横溝正史エンサイクロペディア・ほぼ週刊・本棚から横溝正史
『江戸川乱歩と横溝正史』  - ほぼ週刊・本棚から横溝正史 -


『江戸川乱歩と横溝正史』
中川右介, 2017/10/31, 集英社, 本体:1,700円

内容項目は次の通り。
CONTENTS, p.2
はじめに, p.5

 第一章 登場――「新青年」 〜1924年, p.9
  ・馬場孤蝶の講演会, p.9
  ・平井太郎、エドガー・アラン・ポーに出会う, p.11
  ・横溝家の一族, p.16
  ・博文館, p.21
  ・雌伏の日日――1916〜19年, p.24
  ・講談社の始まり, p.27
  ・三人書房, p.31
  ・森下雨村, p.32
  ・「新青年」創刊――1920年, p.33
  ・幻の雑誌「グロテスク, p.36
  ・横溝正史デビュー――1921年, p.38
  ・運命の講演会――1922年, p.41
  ・『一枚の切符』『二銭銅貨』を「新青年」へ送る, p.44
  ・乱歩デビュー――1923年, p.48
  ・関東大震災, p.50
  ・乱歩、作家専業を決意――1924年, p.53

 第二章 飛躍――『心理試験』『広告人形』 1925年〜26年, p.55
  ・明智小五郎登場, p.55
  ・乱歩の飛躍, p.58
  ・乱歩と横溝、面談, p.60
  ・横溝、再稼働――1925年, p.62
  ・初出版, p.64
  ・上京――乱歩、横溝、1925年, p.67
  ・三つの連載, p.69
  ・横溝、博文館へ, p.72

 第三章 盟友――『江戸川乱歩全集』 1926〜31年, p.77
  ・『パノラマ島綺譚』, p.77
  ・『一寸法師』, p.79
  ・代作事件, p.83
  ・全集ブーム, p.87
  ・海野十三, p.89
  ・『陰獣』, p.91
  ・相次ぐ全集, p.95
  ・『芋虫』での伏せ字, p.96
  ・乱歩、博文館と講談社に同時連載, p.98
  ・最初の江戸川乱歩全集, p.101
  ・博文館の政変, p.103
  ・横溝、博文館を去る, p.108
  ・『呪いの塔』, p.110

 第四章 危機 『怪人二十面相』『真珠郎』 1932〜45年, p.115
  ・二度目の休筆と大喀血――1933年, p.115
  ・乱歩、再開, p.118
  ・『悪霊』中絶事件――1934年, p.122
  ・木々高太郎登場, p.127
  ・『鬼火』――1935年, p.127
  ・『真珠郎』――1936年, p.131
  ・少年倶楽部, p.135
  ・『怪人二十面相』――1936年, p.136
  ・和解――1936年, p.138
  ・探偵小説停滞へ――1938年, p.141
  ・検閲, p.142
  ・戦争へ, p.144

 幕間 1940年〜45年, p.147

 第五章 再起――『黄金虫』『ロック』『宝石』 1945〜46年, p.152
  ・乱歩と敗戦, p.152
  ・横溝と敗戦, p.154
  ・出版界の敗戦, p.157
  ・新興出版社, p.159
  ・新雑誌「黄金虫」, p.164
  ・横溝正史、再出発, p.166
  ・小栗虫太郎の東京滞在, p.168
  ・横溝と小栗の文通, p.171
  ・乱歩、名古屋へ, p.172
  ・小栗の急死と『蝶々殺人事件』, p.173
  ・乱歩と「宝石」, p.176
  ・同時進行する『本陣』と『蝶々』, p.180

 第六章 奇跡――『本陣殺人事件』  1946〜48年, p.183
  ・乱歩が封印した感想, p.183
  ・金田一耕助登場, p.188
  ・『本陣』と『蝶々』は同じ世界, p.190
  ・『本陣殺人事件』の単行本, p.192
  ・乱歩の『本陣殺人事件』評, p.194
  ・一人の芭蕉の問題, p.198
  ・単行本と映画, p.200
  ・再会, p.204
  ・『本陣殺人事件』刊行, p.207
  ・書籍での乱歩、横溝, p.208
  ・探偵作家クラブ発足, p.210
  ・横溝正史、東京へ, p.211

 第七章 復活――『少年探偵団』 1948〜54年, p.214
  ・「少年探偵」、光文社で復活, p.214
  ・「少年」からの依頼, p.217
  ・「少年探偵」シリーズの連載、始まる, p.219
  ・その後の「少年探偵」シリーズ, p.221
  ・出版危機, p.224
  ・博文館の最期, p.227
  ・角川文庫発刊, p.229
  ・早川書房、探偵小説へ, p.231
  ・リライト版の誕生, p.235
  ・第二の代作者, p.237
  ・『夜歩く』と『八つ墓村』, p.238
  ・『犬神家の一族』と『女王蜂』, p.241
  ・『悪魔が来りて笛を吹く』, p.243
  ・乱歩と横溝の「不和」説, p.245
  ・江戸川乱歩と木々高太郎の論争, p.249
  ・乱歩の還暦祝賀会, p.251

