歳頃=まさに駆け出し頃の事件ということになります。原作では、『本陣殺人事件』につながるエピソードが描かれているのですが、ドラマではカットされていました(^^;)。

芦辺拓には、金田一耕助と明智小五郎が登場する作品として、「金田一耕助対明智小五郎」「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(『小説 野性時代』連載中)があるので、山下智久・金田一と伊藤英明・明智のキャストで、ドラマ続編が制作されることを祈念したい。フジテレビと言えば、稲垣吾郎・金田一ドラマの続編はないのでしょうか?

■ 「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(前篇)が『小説 野性時代』10月号に
  2013/9/12付で刊行された、『小説 野性時代』2013年10月号に集中掲載(p.256-277)として、芦辺拓「明智小五郎対金田一耕助ふたたび」(前篇)が掲載されている。

タイトルページ(p.256)には、次のように記されている。
 敗戦で焦土と化した東京に、二人の名探偵が帰ってきた。
 前代未聞の探偵対決、勝利を手にするのはどちら!?

芦辺拓『明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II』(原書房, 2002/12) 昭和12年が舞台の前作「明智小五郎対金田一耕助」の初読は、2002年12月の単行本刊行時だった。二度目の対決となる本作は、前作から10年後の昭和22年。内容も忘れかけていることと、TVドラマの予習も兼ねて、まずは前作を読み、その後で本作を読んだ次第。p.277に、*後篇は次号に掲載予定です。とあるので、明智小五郎VS金田一耕助の二度目の対決解決編を、楽しみに待ちたいと思う。

またp.11の特報で、2013年9月23日(月)夜9:00〜11:08 フジテレビ系にて放送となる、 「金田一耕助VS明智小五郎」の宣伝広告と併せ、ドラマ原作の内容が次のよう掲載されている。こちらの方も、楽しみではある。
昭和12年、大阪。老舗薬種商の鴇屋蛟龍堂は、元祖と本家に分かれ睨み合うように建っていた。エスカレートする本家・元祖争いで起きた惨事が大事件に発展するなか、若き名探偵・金田一耕助は、トレードマークの雀の巣頭をかきむしりながら真相究明に挑む。もう一人の名探偵・明智小五郎も同時に到着して−!?

■ TVドラマ『明智小五郎VS金田一耕助』(2005/2/26放映)を見る
  芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201), 2013/3/25, 本体667円) 芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201, 2013/3/25)巻末にある、「あとがき−あるいは好事家のためのノートRemix」には、次のように記されている。

「金田一耕助対明智小五郎」
巻頭の「明智小五郎対金田一耕助」が「金田一耕助VS明智小五郎」としてテレビ化されるのを記念し、もともとこの作品が何の関係もない二時間ドラマ「明智小五郎VS金田一耕助」(そういう名前の探偵が出てくるだけの設定の現代ものだったようです)の原作とまちがえられて困っていたので、いっそう事態を混乱させようと「金田一耕助対明智小五郎」というタイトルの小説を書き下ろしで加えることにしました。

この「あとがき」で紹介されている、二時間ドラマ「明智小五郎VS金田一耕助」を、放映当時に録画したビデオテープを保存していたようで、2011年夏に部屋の大掃除をした際に発掘した。そのテープのパッケージに手書きで、「2005/2/26放送, TOKIO長瀬智也・金田一/松岡昌弘・明智」と、当時自分で記していたようである。ただその内容に記憶がないのと、芦辺拓原作のTVドラマ「金田一耕助VS明智小五郎」が2013年9月23日に放映されることもあり、このビデオテープの内容をHDDビデオレコーダに取り込み、BDに保存するため、再生しながら観た次第。タイトルは次の通りだった。
 土曜ワイド劇場 明智小五郎VS金田一耕助
 名探偵推理対決! 炎の不可能密室殺人トリック

さきの「あとがき」で、(そういう名前の探偵が出てくるだけの設定の現代ものだったようです)とある通り、次のようなテロップが表示された。
このドラマには、江戸川乱歩、横溝正史の作り出したキャラクターである、明智小五郎と金田一耕助が登場しますが、ストーリーは、新たにオリジナルで作ったものであり原作とは関係ありません。

確かに、江戸川乱歩、横溝正史ならびに芦辺拓の原作とは、全く関係のないオリジナルストーリーでした。ただ、松岡昌弘・長瀬智也・内山理名・財前直見・堀北真希らの他に、石坂浩二金田一映画でお馴染みの岸田今日子が登場するシーンもあり、今さらながらビックリしてしましました(^^;)。

■ 発見!角川文庫2013 夏の文庫フェアに、『獄門島』
  発見!角川文庫2013 夏の文庫フェアに、『獄門島』 発見!角川文庫2013 夏の文庫フェアの冊子、p.48「ミステリー&サスペンス」の項に、 『獄門島』が記載されています。2012年版『東西ミステリーベスト100』週刊文春臨時増刊2013/1/4号で、『獄門島』が1986年版に続き、総合ランキング国内編で第1位になったからでしょうか。 50年前からずっと国内ミステリーのベスト1!と、銘打たれています。

冊子に記されている内容は、以下の通り。
よ5-3 獄門島
横溝正史 よこみぞせいし
 獄門島ーー江戸時代は流刑の地であったこの島へ金田一耕助が渡ったのは、復員船で死んだ戦友に遺言を託されたためだった。「三人の妹たちが殺される……」。瀬戸内海に浮かぶ小島で金田一は、美しい三姉妹に会う。その後、遺言通り悪夢のような連続殺人事件が!ミステリーの金字塔!

角川文庫創刊65周年 65th 発見!角川文庫 Action! 夏の文庫フェア冊子が出る前に、「角川文庫創刊65周年 65th 発見!角川文庫 Action!」なる冊子が配布されており、高野和明氏が"「三つ首塔」の衝撃"という、短文を寄せている。その中で、中学二年の夏休み、大ブームとなっていた横溝正史の『金田一耕助シリーズ』を読み耽ったのは青春期の良い思い出だと、語られています。二十代後半、本屋で『三つ首塔』を購入し読み終わったとき、本棚にはもう一冊の…というエピソードは、秀逸でした(^^;)。

関連ページ・サイト:
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!
 ・『獄門島』 本作を超えるミステリはない(^^;)。
 ・『獄門島』 これぞ探偵小説の真髄(^^;)。

■ 「夢の浮橋」:時代小説アンソロジー『夏しぐれ』(角川文庫)に収録
  『夏しぐれ』(時代小説アンソロジー 縄田一男編,角川文庫,2013/7/25,本体514円) 2013/7/25付で刊行された、『時代小説アンソロジー 夏しぐれ』(角川文庫, 縄田一男・編)に、横溝正史『人形佐七捕物帳』から「夢の浮橋」の一編が収録されている。
帯には、次のようにある。ちなみに名手5人とは、平岩弓枝, 藤原緋沙子, 諸田玲子, 横溝正史, 柴田錬三郎である。
 江戸の夏の記憶。名手5人による豪華アンソロジー!
 人々の思いをのせ、季節はめぐる。

