横溝正史エンサイクロペディア・金田一春彦と、金田一耕助は同い年!
金田一春彦と、金田一耕助は同い年!  - 卒寿を祝う -

横溝正史エンサイクロペディアを閲覧いただき、誠にありがとうございます。
2003年6月13日、横溝正史クロニクル開設から数えて5周年を迎え、 年1シリーズ第5弾!をお届けできる運びとなりました。

2003年の今年は、金田一耕助卒寿の年。そう、もじゃもじゃ頭の名探偵さんも 設定の上では90歳を迎えられました(横溝正史より11歳年下の1913(T2)年生まれ)。 なお金田一耕助の年齢特定については、 金田一耕助の誕生日を参照願います。

朝日新聞2003/5/17(金)夕刊記事、 「風韻 原稿なんか書くのも楽しい 国語学者 金田一春彦」によれば、金田一春彦は、 本年4月に90歳の誕生日を迎えられたそうです(大正2年4月3日東京都文京区生まれ)。 そうすると、横溝正史より11歳年下ということになります。 つまり金田一春彦は金田一耕助と同い年になるということを、この記事で初めて知りました(^^;)。 これも何かの縁・巡り合わせでしょうか。

以下、この記事より金田一耕助関連箇所を引用します。
 「キンダイチ」という名字は珍しいでしょう? 名前には苦労しました。アイ ヌ語で「山の中の町」という意味なんだそうです。親父(京助)は岩手県の山奥 の出身ですから。地元ではキンダイチなんて、のんびり言いません。「キダチ」 というふうに聞こえる。気の利いた人は「キダチ」に改名して青森県などに多い んですが、親父は頑として変えようとしなかった。「金田一」が貴いんだ、と。 親父が死んだら変えてやろうと思いましたけど、それも親不孝のようで。
 探偵の金田一耕助?そう、あるとき横溝正史さんに済まながられましてね。 「お父さんをむやみに拝借して申し訳ない」と。いやいや、悪者の名前ならこん なのんきにしてられませんけど、探偵なんですからありがたい、と申し上げたこ とがあります。

金田一春彦の新刊『金田一先生が語る日本語のこころ』(学研)を、 これを機に読んでみようと思っている今日この頃です。

偶然でしょうが、この新聞記事の翌日に『新青年』研究会「横溝正史シンポジウム」がありました。 その翌日、『病院坂』事件後金田一耕助が行方が分からなくなったとされる、 アメリカ・ロサンゼルスを経由して、当方サンディエゴへ出張しました。 横溝正史生誕百一周年を、アメリカ西海岸南端・サンディエゴで迎えました。

『病院坂の首縊りの家』締めくくりに、次のような記述があります。
 金田一耕助氏がロスまで飛んだことはたしかなようだ。 ロスにはそうとうかれの識り合いがいるはずである。しかし、そのどこへも 立ち寄っていなかった。あの広大なアメリカの天地のどこかへ金田一耕助氏は 消えてしまったとしか、いまのところいいようがない。

ロスまでの足取りは確認できたが、その先の行き方知れずとなっています。 そこで発想を飛躍させ、金田一耕助はサンディエゴへおもむき、 その地からメキシコ国境を歩いて越え、蒸発した可能性もあるかなと 思うに至りました(^^;)。 サンディエゴ側からメキシコ・ティファナへは、歩いて簡単に 国境を渡ることができ、現在では観光地になっています。 アミーゴ!の国に金田一耕助が渡ったとして、彼は何を思ったことでしょうか。 想像するのもまた楽しです。

これからも書誌データをもとに、創造しい想像を展開していきたいと考えています。 今後とも「横溝正史エンサイクロペディア」をよろしくお願いいたします。
Jiichi
追伸
年1シリーズ第6弾執筆決定! また1年じっくり考えたいと思います(^^;)。

横溝正史関連の書誌情報について
より詳しくご存知の方、ぜひご一報ください。



横溝ペディアへ

About...へ

ページの先頭へ