 第八章 新星――『悪魔の手毬唄』 1954〜59年, p.254
  ・松本清張の静かなデビュー, p.254
  ・乱歩、完全復活か, p.256
  ・「少年探偵」のメディアミックス, p.259
  ・東京文藝社と東方社, p.261
  ・清張、日本探偵作家クラブ賞受賞, p.262
  ・「宝石」の危機, p.264
  ・探偵小説ブーム, p.267
  ・「本格」から遠ざかる日日, p.271
  ・『悪魔の手毬唄』始まる, p.272
  ・『点と線』, p.275
  ・『悪魔の手毬唄』と乱歩, p.279
  ・「乱歩・清張」対談, p.281
  ・リライト版「名探偵明智小五郎文庫」, p.283

 第九章 落陽――乱歩死す 1959〜65年, p.286
  ・『ぺてん師と空気男』, p.287
  ・ニセ電話事件, p.289
  ・「少年探偵」の大団円, p.290
  ・『仮面舞踏会』, p.291
  ・日本推理作家協会の誕生, p.292
  ・『仮面舞踏会』中絶, p.293
  ・乱歩の終活, p.295
  ・森下雨村の死, p.299
  ・巨星墜つ, p.301

 第十章 不滅――横溝ブーム 1965年〜, p.303
  ・講談社とポプラ社の全集, p.303
  ・『八つ墓村』の漫画化, p.306
  ・角川文庫、横溝作品刊行開始, p. 309
  ・『仮面舞踏会』完成, p.303
  ・角川映画と横溝正史, p.316
  ・大ブーム, p.319
  ・『悪霊島』, p.323

 あとがき, p.328
 ◎参考文献, p.330
  ■江戸川乱歩関連, p.330
  ■横溝正史関連, p.331   ■博文館・「新青年」関連, p.332
  ■探偵小説・推理小説・ミステリ関連, p.332
  ■出版史関連, p.333

帯(前)に、次のように記されている。
 ライバルにして、親友。作家にして、編集者。
  書いて、読んで、褒め合い、喧嘩して、
  日本の探偵小説を作りあげた二人を描くエンターテインメント評伝!集英社
 横溝「負けるもんか。負けるもんか。」
 乱歩「面白くなりそうだ!」

帯(後)には、次のように記されている。
 江戸川乱歩と横溝正史――
 二人を太陽と月に喩えることができるかもしれない。

 乱歩が旺盛に書いている間、横溝は書かない。
 横溝が旺盛に書いていると、乱歩は沈黙する。
 天に太陽と月の両方が見える時間が短いのと同様に、二人がともに旺盛に
 探偵小説を書いている時期は、ごくごく短いのだ。〈本文より〉

カバー(見開き)には、次のような内容概説が記されています。
日本の探偵小説を牽引した二大巨頭、江戸川乱歩と横溝正史。 盟友として、ライバルとして、お互い認め合い、時に対立しつつ、 一方が作家として執筆するとき、他方は編集者として支えた。 太陽と月にも喩えられる日本文学史上稀な関係は、どのように生まれ、育まれたのか。 二人の大作家の歩みを辿りながら日本の出版史をも描き出す、空前の対比評伝!

本書に先行する形で、内田隆三『乱歩と正史 人はなぜ死の夢を見るのか』が、
  江戸川乱歩と横溝正史――
  日本探偵小説の二大巨星が
  見た夢、描いた世界とは?
と帯に銘打ち、刊行('17/7,講談社選書メチエ)された。

横溝正史を冠した刊本が、今後とも刊行されることを祈念したい。 ちなみに、中川右介の著作について当サイトでは、下記の刊本を紹介させていただいています。

関連ページ:
 ・ほぼ週刊・本棚から横溝正史
  (126)  『不滅の名作ミステリへの招待』(中川右介, 七つ森書館, 2013/4)
  (138)  『角川映画1976-1986 日本を変えた10年』
       (中川右介, KADOKAWA, 2014/3)

  (165)  『角川映画1976-1986 [増補版]』(中川右介, 角川文庫, 2016/2)

さて、次回の「ほぼ週刊・本棚から横溝正史」は…。
キーワードは「???」です。お楽しみに!

横溝正史関連書籍をご存じの方、
耳寄りな情報をお待ちしております。



横溝ペディアへ

本棚からへ

ページの先頭へ