巻末解説では、本作を次のように紹介している。
この作品は「銀の簪」に次ぐ戦後の第二作で、佐七を手下としてつかっていた「神崎の旦那が幕府の改革で失脚してしまったために、しばらく十手捕縄を返上していた」佐七のもとに、ひまを出してあった辰五郎と豆六が戻ってくる佐七ファミリー、復活の物語でもある。

春陽文庫『坊主斬り貞宗』[人形佐七捕物帳全集(6)] 永代橋崩落に端を発した転落の物語「夢の浮橋」は、『講談雑誌』1946/4月号が初出で、本文庫にも記されている通り、春陽文庫『坊主斬り貞宗』[人形佐七捕物帳全集(6)]に、解説にも記されている「銀の簪」ともども収録されている。こんな小出しではなくて、ドーンと気前よく、完全版『人形佐七捕物帳』全集を出版していただける出版社はないものだろうか。



■ 私の1976年 石坂浩二 探り続けた「僕の金田一」(朝日新聞 2013/7/26夕)
  朝日新聞の2013/7/27夕刊の文化面で、石坂浩二が〈私の1976年 探り続けた「僕の金田一」〉の中で、市川崑監督の金田一シリーズについて回想されていました。

周囲からは、探偵の金田一耕助と僕とではイメージが違うと、かなり反対されました。横溝さんの小説は中学生の頃に読んでいて、生意気にも「乱歩の方が面白い」などと思っていました。(一部抜粋)

この記事には、本年3月に亡くなられた坂口良子との映画「犬神家の一族」での共演シーン写真が添えられている。つい懐かしくなったので、DVDで1976年版「犬神家の一族」を鑑賞したのは言うまでもない。

■ 「くたばれナイター」(新潮文庫『私の銀座』収録)なるエッセイ
  『私の銀座』(「銀座百点」編集部編,新潮文庫,2012/3/28,本体550円) ごく最近気づきました(^^;)。 2012/3/28付で刊行された『私の銀座』(新潮文庫,「銀座百点」編集部編)に、 6ページ分ですが、横溝正史のエッセイが収録されていることを。 本屋で、平積みになっていた文庫の表紙カバーに連なった執筆者名に、「横溝正史」を偶然見かけ、即購入した次第。

私は「銀座百点」なるタウン誌を知らないのですが、表紙カバー裏には、次のように記されています。
「銀座のかおりを届ける雑誌」として1955年に産声を上げた、日本初のタウン誌「銀座百点」。現在も発行され続けており、中でも各界著名人が筆を執った巻頭エッセイは妙味に富む。

文庫巻末の出展一覧によれば、横溝正史の「くたばれナイター」は、その「銀座百点」1976年8月号(No.261)に掲載とのこと。初出から37年を経て、文庫収録と相成ったようです。このようなエッセイの類は、未発掘のものがまだあるのではなかろうか。

横溝正史の「くたばれナイター」の内容は、右腕全体と右背部の著しい疲労・激痛とナイターとの関係についてであり、銀座とは無関係の短文になっている。文庫収録のそのほかのエッセイにも、銀座とは無関係のものも散見されるので、「銀座」絡みがMUSTではなかったようです。このエッセイによれば、1976年当時の横溝正史の執筆量は、半ペラ10枚/日がマキシマムだったようである。

横溝正史には、その名もずばりの「銀座小景 -或は、貧しきクリスマス・プレゼント」(『探偵趣味』1927/2, 『東京銀座ミステリー傑作選』(三好徹他,河出文庫1987/2)収録)なる、銀座に関するエッセイもある。

銀座百点銀座百店会 にはホームページがある。その「表紙ギャラリー」には、全ての「銀座百点」表紙絵が掲載されている。「くたばれナイター」掲載号(1976年8月号・No.261)の表紙も、閲覧できます。

■ 横溝正史絶賛の探偵小説『黒い駱駝』完訳版(E.D.ビガーズ, 論創社)刊行
  『黒い駱駝』(E.D.ビガーズ, 林たみお訳, 論創社, 2013/6) 2013/6/20付けで、論創社より『黒い駱駝』(E.D.ビガーズ, 林たみお訳, 論創海外ミステリ106)が刊行されました。実は『横溝正史研究5』(戎光祥出版, 2013/4)の巻頭カラー口絵「二松學舎大学所蔵 横溝正史旧蔵資料」で、「コノ辺ノウマサ感動ノ至リナリ」と横溝正史の原書への書き込み箇所を写真掲載された、"The BLACK CAMEL"の完訳版です。

帯には次のようにある。
  黒い駱駝に魅入られた者は誰だ!
  横溝正史絶賛の探偵小説、待望の完訳
  「コノ辺ノウマサ感動ノ至リナリ」
  チャーリー・チャンの大いなる苦悩

『横溝正史読本』(小林信彦編, 角川文庫, 2008/9復刊)に次の記述があり、個人的にはブーム当時から気になっていた作品の一つでした。
p.50
横溝 ぼくは乾君に訳してもらって『黒いらくだ』というの、のせてる。 ハリウッドの女優殺害事件から尾を引いたやつ。

『黒いらくだ』(The BLACK CAMEL)は、雑誌『新青年』昭和7年夏季増刊号・現代世界探偵小説傑作集(第13巻10号, 1932/8)に、乾信一郎の抄訳(*)があるだけで、横溝正史作品を研究する上でも、完訳版が待たれていた作品です。
 (*)乾版抄訳は、下記にも収録されています。
   ・黒白書房 世界探偵傑作叢書4 昭和10年10月
   ・『別冊宝石』45号, 世界探偵小説全集11 E.D.ビガーズ篇, 昭和30年2月

『横溝正史研究5』では、「コノ辺ノウマサ感動ノ至リナリ」のみならず座席表の書き込みも合わせて紹介されている。これら原書への書き込みは、『横溝正史読本』の『黒いらくだ』のくだりと、雑誌『新青年』(第13巻10号, 1932/8)のY記者(横溝正史)による「編集だより」の下記文章と合わせ、"The BLACK CAMEL"への横溝正史の称賛として窺い知ることができるのではなかろうか。
◇さて、この増刊であるが、先づ第一の呼物はビガーズの「黒い駱駝」である。この作者のプロットの組方の巧妙さには実際驚嘆に値するものがあるが、この小説に於いて、彼はその才能を極度に発揮している。舞台はホノルル、被害者は有名な映画女優だ。突如起こったこの女優の死をめぐって九人の嫌疑者が、アリバイを立証したかと思ふと、すぐにそれが破れ、敗れたかと思ふと更に又別のアリバイが成立する、といふ風に、息をもつがさぬ面白さでぐいぐいと読者を引張っていく。篇中、支那人探偵チャンとターネベロと称する疑問の占師との応酬には思はず手に汗を握らしむるものがある。近来の快作たることを失はない。自身をもって編集者はこの一篇を読者諸君に推薦する所以である。

ちなみに、『横溝正史研究5』で「コノ辺ノウマサ感動ノ至リナリ」と座席表の、横溝正史の原書への書き込み箇所が写真掲載された個所は、論創社版『黒い駱駝』の終盤となる「第23章 床は語る」の、p.359-360に相当する。この章のオリジナルタイトルは、写真から"FATEFUL CHAIR"だったことが分かる。物語はこの後、急展開する。

『黒い駱駝』の意味するものは、「第4章 門前の駱駝」に『死は、すべての家の門前にうずくまる、招かれざる黒い駱駝だ』っていう古い東洋の格言(p.65)と、あります。


『チャーリー・チャン最後の事件』(E.D.ビガーズ, 文月なな訳, 2008/11/25, 論創社, 論創海外ミステリ82) 同じく『横溝正史読本』で、横溝正史が何度も、E.D.ビガーズのチャーリー・チャン探偵もの「キーパー・オブ・ザ・キーズ」(Keeper of the Keys, 1932)について語っている。長編『仮面舞踏会』に、その人物相関と趣向を取り込んだ旨、語っている。この作品は、ブーム当時から長らく未訳状態だったが今では、 帯に「チャーリー・チャン 最後の未訳作 横溝正史も愛読した幻の作品」と銘打ち、その完訳版が、『チャーリー・チャン最後の事件』(文月なな訳, 2008/11/25, 論創社, 論創海外ミステリ82)という書名で刊行されている。
その巻末解説「アメリカ黄金時代「大衆派」本格の始祖」(浜田知明)は、ビガーズの作品リストと合わせ、一読の価値ありと思う。

■ NHKラジオアーカイブス「横溝正史」第2回('13/4/29)放送!
  NHKラジオ第2 カルチャーラジオ・NHKラジオアーカイブスの2013/4/29(月)放送は、 横溝正史の第二回めでした。今回はオンタイムで聴くことができました(^^;)。

 カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス(NHKラジオ第2)
  放送:2013/4/29(月)20:30〜21:00 再放送:4/30(火)10:00〜10:30
  横溝正史 第二回
   ・「人世読本・わが闘病記(2)」(1977年1月25日放送)
   ・「人世読本・わが闘病記(3)」(1977年1月26日放送)
    (ともに横溝正史74歳の時の録音)
   解説:元文芸誌編集長・大村彦次郎, 司会進行:宇田川清江

「横溝正史 第一回」の放送(4/22)と合わせ、MDラジカセで録音した音源をオーディオデータとしてPCに取り込み、ITunesライブラリに登録しました。IPodに入れて、横溝正史の肉声を手軽に聞けるようにできました。

関連ページ:
 ・WANTED横溝正史 39:NHKラジオアーカイブスで、横溝正史の肉声が!
  24:横溝正史の肉声 (Last Update:2000/6/14)
  
■ NHKラジオアーカイブス「横溝正史」第1回('13/4/22)放送!
  NHKラジオ第2 カルチャーラジオ・NHKラジオアーカイブスの2013/4/22(月)放送は、 横溝正史の第一回めでした。ラジカセ(^^;)で録音したものを、ようやく聞きました。

 カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス(NHKラジオ第2)
  放送:2013/4/22(月)20:30〜21:00 再放送:4/23(火)10:00〜10:30
  横溝正史 第一回
   ・「自作朗読・本陣殺人事件」(1977年10月25日放送)
    (横溝正史75歳の時の録音)
   ・「人世読本・わが闘病記(1)」(1977年1月24日放送)
    (横溝正史74歳の時の録音)
   解説:元文芸誌編集長・大村彦次郎, 司会進行:宇田川清江

「横溝正史 第二回」の放送は、2013/4/29(月)20:30〜21:00(再放送:4/30(火)10:00〜10:30)です。次回はオンタイムで聴けそうです(^^;)。

関連ページ:
 ・WANTED横溝正史 39:NHKラジオアーカイブスで、横溝正史の肉声が!
  24:横溝正史の肉声 (Last Update:2000/6/14)
  
■ 戎光祥出版『横溝正史研究』5 (二松學舎創立135周年記念出版) 刊行!
  戎光祥出版『横溝正史研究』5, 2013/3/29 '13/3/29付けで、戎光祥出版より『横溝正史研究』5 (江藤茂博・山口直孝・浜田知明編)が、二松學舎創立135周年記念出版と銘打って刊行されました。本号の特集は、「横溝正史旧蔵資料(二松學舎大学所蔵)が語るもの」です。そして目玉は、横溝正史の中絶作品『模造殺人事件』(由利・三津木もの)の刊本初収録でしょう。しかも二松學舎大学企画展『金田一耕助の足跡 -そのルーツから最期まで-』(2012/9-10)で展示された、幻の第4回まで収録されており、嬉しい限りです。じっくり読もうと思う。

本書内でも紹介されているが、横溝正史には『雪割草』という幻の長編があるようだ。世田谷文学館と二松學舍大学に、その草稿が断片的に所蔵されており、戦前に新聞連載されたものと推察されているようです。横溝正史研究の奥深さを感じる。

 
■戎光祥出版『横溝正史研究』5 目次
巻頭カラー口絵 二松學舎大学所蔵・横溝正史旧蔵資料
 [私人正史の横顔] [地図が生む想像力] [源泉としての洋書・雑誌]
 [シナリオから見る人と文学] [完成原稿に残る痕跡] [名作の生成過程]
『横溝正史研究』5の刊行に寄せて, 水戸英則p.2
  
特集◎横溝正史旧蔵資料(二松學舎大学所蔵)が語るものp.7
  
[総論]
 ◆横溝正史旧蔵資料−受け入れの経緯とその概要p.9
  
[直筆原稿から]
 ◆『犬神家の一族』生成の現場−草稿からたどる構想の軌跡p.19
 ◆「幽霊騎手」梗概の意気込みp.37
 ◆『びっくり箱殺人事件』の変容p.45
  
[作品紹介]
 ◆『模造殺人事件』連載第1回〜第4回, 横溝正史p.51
 ◆中絶長編『模造殺人事件』の消息p.131
 ◆〈コラム〉幻の長編『雪割草』p.142
  
[旧蔵洋書・洋雑誌から]
 ◆エドガー・アラン・ポーとの出会いp.144
 ◆『赤屋敷の殺人』と『Everybody's Magazine』p.149
 ◆〈コラム〉ビガーズ『黒い駱駝』の感激p.160
 ◆『本陣殺人事件』と『The Premier Magazine』の三つの短編
   −「生涯の仇敵」の材源
p.162
 ◆翻訳者と小説家との間−『風雲ゼンダ城』における改稿の論理p.173
 ◆〈コラム〉『By Candlelight』から『消すな蝋燭』ヘp.186
  
[シナリオ関連資料から]
 ◆横溝正史原作のドラマと映画−シナリオ関連資料が語るものp.188
 ◆横溝正史旧蔵資料「シナリオ関連資料」案内p.192
 ◆横溝正史旧蔵資料「シナリオ関連資料」データ一覧p.196
   〇年代別・映像作品シナリオリストp.197
   〇「時代もの」映像作品シナリオリストp.206
 ◆〈コラム〉誰も犯人を知らない!? 東映版『八つ墓村』p.216
 ◆〈コラム〉烏の異常発生と『悪霊島』p.219
  
 ◆『宝石』・『別冊宝石』横溝正史関連記事目録(4)
     1957年〜1960年, 栗田 卓・山口直孝
p.222
 ◆新資料・文献紹介, 黒田 明p.250
  
[倉敷市観光イベント「巡・金田一耕助の小径」から]
 ◆「金田一耕助ミステリー遊歩道」
   −横溝正史ゆかりの地に立つ六体のキャラクター像, 青山 融
p.254
 ◆「巡・金田一耕助の小径」大学の報告と考察p.264
 ◆「倉敷市観光イベント」殺人事件
   〈「巡・金田一耕助の小径」文庫1より〉, 江藤茂博
p.271
  
 ◆横溝正史ネットワーク 第5回
   『横溝正史エンサイクロペディア』, 掛谷 治一朗
p.301
  
 ◆横溝正史旧蔵資料データ 洋書リストp.319
  
   執筆者一覧p.320
   編集後記 p.322
  
  「横溝正史ネットワーク」の項で、当サイトを紹介させていただくことができました。

関連ページ:
 ・WANTED 横溝正史眠れる横溝よ、目覚めるがいい - 2. 模造殺人事件 -
 ・K's Pages:私を舞台に連れてって!:Rhett Butler『横溝正史エンサイクロペディア』

■ 芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201)刊行
  芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201), 2013/3/25, 本体667円) 2013年3月25日付けで、芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201)が刊行されました。カバーイラストは杉本一文氏の画です。また「よ5」という文庫No.は、横溝正史文庫のナンバーを踏襲しています(^^;)。本文庫は「201」となっていますが、「200」まで横溝文庫がラインナップされる日が来ることを祈念したいところです。

ちなみに帯には、次のように記されています。
 スペシャルドラマ原作!
 山下智久(金田一耕助)VS(明智小五郎)伊藤英明
 全国フジテレビ系放映決定!!

文庫巻頭には、次のように記されています。
本書に、わが国を代表する二大名探偵を起用するに際しましては、横溝亮一先生、平井隆太郎先生よりご快諾を頂戴いたしました。ここに記して、心より御礼申し上げる次第です。

収録内容は、次の通り。
 「明智小五郎対金田一耕助」 (『明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II』)
 「《ホテル・ミカド》の殺人」 (『真説ルパン対ホームズ 名探偵博覧会I』)
 「少年は怪人を夢見る」
 「黄昏の怪人たち」
 「天幕と銀幕の見える場所」
 「屋根裏の乱歩者」
 「金田一耕助対明智小五郎」 (書き下ろし)
  あとがき−−あるいは好事家のためのノートRemix

「明智小五郎対金田一耕助」「《ホテル・ミカド》の殺人」「金田一耕助対明智小五郎」の3作品に、金田一耕助が登場します。

芦辺拓『明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II』創元推理文庫, 2007/1 「明智小五郎対金田一耕助」は、原書房『明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II』(単行本, 2002/12)が初出で、創元推理文庫版(同題, 2005/8)を経て、本角川文庫に収録されました。この作品が、帯に記されたスペシャルドラマ「金田一耕助VS明智小五郎」の原作とのことで、書き下ろし作品として収録されている「金田一耕助対明智小五郎」はドラマ原作でない旨、「あとがき」に記されていました。作品タイトルに翻弄されそうです(^^;)。戦前大阪での事件になるようです。『本陣殺人事件』で、大阪の方にまたむつかしい事件が起こって、耕助はそれの調査のため下阪していたのだがと、記されたエピソードとも考えられます。

芦辺拓『真説ルパン対ホームズ 名探偵博覧会I』創元推理文庫, 2005/8 「《ホテル・ミカド》の殺人」は、『創元推理No.9<'95年夏号>』(東京創元社, 1995/6, チャーリー・チャン登場,横溝家諒解済み)が初出で、原書房『名探偵博覧会 真説ルパン対ホームズ』(単行本, 2000/4)に「《ホテル・ミカド》の殺人 [改訂版]」として刊行され、創元推理文庫『真説ルパン対ホームズ 名探偵博覧会I』(2005/8)を経て、本角川文庫に収録されました。戦前渡米中の事件になるようです。
関連ページ : 寡黙なるエピソードたち
 エピソード1-3 金田一耕助、若き日の冒険

「金田一耕助対明智小五郎」は書き下ろしとのことで、「あとがき」に せっかく正史・乱歩トリビュートの作品集をだしてもらえるのだから、ぜひ〆となる新作を書きたいということで無理押しさせていただきました と記されている通り、作品の随所にトリビアが散らばめられていて、楽しく読むことができました。
関連ページ : 寡黙なるエピソードたち
  ・エピソード7 神門貫太郎 女の墓を洗え
  ・エピソード8 等々力・磯川 千社札殺人事件
 ターヘルアナトミア・金田一耕助
  ・「女の墓を洗え」「千社札殺人事件」を読む
  ・金田一の探偵防御率は本当に悪い?

■ 芦辺拓『明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II』(創元推理文庫)刊行
  文庫刊行時に原稿ファイルまで作成していながら、なぜか紹介するのを忘れていました(^^;)。『金田一耕助VS明智小五郎』(角川文庫よ5-201)が2013/3/25付で刊行されましたので、遅ればせながら当時の原稿のまま紹介させていただきます。

芦辺拓『明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II』(創元推理文庫, 2007/1) 2007/1/31付けで、創元推理文庫より『明智小五郎対金田一耕助 名探偵博覧会II』(芦辺拓)が刊行されました。原書房より2002/12に刊行されたものの文庫化です。

「あとがき」に、 金田一耕助氏について以前から気づいていたのは、彼が岡山を訪れる際、しばしば「大阪(もしくは関西)で事件があり、そのついでに足をのばした」という記述があることで、シリーズ第一作『本陣殺人事件』からしてそうであり、以降「湖泥」「首」などの諸編に散見され、『スペードの女王』や「壺中美人」には関西出張から帰京した旨の記述がありますと、作者が言うように、収録されている表題作「明智小五郎対金田一耕助」(書き下ろし)は、横溝正史が複数の金田一耕助探偵譚に大阪(関西)での事件がと記しながらも、一度も金田一物として書かなかった、大阪編の事件簿です。しかも作中年代は『本陣殺人事件』と同じ、戦前の昭和12年。

著者には、『名探偵博覧会I 真説ルパン対ホームズ』(創元推理文庫, 2005/8)という 作品もありますね。興味のある方は、合わせてご一読を。

■ 『ビブリア古書堂の事件手帖4』に、横溝正史関連のエピソードが…!
  三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 -栞子さんと二つの顔-』(メディアワークス文庫, 2013/2/22, 本体570円) 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 -栞子さんと二つの顔-』(メディアワークス文庫, 2013/2/22刊)を読む機会がありました(個人的に好きなシリーズです)。

横溝作品が収録されているわけではありませんが、敢えて紹介するには訳があります。 文庫巻末のあとがきに、三巻を書き上げた時に、次の巻で江戸川乱歩を取り上げることを決めていました。短編では難しいだろうから長編にしよう とある通り、今までの3冊の短編集的な内容と異なり、この第4弾は長編小説で、しかもメインテーマは江戸川乱歩です。各章のタイトルに『孤島の鬼』『少年探偵団』『押絵と旅する男』と、江戸川乱歩の作品名がつけられています。物語に、 いくつか横溝正史に関するエピソードが記されていましたので、引用紹介させていただくとともに、ご一読をおススメします(以下、未読の方ご注意ください)。また、文庫巻末に添えられている「参考文献」も圧巻です。

p.38
昔から有名な日本の名探偵といえば、明智小五郎と金田一耕助、だと思う。

p.88
(略) 横溝正史『本陣殺人事件 黒猫亭事件』角川文庫。『本陣殺人事件』は有名な作品だったと思うが、これも絶版なのか。
「……それはな、カバーが珍しいんだ。『黒猫亭事件』って書名も入ってたのはほんの一時期だけでよ」
私が持っている文庫の背表紙は、『黒猫亭事件 本陣殺人事件』となっています。表紙カバー画の方を見たということでしょう。

p.101
 一種のお遊びといっていい企画ですけど、当時はこういう合作の探偵小説がいくつか発表されていました。特に『江川蘭子』は執筆陣が豪華だと思います。第二回は横溝正史が書きました。他にも夢野久作、甲賀三郎、大下宇陀児、森下雨村……」
 横溝正史の名前はさっき見かけたばかりだった。もちろん、金田一耕助を生んだ作家だ−−確かそうだったと思う。
「江戸川乱歩と横溝正史って、仲がよかったんですか?」
「もちろんです。そもそも、知人の紹介で親しくなった横溝正史に、探偵小説を書くよう勧めたのは乱歩ですから……デビューのきっかけを作ったわけですね。若い頃、横溝正史は雑誌の編集者としても活動していたんですが、一時期は乱歩の担当編集も勤めていました。乱歩が他界するまで、四十年の長きにわたって交流が続いていたそうです」
「そうだったんですか……」
 全然知らなかった。明智小五郎の生みの親と、金田一耕助の生みの親がそこまで関係が深かったとは。
「トモカクスグコイ」の電報エピソードは、省略されたようです(^^;)。

『江川蘭子』春陽文庫, 1993/10 p.172
『空中紳士』や『殺人迷路』
『江川蘭子』のほかにも、江戸川乱歩絡みの合作小説として上記2作が紹介されましたが、 横溝正史がメンバーとなっていたのは『殺人迷路』の方です。 春陽文庫から、『江川蘭子』『殺人迷路』などの合作小説が刊行されたことがありますが、残念ながら現在は絶版・品切れのようです。

p.236
「(略) 『押絵と旅する男』の第一稿は昭和二年の秋頃、関西への旅行の最中に書かれたんですが……」
 旅する男の話を旅の間に書いたということか。だからこそそういう題材を選んだのかもしれない。
「乱歩はその原稿を持ったまま、名古屋で作家組合の会合に参加します。原稿を依頼したのは、当時雑誌『新青年』の編集長だった横溝正史でしたが……」
「あ、そうか……編集者もやってたんでしたっけ。横溝正史って」
 乱歩とは何十年もの長きに渡る親交があった、とも聞いている。
「そうなんです。しかし、乱歩は作品への自信のなさから、名古屋で落ち合った横溝正史に原稿を見せることができず、夜中にホテルのトイレで破り捨ててしまったんです」
このエピソードは、『週刊マンガ世界の偉人26 江戸川乱歩』(朝日新聞出版, 2012/8)で描かれていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

p.237
「……トイレで破り捨てたというのは、あくまでも本人の証言よ」
 篠川智恵子が口を挟む。栞子さんは呆れたように首を振った。
「乱歩に嘘をつく理由はありません。第一、同じ部屋に泊まっていた横溝正史の証言もあります。原稿を捨てた直後に乱歩からそう告白されて、穴があったら入りたい気持ちになった、と随筆にも書かれているんです」
「『代作ざんげ』ね。あの随筆なら私も読んでいるわ。でも、乱歩が自分の鞄を探った後に部屋を出て行って、また戻ってきた姿しか横溝正史は目にしていない……(略)」
ちなみに、横溝正史の随筆「代作ざんげ」は、江戸川乱歩の「作者返上」とともに、 雑誌「X」昭和24(1949)年4月号に所載され、『横溝正史全集1 真珠郎』(講談社, 1970/9)に、目次には記されていないが共に収録されている。また「代作ざんげ」は、横溝正史『探偵小説五十年』(講談社, 1972/9)にも収録されている。文庫巻末の参考文献から察するに、『探偵小説五十年』は講談社オンデマンド版があるようです。

フジテレビ系テレビドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』で、この第4巻「江戸川乱歩」編が、第10話('13/3/18), 最終話('13/3/25)の前後編として放送されました。
第10話のエンドロールで、挿絵の横溝正史とともに、
 精力的に活動する一方、行き詰まると放浪の旅に出た。
 『新青年』の編集長・横溝正史はそんな乱歩に悩まされたという。
というエピソードが紹介されました('13/3/29追記)。

関連ページ:
 ・横溝考古学・事始め(32)代作ざんげと作者返上
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史(113)『週刊マンガ世界の偉人26 江戸川乱歩』

■ 戎光祥出版『横溝正史研究』4 刊行!
  戎光祥出版『横溝正史研究』4, 2013/3/1 '13/3/1付けで、戎光祥出版より『横溝正史研究』4 (江藤茂博・山口直孝・浜田知明編)がようやく刊行されました。本号の特集は、「横溝正史の一九三〇年代 −『鬼火』から『真珠郎』まで」です。創刊号以来のソフトカバーの刊本に仕上がっています。

戎光祥出版のサイトでは、次のように紹介されている。
日本屈指の小説家・横溝正史の作品を微に入り細に穿ち研究、貴重な旧蔵資料から新規文献に至るまで幅広く紹介する、横溝正史研究書の第4弾!横溝正史の作品の方向性が大きく変化した上諏訪へ疎開、療養していた時期を特集。
病身の自分を投影して書いた耽美的代表作である短編「かひやぐら物語」も再録、江戸川乱歩や海外作家の影響も受け、横溝正史が作家として熟成していく様子がわかる論考、資料が満載です。

『3』刊行から実に約2年半を経て、待望の刊行となりました。1930年代の横溝正史を知る上で貴重な資料となる刊本、じっくり読もうと思う。

 
■戎光祥出版『横溝正史研究』4 目次
巻頭カラー口絵 1930年代の作品群
 『白蝋変化』 『真珠郎』 『夜光虫』 『双仮面』 『鬼火』 『蔵の中』
  
『横溝正史研究』4の刊行に寄せて, 紀田順一郎p.2
  
特集◎横溝正史の一九三〇年代―『鬼火』から『真珠郎』までp.7
 インタビュー◆「上諏訪時代の横溝正史」, 横溝亮一氏+高松℃q氏p.8
 再録◆「上諏訪時代のこと―付・乾君の世にも意外な手紙のこと」, 横溝正史p.32
  
「総論」
 ◆「純粋小説」としての『白鑞変化』 ― 
    一九三〇年代の横溝正史の一断面, 山口直孝
p.36
 ◆横溝正史による一九三〇年代の懸賞探偵小説, 黒田 明p.48
  
[他作家との交渉]
 ◆「陰獣」から「双生児」ができる話 ― 
    一九三〇年代前夜の正史と乱歩, 中 相作
p.61
 ◆谷崎潤一郎と横溝正史の関係, 永井敦子p.70
 ◆横溝正史とエラリー・クイーン  ― 
    トリックの一九三〇年代からロジックの一九四〇年代へ, 飯城勇三
p.78
  
[作品論]
 ◆横溝正史「かひやぐら物語」論 ― 
    江戸川乱歩作品との関連を中心に, 宮本和歌子
p.86
  再録◆「かひやぐら物語」, 横溝正史p.94
  再録◆「淋しさの極みに立ちて―「かひやぐら物語」の想い出」, 横溝正史p.106
 ◆「鬼火」に窺われるもの―海外作家からの影響, 倉西 聡p.111
 ◆「鬼火」新旧対照表―削除処分にともなう改訂箇所p.122
 ◆美しき不在―『真珠郎』と一九三〇年代, 中沢 弥p.133
  再録◆『鬼火』コミック版「炎の軌跡」, 真崎 守
     (真崎守選集『環妖の系譜』より)
p.143
  
 [連載] 
 ◆鼎談・観てから読む横溝正史
    第3回『真珠郎』, 鷲田小彌太・中澤千磨夫・江藤茂博
p.170
 ◆『宝石』・『別冊宝石』横溝正史関連記事目録(3)
     1953年〜1956年, 栗田 卓・山口直孝
p.216
 ◆二松学舎大学所蔵 横溝正史旧蔵資料紹介 紹介・解説 山口直孝
    第4回 『真珠郎』・『白鑞変化』草稿
p.239
 ◆横溝正史年譜事典 第四回(1933〜1938)p.248
 ◆横溝正史ネットワーク 第4回 神戸探偵小説愛好會, 野村恒彦p.278
  
   執筆者一覧p.282
   編集後記 p.286
  
  戎光祥出版のサイトよると、
当社から平成25年3月下旬に刊行する『横溝正史研究』第5号に掲載いたします横溝正史作『模造殺人事件』 とある。横溝正史中絶作『模造殺人事件』が、収録されるようです。二松學舎大学創立135周年記念企画展『金田一耕助の足跡 -そのルーツから最期まで-』(2012/9/26〜10/26@大学資料展示室)で、「模造殺人事件」の当方未入手の第2回のみならず、第4回雑誌校正稿まで展示されていました。『横溝正史研究』の続刊に収録されることを強く期待していましたので、嬉しい限りです。

■ 東京新聞2013/1/1朝刊に、金田一耕助「生誕百年」の記事が…
  2013年元日から、いきなり来るとは想定外でした(^^;)。
東京新聞の2013年1月1日朝刊【第2部 TV&お楽しみ】に、[金田一耕助「生誕百年」]の記事が掲載されていました。お屠蘇気分の頭を、ガツンとやられた感じです。

ちなみに記事のコラム欄で、次のように記されています。
金田一耕助
横溝正史の77作品に登場する私立探偵。横溝がエッセーで「私より十一歳年少」と書いており、1913年生まれと思われる。

「私より十一歳年少」と書かれている横溝正史のエッセイは、「贋作楢山節考」(暮らしと健康,1975/1, 『新版横溝正史全集18 探偵小説昔話』収録)のことだと思われます。

横溝正史の金田一耕助作品に、彼の年令に関する記述がないのかと思われがちですが、実はちゃんと記されています。『悪魔の手毬唄』(角川文庫金田一耕助ファイル12, p.213)で、 「(前略)昭和七年といえば、ぼくは二十で、そのまえの年にいなかの中学を卒業して、上京してきてさる私立大学に籍だけおいて(以下略)」と、自ら語っています。ここで二十歳は数え年ですので、計算すると1913年生まれとなります。

ということで、2013年は横溝正史が創造した金田一耕助の生誕百年になるらしい。

関連ページ:
 ・年1シリーズ:2003年 金田一春彦と、金田一耕助は同い年!
 ・ターヘルアナトミア・金田一耕助を解体新書する金田一耕助の誕生日
 ・ターヘルアナトミア・金田一耕助を解体新書するEpisode 1 昭和七年の渡米
 ・金田一耕助クロニクル寡黙なるエピソードたち

■ 舞台用脚本『虹子の夢 〜横溝正史作『女怪』より〜』刊行
  大下けん『虹子の夢 〜横溝正史作『女怪』より〜』文芸社, 2013/1/15, 本体1,100円) 2013年1月15日付けで、『虹子の夢 〜横溝正史作『女怪』より〜』(大下けん, 文芸社)という、戯曲が刊行されました。大下けん氏の処女作とのこと。

ちなみに帯には、次のように記されています。
金田一耕助、最初で最後の恋
横溝文学が舞台で甦る!「金田一耕助」シリーズの隠れた名作、 『女怪』を脚本化。伊豆の温泉地で起きた殺人事件の真犯人は? 「狸穴の行者」と呼ばれる新興宗教教祖の正体は? そして、名探偵の「大恋愛」の結末は?

さらに帯の後ろ側にも、こんな記述が…。
脳溢血で死んだ富豪の未亡人・虹子にまとわりつく新興宗教の教祖。 しかし嫌悪感を露わにしながらも、どうしても虹子はそれを拒否する ことができない……。虹子が愛する青年実業家に隠された秘密、 虹子を愛してしまう名探偵・金田一耕助の恋の行方など、見どころ 満載の「横溝文学」を、一味違った舞台用脚本でお楽しみください。

この台本で上演される舞台「女怪」(=『虹子の夢』)を、観劇してみたくなりました。横溝正史/金田一耕助/持田虹子らのキャスティングを、あれこれ想像しながら読むのも一興かと、思います。

■ 『獄門島』 これぞ探偵小説の真髄(^^;)。
  創元推理文庫『日本探偵小説全集9 横溝正史集』東西ミステリーベスト100国内編第1位帯) 先日、角川文庫『獄門島』の「週刊文春 東西ミステリーベスト100 1位」帯を紹介させていただきましたが、創元推理文庫『日本探偵小説全集9 横溝正史集』にも、週刊文春臨時増刊 東西ミステリーベスト100国内編第1位の帯がついて、本屋さんに平積みになっていました。隣には、同2位の帯がついて『虚無への供物』の創元ライブラリの中井英夫全集[1]版が同じく平積みされていました。

ちなみに帯には、次のように記されていました。
 週刊文春臨時増刊 東西ミステリーベスト100国内編 1位
 これぞ探偵小説の真髄

弁当箱クラスの厚さのこの創元推理文庫で、年末年始の休み中に『鬼火』をしっかり読み直そうかと思い、家中探したのですが見つからず、本屋さんに行ったところ上記帯付きの文庫を発見した次第です。マーフィーの法則でしょうか、この文庫を買って帰り、本の整理をしていたら、ひょっこり探していた弁当箱文庫が出てきました(^^;)。

関連ページ・サイト:
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!
 ・『獄門島』 本作を超えるミステリはない(^^;)。
 ・鬼想佛心 -横溝文庫たちへの熱き想い-オススメの横溝文庫はこれだ!

■ 『獄門島』 本作を超えるミステリはない(^^;)。
  角川文庫『獄門島』, H24/11/30改版40版発行, 定価:本体552円) 高校生の息子がテレビCMを見て、『獄門島』が新しくなったみたいと言って 買ってきてくれました。実際には、期間限定復刻の表紙カバーが元に戻って、 「週刊文春 東西ミステリーベスト100 1位」の帯が付いただけだったのですが…。
角川文庫『本陣殺人事件』には、「10位」の帯が…。

テレビCMで、「本作を超えるミステリはないっていっているけど、 本当か」と問われたので、『東西ミステリーベスト100』を見せてあげたところ、 「えっ、マジで!」と驚いていました。せっかく買ってきたんだから、 読んでみればと、「キモい」と躊躇する彼を、横溝正史の世界に勧誘しておきました(^^;)。さてどうなりますやら。

私は未見だったのですが、彼が見たテレビCMは、角川書店のウェブサイトの 『獄門島』のページで、動画として公開されていました。確かに「本作を超えるミステリはない。」って、ナレーションとともに画面に表示されていました。

ちなみに帯には、次のように記されていました。
 半世紀を経てもなお彼を超える作家はいない
 週刊文春 東西ミステリーベスト100 1位
 500名の作家・評論家・愛好家が選んだ
 ミステリー史上最高傑作

関連ページ・サイト:
 ・『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!

■ 『東西ミステリーベスト100』 2012年版刊行!
  『東西ミステリーベスト100』 週刊文春臨時増刊2013/1/4号, 文藝春秋編, 定価:800円) 『東西ミステリーベスト100』 週刊文春臨時増刊2013/1/4号が、「死ぬまで使えるブックガイド」と称して発売された。
総合ランキング 国内編に、横溝正史作品は、以下の5作品がランクインしている。
   1位 : 獄門島
  10位 : 本陣殺人事件
  39位 : 犬神家の一族
  57位 : 八つ墓村
  75位 : 悪魔の手毬唄

国内編作家別ベスト30でも、2位の島田荘司を459点離して横溝正史はダントツの1位(1276点)となっており、人気の高さと根強さを目の当たりにし、再認識できました。

『東西ミステリーベスト100』, 文藝春秋編, 文春文庫, 1986/12) 『東西ミステリーベスト100』は1986年12月、文春文庫より刊行されたミステリーガイドで、前年「週刊文春」誌上に発表されたランキングをもとに編集されました。本誌はその改訂版にあたります。 と記されている通り、四半世紀前にも同様のランキングが発表されている。 文春文庫版『東西ミステリーベスト100』(Dec/10/1986初版)にランクインしていた横溝作品は、以下の5作品である。
   1位 : 獄門島
   7位 : 本陣殺人事件
  42位 : 悪魔の手毬唄
  44位 : 八つ墓村
  69位 : 蝶々殺人事件

両者を比較すると一目瞭然だが、今回『犬神家の一族』が新たにランクインしたものの、前回69位にランクインしていた『蝶々殺人事件』はランク外となった。 横溝正史の場合、現行本のない作品が数多くあるため、ランキングの対象になりにくい作品が多すぎると言わざるを得ない。絶版作品を現行本にすることで、より多くの横溝作品が世に問われることになれば、横溝作品ファンとしては嬉しいのだが…。

関連ページ・サイト:
 ・原・「横溝」文庫の整理学 - 『ニッポン文庫大全』用原稿より -
 ・横溝正史作品ベスト10

■ 洋泉社『横溝正史 全小説案内』刊行!
  『横溝正史 全小説案内』(洋泉社,Nov/'12) 2012年10月25日に、昭和探偵小説研究会編『横溝正史 全小説案内』(洋泉社, 初版2012/11/9)が刊行されました。
生誕110年にして、横溝正史全小説を紹介した初めての本ですね。感服しました。

カバー表紙には次のように記されている。
・生誕110周年、日本推理小説界の巨人が21世紀に残した
 空前絶後の迷宮世界を探索する最適の案内書!
・発掘! 幻の単行本未収録作品を掲載!
 『黒い蝶』『夜光蟲』『石膏魔』

ちなみに、カバーに添えられた英文タイトルは下記の通り。
 SEISHI YOKOMIZO ALL WORKS & PREVIOUSLY UNISSUED

洋泉社サイトの『横溝正史 全小説案内』紹介ページに、次の内容説明がある。
「探偵小説の鬼」が作家生活60年で書き上げた〈全800作〉を網羅!
金田一、由利麟太郎、人形佐七、耽美、少年小説…など全作品を9つに分類し、 各世界観、代表作を解説。また作品リストを掲載。

横溝正史の全小説にスポットライトを当てた画期的な内容となっており、良い意味で頭にガツンと一撃を受けました。資料性の高い編集内容で、横溝作品のデータベースとして活用できる刊本だと思います。改めて敬意を表したい。当サイトが目指している、『横溝正史シソーラス』(仮称)へのジャンプアップの糧となる本にようやく巡り会え、嬉しくなりました。地道ではありますが、日々の研鑚を気長に続けていこうと思いを新たにできました。

それにしても、「黒い蝶」「夜光蟲」「石膏魔」といった中絶・未発表作品が容易に読むことができるようになるとは、夢のようです。「神の矢」「模造殺人事件」「失はれた影」なども紹介されているのですから、「中絶・未発表作品の世界」と題した「第10章」があってもよかったと思います。本書がきっかけとなって、「石膏魔」とともに世田谷文学館に眠る「花瓶男」「戸棚の中の骸骨」などの中絶・未発表作品群が、日の目を見る日が近いことを期待したい。

 
■洋泉社『横溝正史 全小説案内』 も く じ

横溝正史キャラクターズ 
 金田一耕助p.2
 人形佐七p.4
 由利麟太郎p.5
カバーアートの世界 
 杉本一文の世界p.6
横溝正史の挿画世界p.8
二松学舎大学の横溝研究p.14
横溝正史、その生涯p.20
  
第1章 金田一耕助の世界p.23
 概説 金田一耕助の世界p.24
 本陣殺人事件p.26
 獄門島p.28
 犬神家の一族p.30
 八つ墓村p.32
 悪魔の手毬唄p.34
 金田一耕助の世界◎作品一覧p.36
  
第2章 由利麟太郎の世界p.43
 概説 由利麟太郎の世界p.44
 真珠郎p.46
 蝶々殺人事件p.48
 由利麟太郎の世界◎作品一覧p.50
  
第3章 人形佐七捕物帳の世界p.53
 概説 人形佐七捕物帳の世界p.54
 羽子板娘p.56
 まぼろし小町p.57
 振袖幻之丞p.58
 捕物三つ巴p.59
 人形佐七捕物帳の世界◎作品一覧p.60
  
第4章 捕物帳の世界p.73
 概説 捕物帳の世界p.74
 朝顔金太捕物帳p.76
 お役者文七捕物暦p.78
 捕物帳の世界◎作品一覧p.80
  
第5章 時代・伝奇小説の世界p.85
 概説 時代・伝奇小説の世界p.86
 矢柄頓兵衛戦場噺p.88
 菊水兵談p.90
 時代・伝奇小説の世界◎作品一覧p.92
  
第6章 耽美小説の世界p.95
 概説 耽美小説の世界p.96
 鬼火p.98
 蔵の中p.99
 耽美小説の世界◎作品一覧p.100
  
第7章 短編小説の世界p.101
 概説 短編小説の世界p.102
 恐ろしき四月馬鹿p.104
 一週間p.105
 探偵小説p.106
 泣虫小僧p.107
 短編小説の世界◎作品一覧p.108
  
第8章 中・長編小説の世界p.121
 概説 中・長編小説の世界p.122
 呪いの塔p.124
 びっくり箱殺人事件p.126
 中・長編小説の世界◎作品一覧p.128
  
第9章 少年小説の世界p.131
 概説  少年小説の世界p.132
 夜光怪人p.134
 大迷宮p.136
 少年小説の世界 ◎作品一覧p.138
  
特別再録 
 黒い蝶p.143
 夜光蟲p.153
 石膏魔p.177
  
コラム 
 Column 中絶作品に懸賞小説 ここにもいる金田一耕助p.42
 Column 中絶2回の「神の矢」! 由利先生ものにもある幻の作品p.52
 Column リアルタイム観劇者はいるか? 超レアの横溝台本p.119
 Column あらかじめ失われていた「失はれた影」p.128
 Column 中絶に改作に絵物語 知られざる少年もの作品の数々p.142
  
 column 001 岡山に金田一のルーツを訪ねてp.72
 column 002 山梨に横溝正史を訪ねてp.84
 column 003 横溝作品をもっと知り、楽しむためにp.94
 column 004 横溝正史のライバル・海外作家編p.120
 column 005 つながりの深い国内作家たちp.130
 column 006 多彩な横溝正史p.176
 column 007 残された作品とはp.190
  
  関連ページ:
 ・眠れる横溝よ、目覚めるがいい
 ・横溝正史 温故知新 - 埋もれた横溝作品を読む -
   「黒い蝶」  「石膏魔」  「花瓶男」  「戸棚の中の骸骨」

■ 二松学舎大学企画展『金田一耕助の足跡 -そのルーツから最期まで-』
  二松學舎大学企画展『金田一耕助の足跡 -そのルーツから最期まで-』 二松學舎大学では、2012年10月10日に迎える創立135周年を記念して、 大学の資料展示室にて企画展『金田一耕助の足跡 -そのルーツから最期まで-』を開催。 近くの市ヶ谷に出向く機会があったので、足を延ばして見学してきました。

 場所 二松學舎大学資料展示室(九段キャンパス2号館1F)
 期間 平成24年9月26日(水)〜10月26日(金)
 開館 月曜〜土曜 10時〜16時 日曜休館 入場無料

チラシの裏には、次のように展示資料の説明がされています。
 本学所蔵の横溝正史旧蔵資料の中から、金田一耕助に関わるものを厳選し、名作誕生の現場に迫ります。デビュー作『本陣殺人事件』の草稿、代表作『獄門島』・『八つ墓村』・『犬神家の一族』のメモ・草稿・原稿、トリッキーな短編『首』・『香水心中』の改稿版、最後の登場作『悪霊島』の創作ノート・原稿などの貴重な自筆資料を始めとして、少年時代から作者が愛読し、創作のヒントとした洋雑誌やポスター・スチール写真・シナリオなど珍しい映画関連資料も展示します。初公開の資料も多く、金田一耕助、そして横溝正史の歩みを知る絶好の機会です。

二松學舎大学企画展『金田一耕助の足跡 -そのルーツから最期まで-』 展示品を紹介した冊子と、『學 nishogakusha news magazine "MANABI" vol.20』(2008/3)も置いてありました(チラシも含め持ち帰り自由)。冊子によれば、この企画展は、いくつかの展示に分かれていたことが分かります。
 1. 金田一耕助のルーツ
 2. 愛読者から編集者、そして、探偵小説家へ
 3. 探偵小説作家の誕生
 4. 金田一耕助の活躍 その(1)
 5. 映画・ドラマに登場した金田一耕助
 6. 金田一耕助の活躍 その(2)

これらの中に、「模造殺人事件」の当方未入手の第2回のみならず、第4回雑誌校正稿まで展示されていて、のどから手が出そうになりました(^^;)。中絶作品ではありますが、『横溝正史研究』の続刊に収録されることを強く期待いたします。雑誌廃刊に伴い中絶となったと聞いていましたが、第4回もゲラ刷りが存在してたんですね。冊子には、以下の通り記載されています(p.5)。
 記事切抜き「模造殺人事件 1回〜3回」
  雑誌「スタイル読物版」昭和24年12月〜昭和25年4月掲載
 雑誌校正稿「模造殺人事件 4回」
  雑誌の廃刊のため日の目を見なかった、幻の4回のゲラである。

また展示されていた卒業証書や薬剤師免状には、誕生日が5月24日と記されており、 「5月25日」説はいつ頃からだったのかと、チョッと興味がわきました。

関連ページ・サイト:
 ・学校法人二松學舍 大学資料展示室企画展9月・10月の企画展
  「金田一耕助の足跡― そのルーツから最期まで ―」

 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史
  No.90 『學 nishogakusha news magazine "MANABI" vol.20』
  No.91 『二松学舎大学付属図書館 季報 No.69』
  No.92 『二松学舎大学付属図書館 季報 No.70』




横溝ペディアへ

ページの先頭へ